抜け毛・薄毛のメカニズムを知り正しく対策を!

人には言えない薄毛の悩み

育毛を考えるのは、40代以上の世代だけではありません。10代〜20代前半、若い男性でもひどい抜け毛に悩む方が増えています。

「加齢が原因」とはとても言えないこの時期の抜け毛、どうして起こってしまったのか、どう対策をしていけばいいのか、人知れず、悩みを抱えている方もいることでしょう。

若年性脱毛症の原因とメカニズムを知り対策を

PH127_00120代の薄毛は「若年性脱毛症」と呼ばれるAGAの症状の一つ。ストレスや生活習慣の乱れから起こる一過性の抜け毛であれば、セルフケアが可能ですが、AGAに該当すると、育毛の専門機関で治療を行うのが一般的です。

加齢による薄毛とは異なる独自の原因とメカニズムを正しく把握、クリニックで治療をしていけば、早期改善の可能性も十分あります。「自分はこのままはげてしまうのでは」そんな心配は無用です。

専門クリニックの治療とセルフケアの違いとは

どうして専門クリニックで治療を受けると、高い育毛効果が得られる可能性が高いのか。セルフケアと何が違うのか。そんな疑問を持つ方もいることでしょう。

クリニックの治療は、薄毛の経緯のカウンセリングからはじまって、専門機器を使用した綿密な状況把握、原因を明確にした上で、治療薬の処方、毛髪再生療法を行っていきます。

全てのプロセスを医師のもとで行うため、1人1人の状態にあったオーダーメイドのケアができるのが強み。

自己判断で市販薬を選び、手当たり次第の治療を試みるより、高い効果を期待できることは明白です。

また、随時通院し、改善度合いを確認しながら、治療に取り組むことになるため安心感は抜群。若年性脱毛症を早く、確実に治したいなら、専門クリニックでのケアを選択することを強くおすすめいたします。

20代の薄毛の3大原因と発症メカニズム

20代の薄毛の原因と発症メカニズムを正しく理解しておくと、クリニックでの治療もスムーズに進みます。

若い男性の代表的な薄毛の原因と発症メカニズムは以下3つです。

原因1 脱毛ホルモンDHTの増加

最も深刻な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンの増加で、ヘアサイクルが短くなってしまうこと。ヘアサイクルが短くなると、十分に髪が育つ前に成長がとまってしまうため、全体的に細く短い毛が増え、薄毛になります。

DHTを抑制しない限りは、脱毛シグナルが発信され続けて、抜け毛、薄毛は進行する一方。何もしないで放置すると、5年後には毛髪が3分の1程度になってしまうという説もある程、軽視できない薄毛の原因の1つです。

原因2 血行不良による髪の栄養不足

強く健康な髪の毛を育てるためには、髪に十分な栄養を届ける必要があります。髪に栄養を運ぶのは、血液の役割。

ストレスや運動不足によって、血液の循環が滞ると、頭皮まで栄養がスムーズに運ばれなくなり、毛は細く、抜けやすくなってしまいます。

栄養不足の状態を放置していると、毛を産み出す「毛母細胞」の細胞分裂がとまり、新しい髪が生えにくい状態に。抜け毛の本数に対して、新しく生えてくる毛の本数が不足すれば、当然髪は薄く、少なくなります。

血行不良が軽度であれば、有酸素運動を行ったり、頭皮のマッサージをしたり、生活習慣の改善で対応できます。

重症となると、医師の指導のもと、血行を促進する治療薬を飲むことで、血流改善、髪への栄養補給を目指す治療が必要です。

原因3 一人暮らしをはじめてからの乱れた食生活

PH127_042就職や大学進学を機に一人暮らしをはじめてから、急激に抜け毛が増えたという話は珍しくありません。このタイプの抜け毛の原因は、食生活の乱れである可能性が高いです。

健康な髪を維持するためにカギとなる栄養素は、ビタミン、ミネラル、(良質な)タンパク質、食物繊維。コンビニや外食に頼ってばかりでは、不足しがちな栄養素ばかりです。

また、油物ばかりの食事も皮脂の過剰分泌を招くため、頭皮環境にはマイナス。

揚げ物、炒め物、お肉中心の食事をしている方は、日々の食事を見直すことをおすすめします。

複数要因が重なって薄毛・抜け毛になることも

代表的な3つの要因を挙げましたが、若い年代の薄毛はどれか1つに原因があるというより、複数の要素が重なって発症するケースがほとんど。クリニックでは、複数の治療薬を組み合わせで使ったり、毛の成長因子に直接アプローチする手法をとったり、総合的な治療を行います。

あわせて、食生活や睡眠改善等、生活習慣に関するアドバイスを受け、医師と患者、二人三脚で治療を進めていきます。

薄毛・抜け毛の悩みはなるべく早い診断を

若年性の抜け毛は、なるべく早い時期から本格的なケアをはじめることで、早期回復が期待できます。

年齢が上になればなるほど、細胞の回復力は反比例して落ちていくので、効果がでるまでに時間がかかると思ってください。

迷っている間にも、毛母細胞の寿命は刻一刻と近づいているかもしれません。少しでも、薄毛の進行に懸念を持ち始めたら、まずは医師に相談を。初回のカウンセリングだけなら、無料で相談できるクリニックも多々あります。

もちろん、本格的に治療、となれば、多少の出費にはなりますが、薄毛のコンプレックスを抱え、憂鬱な毎日を過ごすより、ずっと幸せだとは思いませんか。

このまま不安な毎日を過ごしていくのか、クリニックでケアをはじめて幸せな毎日を願うのか、ゆっくり自分の胸に問いかけて決断しましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る