抜け毛に有効なジェネリック医薬品

抜け毛は「治療」する時代

抜け毛に関する医学的根拠も乏しかった時代には、抜け毛は諦めなければならないものでした。

また、育毛を促進することで毛が抜けた量を補うなど、どちらかと言えば抜け毛の根本的な原因には触れられていませんでした。

しかし最近では研究も進み、抜け毛を医学の力を用いて直接的に治療するようになっています。飲み薬を服用するだけで簡単に抜け毛を防止することが可能です。

しかし、抜け毛治療には多大な費用がかかってしまいますので、その点だけは唯一の難点であると言えるでしょう。

ジェネリック医薬品でデメリットも解消?

phm06_0437-s医薬品メーカーが医薬品を開発するためには、実験により効果の高さや安全性が確保する必要があるため、莫大な費用がかかってしまいます。そのため販売する値段についても高額に設定せざるを得なくなっております。

また、海外メーカーの医薬品の場合には輸入時に関税がかかってしまうため、また値段が高くなってしまうのです。

ジェネリック医薬品は現在注目されて医薬品です。従来の医薬品に使われている成分と同効果のある成分によってこの医薬品が作られることになります。

しかし、独自開発と比較して開発費用が抑えられていますので値段も安くなっているという特徴があります。これにより、メーカーが提供してくれる医薬品唯一の難点でもある値段という問題を解消することが可能です。

値段はどの程度変化する?

従来の医薬品とジェネリック医薬品では、値段はどの程度変わってくるのか気になるところです。

それでは男性型脱毛症の治療時に処方されるプロペシアについて見てみましょう。アメリカの医薬品メーカーが作ったプロペシアは28錠でおよそ5000円程度となっています。

これに対しジェネリック医薬品であるフィンペシアは100錠で2500円程度となっており、その差は歴然です。

勿論、安いから効果が無いというわけではなく、どちらも男性型脱毛症に効果があるとされている成分が含まれていますので、治療に問題なくその効用を発揮することとなります。

抜け毛の治療は長い時間が必要となりますので、その間に費用も嵩んでしまいがちですが、ジェネリック医薬品を使用すれば費用問題も大幅に改善されますので、ぜひ活用してみてください。

プロペシアの効果とジェネリック医薬品

男性型脱毛症に効き目があると言われている成分は主にフィナステリドとミノキシジルという2つの成分です。

フィナステリドには抜け毛を防ぐ役割、そしてミノキシジルには育毛を促進させる役割がありますので、抜け毛を治療するのであればどちらの成分も必要です。

そもそも抜け毛の原因って何なの?

抜け毛の原因は男性ホルモンと関係があるとされています。

5αリダクターゼと呼ばれる酵素と男性ホルモンが結びつくと、男性ホルモンは悪玉男性ホルモンになってしまい、このホルモンが毛を抜かせる信号を発してしまうのです。

治療する方法には2種類が考えられます。

まず1つ目は男性ホルモンの分泌量を少なくすること、そして2つ目が5αリダクターゼの発生を抑えることです。

しかし男性ホルモンは体の組織を守る働きもしていますので、この分泌量を抑制させてしまうと無気力になってしまったり、筋力が低下してしまったりと弊害が大きくなってしまいます。

そのため、5αリダクターゼの働きを抑えてあげることが理想であるとされているのです。

フィナステリドの力は?

プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、まさにこの5αリダクターゼを抑える効果が認められています。そのため抜け毛の治療に最適な成分として注目を浴びているのです。

フィナステリドが含まれるジェネリック医薬品

Finpecia100tabs抜け毛治療薬、プロペシアはやはり値段が高いという点が最大のネックです。そこでお勧めなのがジェネリック医薬品です。

抜け毛を治療したいのならば、要するにフィナステリドを摂取すれば良いのですから、プロペシアに頼らなくてもそれほど大きな問題はありません。

フィナステリドが含まれるジェネリック医薬品にはフィンペシアが代表的です。薬自体の名前は異なりますが、使用されている成分は同じですので、値段が安くてもプロペシアと同様の効果を得ることが可能です。

ジェネリック医薬品のデメリットは?

残念ながらプロペシアのジェネリック医薬品は日本国内の薬局では取り扱っておりません。そのため、購入したい場合は海外から輸入しなければならないので手間がかかってしまいます。

輸入を代行してくれるインターネット通販サイトなどもありますが、安全性の観点から避けるのが無難だと言えるでしょう。

ジェネリック医薬品でも効果はある

どうしても値段が安いジェネリック医薬品は「効果が薄いのでは?」と考えられがちですが、正規品と比較しても薬の中に入っている成分が同じですので、得られる効果も同じです。

抜け毛治療薬は長期間飲み続けることで効果が発揮されますので、ジェネリックを上手に活用して、より安く治療を進めていくのがお勧めです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る