【季節の抜け毛】6月の抜け毛の原因と改善方法!

普段から自分で行えるヘアケアはシャンプーを見直すのがおすすめです

シャンプー普段何気なく使っているシャンプーはコンディショナーとの相性が悪い場合があります。

髪のベタつきが急に気になり始めたのはいつ頃ですか?

シャンプーかコンディショナーどちらかを変えたタイミングであれば変えた物が相性悪い可能性が考えられます。

また、男性はヘアワックス、ジェル等の整髪料を使用することが非常に多いでしょう。
シャンプーで整髪料を全て洗い流すことはできていますか?

髪の毛にヘアワックスやジェルが髪の毛に付着したままだと、頭皮や髪の毛に負担をかけ続けてしまい、ゴミも毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

まずは、しっかり優しくシャンプーを行いましょう。
シャンプー、コンディショナーを使用した後にベタつきなどが残れば、洗い残しか、シャンプーとコンディショナーの相性が悪い可能性を考え、使う商品を変えてみましょう。

6月は気温も高く汗を非常にかきますので、非常に大事です。

シャンプーで有名なパンテーンを販売しているP&Gは、webサイト上で行えるヘアケア診断を提供しています。
無料で行えるので試してみてはいかがでしょうか。

あなたの6月の抜け毛は男性型脱毛症(AGA)が原因かもしれません。

6月の抜け毛の特徴と違う場合は、男性型脱毛症(通称AGA)かどうかチェックしましょう。
●検査できる方法

AGAを疑ったら、検査する方法は大きく2通りあります。

薄毛に一人で悩むより、どちらか自分に合っている方を選んで検査を受けてしまった方が精神的にラクです。

薄毛はストレスから引き起こされることもありますので、悩むくらいなら本当のところを明らかにしましょう。

●診察検査
専門外来やクリニックにて、検査を受けることができます。

●遺伝子検査
遺伝子がAGAになりやすいかどうかは、遺伝子検査を受けることで明らかになります。

フィナステリド(商品名はプロペシア)と呼ばれる専門治療薬を使用します。

検査キットで確認するか、クリニックを受診しましょう。

●検査キットでセルフチェック

AGA検査キットは、自宅にて遺伝子検査のセルフチェックができます。

検査キットを入手するには、インターネットから注文を行ってください。
注文方法はとても簡単ですし、キットは郵送で届きますので、忙しい方でもクリニックまで足を運ぶ必要がありません。

セルフチェックできることは手軽なので大きな魅力ですが、しっかりと内容を確認し、納得した場合のみ申し込むようにしましょう。

中には、誇大広告もまぎれているからです。セルフチェックでは、何が確認できるのでしょう。

フィナステリドというAGA治療薬が利くか。
AGAになりやすい体質かの確認。
AGAを現時点で発症しているか否かは、診断されない。

髪のお悩み対策講座 – 自分でできるAGAのセルフチェック
http://www.ikumou-usuge-taisaku.com/hair_and_measure/4845.html

男性の抜け毛対策はフィンペシアを試してみよう

AGAかどうかをチェックしたあとは、ジェネリック育毛剤で治療をしましょう。
ジェネリック育毛剤は処方箋薬と同じ成分で、価格が安いものです。
その中で人気なのが、フィンペシアです。
フィンペシアの記事一覧はこちら
●フィンペシアにはどんな効果があるのか?

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれています。

同じようにフィンペシアにも含まれていますが、この成分は男性型脱毛症の原因である「ジヒドロテストステロン」を作り出している酵素「5αリダクターゼ」を破壊します。

脱毛サイクルの中でジヒドロテストステロンによってAGAが進行してしまうので、最も育毛に効果のある成分だと言われています。

抜け毛は、抜け毛が減ると同時に髪の成長が促進され毛量を増やすことにも効果的です。
そこで、抜け毛を食い止めるフィナステリドを使ったジェネリック育毛剤フィンペシアも、抜け毛対策に多く活用されています。

髪のお悩み対策講座 – ジェネリック育毛剤「フィンペシア」にはどんな効果がある?
http://www.ikumou-usuge-taisaku.com/generic_medicines/5356.html

続けて、抜け毛のサイクルについてご説明いたします。

抜け毛のサイクルについて

SONY DSC

抜け毛を気にしている人は、抜け毛の量を適宜確認しているかと思います。

朝目覚めた時に枕にどれくらい抜け毛がついているのかを見たり、洗髪時に髪の毛がどの程度抜けているのかをチェックしたりすると思いますが、そういう方は一定期間中に抜け毛が増えている傾向にあると感じたことはないでしょうか。

