薬の副作用による抜け毛対策

抜け毛の原因となる薬や育毛促進の治療薬

imasia_15024128_M

抜け毛も抜毛症や円形脱毛症などの病気として、病院で治療を受けることができます。育毛に適した薬は様々あり、飲み薬であったり、塗り薬であったり個々の症状に合わせて処方されます。

抜け毛や育毛促進の薬の副作用は精力減退などが挙げられます。

また、抗がん剤や抗不安剤などの薬には脱毛などの副作用がありますので、体調に合わせて慎重に選ばなければなりません。

どの薬にも副作用は必ずあることを理解し、医師の指示に従うことが大切です

抜け毛の治療をメインに薬を服用している人は必ず医師の処方を守り、指示通りに服用するように心がけましょう。円形脱毛症では、頭皮をかぶれさせる薬を直接塗布したり、ビタミン剤を使用したりして育毛を促進します。

症状がひどい場合はステロイドなどの強力な薬を使用することもあり、副作用に注意が必要です。

抗がん剤や抗鬱剤、抗不安剤などには代表的な副作用として抜け毛が挙げられていますが、薬の服用を中止すると徐々に抜け毛が改善されることが多いので、気長に持病を治すことから始めましょう。

個々の体質に合わせた薬が一番効果的

抜け毛を治療するための育毛促進の薬でも、その他の病気の薬でも必ず副作用はつきものです。

漢方も副作用がないと勘違いしている人も多くいらっしゃいますが、実は身体に合わなければ下痢や腹痛、頭痛などの副作用が現れることがあります。

薬の副作用は多岐にわたりますので、医師の指示をしっかりと仰ぎましょう

imasia_15024150_M

現代の人たちは、サプリメントを含め何らかの薬を服用していることが多いのではないでしょうか?
薬は病気を速やかに治し、快適な生活を取り戻してくれるものです。

しかし、悪い部分を治す時に良い細胞を刺激してしまうことから副作用の心配が付きまとうものです。

  • 抜け毛の治療として使用される薬の副作用
  • 他の病気を治療するために服用する薬の副作用として起こる抜け毛

薬の副作用と抜け毛の関係は上記の2者に分かれますが、どのような薬が育毛促進に効果があり、どのような薬が抜け毛の副作用を引き起こしてしまうのかをしっかりと把握しておきましょう。

抜け毛の薬にはどんな副作用があるの

抜け毛の症状には、「びまん性脱毛症」「円形脱毛症」など抜け毛の種類も多岐にわたります。
抜け毛の主な原因はストレスや紫外線と言われていますが、ストレスなどはなかなかすぐに取り除くことができず、抜け毛の症状が長引いてしまい悪化の一途をたどってしまうこともあります。

そのような時は医師の指示を仰ぎながら薬を使用して治療に当たりますが、経口で服用するタイプや塗布するタイプなど様々です。

それぞれに副作用は違ってきますが、代表的な副作用は精力減退、精子の減少などホルモンに作用するものが多いようです。

そのため、妊娠の可能性がある女性の服用には慎重になる必要があります。

また、薄毛の治療薬は保険が適応されない場合もありますので、副作用が出た場合の対処方法もしっかりと医師と相談の上で使用することが重要となってきます。

抜け毛が副作用として挙げられている薬の種類

副作用として抜け毛が起こる薬の代表的なものとしては、抗がん剤が挙げられます。放射線治療などで髪の毛が抜けおちてしまい、なかなか育毛も難しいとされているのが現実です。

しかし、癌は早期であれば治癒する病気です。
まずは抜け毛よりも治療を優先することが重要です。

その他、睡眠導入剤や、抗鬱剤、抗不安剤などの心療内科などで処方される薬の副作用の代表格も抜け毛が挙げられています。抗がん剤のようにごっそりと抜け落ちてしまうことはありませんが、髪の毛が痩せて毛根が弱ってしまうことがあるようです。

こちらの場合は服用が終了すると自然と育毛も促進されてきますので、ゆったりと治療に取り組みできる限り、抜け毛をストレスと感じないように心掛けましょう。

育毛治療の薬での抜け毛の副作用

強力な薬には強力な副作用がつきものですが、育毛促進のための薬の初期に抜け毛が起こってしまうという、本末転倒的な副作用を持つ薬もあります。
円形脱毛症の治療などはステロイドを使用することがあり、脱毛部分をわざとかぶれされることがあります。

その際、ほんの短期間ですが、抜け毛が酷くなってしまうことがあります。

その他、治療初期には治療のために必要な脱毛の副作用があることを知っておくと、驚かずに冷静に治療に取り組むことができるでしょう。

どの薬にも副作用はあると割り切ることも大切

「早く抜け毛を治したい」「病気を治したい」という気持ちを押さえて副作用を受け入れなければらならいのは、非常に辛いものです。
しかし、健康を取り戻そうと服用している薬がストレスになってしまっては本末転倒です。

どのような病気や抜け毛にもある程度の治療の時間が必要であると割り切って、どっしりとした気持ちで治療に取り組みましょう。

特に育毛促進の治療をしている人にはストレスは大敵です。おおらかな気持ちで薬と副作用と上手に付き合って早期の治癒を目指しましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る