【季節の抜け毛】5月の抜け毛の原因と改善方法!

5月といえばゴールデンウィーク。しかし!暖かくなって油断は禁物です。
春は抜け毛が増える時期なのです。

春は抜け毛の季節!?

5月は抜け毛の季節「朝起きて枕を見ると髪の毛がたくさんついている」「シャンプーをするとゴッソリと毛が抜けてビックリした」、などという声が多く聞かれるのが春の季節です。
薄毛で悩む人にとっては深刻なシーズンであるといえます。

5月、春風が心地よい季節ですが1年でほかの季節よりも抜け毛が増えるという意見が一般的になっています。
これは、事実でしょうか?また、事実であるとすると、なぜ春には髪の毛が抜けやすくなるのでしょうか。

春~夏は生え変わりの季節

動物は一般的に夏になると毛が抜け落ちて、冬の寒さに対応できるように冬毛へと生え変わります。
人間の祖先であるサルであっても、夏には夏毛に生え変わりますし、冬になると毛をふさふさに蓄えます。

これは人間にも当てはまることです。
5月くらいになって抜け毛が増え始めても、それは当然のことですのであまり心配する必要はないでしょう。

あまり気にしすぎるとかえってそれがストレスとなって発毛によくない影響を与えるかもしれません。

春の抜け毛は自然な生理現象

af9920055481l春や夏は自然脱毛へといたる抜け毛が増える季節というのは本当です。
季節によって抜け毛が増える原因には、自律神経の働きが深く関わっているのです。
冬には寒さから身を守ろうと自律神経から「身を守れ!」という指令が下されます。

そして夏には、暑さから身を守るための指令が各細胞へと送られます。
動物は皮膚から感知する温度に対して敏感に反応して体毛を生やしたり落としたりしているのです。

これは人間の場合も同じです。自律神経に発せられる指令によって体中の細胞がそれに応じます。
春になって気温が高くなってくると抜け毛が増えるのはこのためであり、これは人間にとって当然の生理機能なので問題はありません。
ただ、自然脱毛以外の外的要因による抜け毛が増える季節でもあるのでこれには注意しなければなりません。

これらは原因がはっきりしているので防止策は講じやすいです。

抜け毛を減らすためにできること

自律神経の働きとは無関係な原因による、春~夏の抜け毛があります。
その要因と対策について見ていきましょう。

春の抜け毛のさまざまな要因

気温が上がり頭皮の皮脂分泌が増えることで頭皮を清潔に保てなかったり、紫外線量の増加で頭皮にダメージが与えられたりすることなども抜け毛の原因となりえます。
また、花粉などが付着することによって毛穴がふさがれてむくみ・かゆみが引き起こされ抜け毛の要因となることもあるのです。

5月は新学期や新入社、引っ越しなどのシーズンの直後ですので、ストレスがたまりやすいです。
ストレスは頭皮も緊張状態となり、それが血行不良へとつながり頭皮へ栄養が運ばれにくくなってしまいます。

これにはしっかりと対策を講じなければなりません。

抜け毛防止のための対策

春の抜け毛対策の代表的なものを見てみましょう。

  •  紫外線対策
    外出するときに日傘や帽子を着用することが紫外線を防止することになります。
    それによって、髪の毛と頭皮を紫外線から保護するだけでなく花粉や化学物質の粒子などの付着を防ぐこともできます。
  •  頭皮を清潔に
    皮脂やホコリ、花粉などは頭皮に悪影響を及ぼし抜け毛の原因となります。
    シャワーできちんと洗い流すのがよいですが、このときお湯の温度が高すぎると頭皮が乾燥してしまい抜け毛を引き起こしてしまいます。
    お湯の温度は熱すぎないように、38度~40度がオススメです。
  •  頭皮マッサージ
    ストレスを受けた頭皮は固くなっています。
    そんなときには頭皮マッサージが有効でしょう。
    両手の平を使って頭全体を包み込んで指でゆっくりとマッサージしてください。頭皮の血行が促進されます。
  •  亜鉛&たんぱく質の摂取
    食べ物からきちんと栄養を摂ることも育毛には大切です。髪を作るのはたんぱく質であり、発毛促進効果があるのは亜鉛です。
    魚類からは良質なたんぱく質や亜鉛が摂取できます。
    肉食が多い人は魚を積極的に食べるようにしてみてください。
洗いすぎには要注意

頭皮を清潔にしないと抜け毛を引き起こしてしまいますが、かといって洗いすぎも逆効果です。

暑くなると1日に何回も頭を洗う人がいますが、1日1回で十分です。これ以上は洗いすぎです。
ゴシゴシこするのではなく指の腹でやさしく洗うのが基本です。

また、トリートメントをした後、それを完全に洗い流さない人がいますが、これは毛髪と頭皮にダメージを与えるのでやめましょう。
トリートメントは完全に洗い流さないと毛穴がふさがれてしまいます。

頭皮を大切に

このように、5月の抜け毛にはさまざまな要因があることがわかります。基本的には、生理現象であるので気にしすぎることはありません。

ただ、紫外線対策をしっかり行い毛穴がつまらないように頭皮や育毛のケアを行うことで、必要以上に髪が抜けるのを防止できるでしょう。

食事のバランスに気をつけて、ストレスを減らすことも大切です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る