実は、抜け毛には1年を通してサイクルがあると言われていますので、抜け毛が多くなったからといって、心配しすぎることはありません。

6月からは抜け毛が多くなる季節

一般的に人の毛髪が抜け落ちるサイクルは、夏から秋にかけて増えると言われています。
猫や犬などの動物の体毛が季節に合わせて抜けるのと同じように、人間も毛が生え換わる季節があるということです。

しかし、人間の場合は暑さを凌ぐという理由によるものではありません。夏は1年の内でも特に紫外線などの外部刺激が強い季節であり、頭皮や毛髪へのダメージも普段と比べて大きなものとなります。

そして、ダメージが蓄積されていくことによって抜け毛につながってしまうのです。

したがって、いつもよりかは少しばかり抜け毛が多くなるのは当然であると言えるでしょう。

油断は大敵です

夏から秋にかけての暑い季節は抜け毛が自然に増える季節であることは分かりましたが、だからといっても油断は大敵です。

抜け毛の原因はダメージにあるのは事実です。

ダメージをいかに緩和させるか、また、ダメージを受けた髪や頭皮をいかに迅速に回復させられるか、この2点に注意すれば、更に若々しい頭髪を保てることに間違いありません。

しっかりと頭皮頭髪ケアをして、抜け毛を防いでいきましょう。

効果的な頭皮ケア方法は?

gf1420278005l

6月にするヘアケア、抜け毛ケア方法は、特に他の季節にすべきケア方法と大差ありません。
食事をしっかりと取って、休息を充分に取る。
肩こりにならないように注意したり、適度に運動をしたりすることなどが挙げられます。

ただし、ダメージがいつもより大きくなりがちですので、普段以上に念入りにケアをする必要があります。

夏だからこそ受けるダメージ

他の季節と比較して頭皮がダメージを受ける機会の多い夏。夏ならではのダメージの代表例は紫外線ですが、これ以外にも塩素によるダメージも注意したいところです。

6月はプール開きの季節ですし、夏はプールに入ることになる機会も多くなります。
プールに使用されている水は塩素による消毒がされており、この塩素が頭皮に大きなダメージを与えることになります。

また、海水浴も塩水と紫外線のダブルのダメージがありますので、楽しんだ後にはしっかりとケアをしていくことをお勧めします。

この他にもアウトドアで何かを楽しむ場合には紫外線を受けることになりますので、まだ日差しが強くない6月からしっかりと帽子をかぶって紫外線によるダメージを最小限に食い止めましょう。

夏バテで食事を取らないと危険

暑さにやられてしまい夏バテになってしまう人も多いです。充分な食事を取れないと栄養が不足してしまい、頭皮や頭髪へも影響が出てしまいます。

基本的に髪よりも筋肉などの他組織の回復のために栄養素が優先的に使用されますので、食事量が少ないと、髪に割かれる栄養の量が少なくなってしまいます。

まずは夏バテしないような健康な体を保つことが重要です。6月のうちから、栄養を適切にとり、夏バテに負けない体を作りましょう。

睡眠と髪の毛の関係

頭皮のダメージは、夜寝ている間に回復していきます。

これには成長ホルモンが関係していると言われています。肌の修復も行う成長ホルモンは、勿論頭皮についても同様の働きがありますので、抜け毛にも影響を与える重要な成分であると言えます。

この成長ホルモンが分泌されるのは、夜10時から深夜2時までがピークです。

リラックスした状態で寝ている時にだけ多く分泌されますので、抜け毛を防ぐためには夜間にしっかりと睡眠を取る必要があるのです。

頭皮ケアは生活リズムを正すことから始まります

年齢が若い場合には、自然と体も回復していくため、夏場に多少のダメージを受けてもすぐに回復します。
しかし、老化するのに従って自然治癒力も徐々に低下していきますので、育毛ケアをしなければ抜け毛の量も多くなってしまいます。

そのため夏にはしっかりとダメージをコントロールしてあげることが重要となってくるのです。

何も知らないと、夜更かしをしてしまったり、食事についても食べたくないから食べない、またお酒中心に食事を考えてしまいがちですが、これらの知識を持っていればそのようなリスクを少しずつ軽減させていくことが可能です。
できることからコツコツと積み重ねていくことが、将来的に自身の毛髪の量にも関係してきますので、リスクヘッジをして少しずつ頭皮環境を整えていくことが重要です。

髪のダメージが増え始める6月から念入りな育毛ケアを開始してください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る