抜け毛の症状にあわせた有効成分の選択を

多くの人が育毛剤選びで失敗する理由

一口に「薄毛」と言っても、人それぞれ原因は異なります。

原因を理解しないままに、育毛剤を使用し続けても、思うような効果が得られないことがほとんど。「高いお金を払ったのに、全く症状の改善が見られない」というあなたは、自分の薄毛の原因を正しく把握できているでしょうか。

「何となく効果がありそう」と、安易な理由で育毛剤の購入を決めてはいないでしょうか。そのような育毛剤の選び方では、効果が出ないのは当然のことだと言えるでしょう。

原因を把握した上で有効成分に注目

phm06_0440-s自分の薄毛の原因を正しく把握し、症状にあった成分の育毛剤を使用することで、失敗リスクを軽減できます。自分に合わない育毛剤の使用を続けた結果、時間もお金も無駄に終わってしまっては非常に悲しいことです。

効率よくコンプレックスを解消したいとしたら、取るべき行動は、まず何より自分の薄毛のタイプを把握すること。次に、適切な育毛アイテムを選ぶこと。この2つに尽きます。

一見すると遠回りのようですが、これが最も正攻法かつリスクが少ない方法なのです。

抜け毛の原因によって対策は変わる

自分の抜け毛の原因に対応した有効成分を選んで育毛アイテムを使用することで、その原因を根本から取り除くことができます。物事には全て原因となる要素が存在するもの。

しっかりと自分の抜け毛の原因を追及して、適切なケアをすれば、必ず症状は改善することができるはずです。

抜け毛の症状別有効成分の選び方

それでは、具体的に、症状別の有効成分の選び方を紹介していきます。

あくまで参考レベルではありますが「どの成分が自分に合うのか見当がつかない」という方は、参考にして頂ければと思います。

しっかりとした知識を自分の中に蓄えておくことで、必ず抜け毛対策に役立てることができるはずです。

髪が全体的に細くなっているなら血行促進タイプを

毛髪が全体的に細くなっていき抜け毛が増えたと感じる方は、血流が悪く、髪に十分な栄養が届いていない可能性が高いと考えられます。

髪が栄養不足になった結果、少しの刺激で毛が抜けてしまうようになってしまい、全体的に薄毛が進行していく、という理屈です。

このタイプの薄毛に有効と考えられるのは、頭皮の血行を促進する成分。代表的なものをあげると、「ミノキシジル」「塩化カルプロニウム」「トウガラシチンキ」などです。

頭皮の血行を良くすることで、毛母細胞に十分な栄養を送る環境を整え、健康な髪の毛への生まれ変わりを目指します。

頭皮の乾燥を感じるなら保湿タイプのアイテムを

頭皮の炎症、フケやかゆみを感じている場合は、頭皮の乾燥が原因で抜け毛が進行していることが考えられます。

頭皮が乾燥した状態では、外的な要因へのバリア機能が弱くなるので紫外線、雑菌のダメージをダイレクトに受けることに。結果、毛髪を支えることができず、抜け毛が起きると言われています。

このタイプの薄毛・抜け毛に有効と考えられるのは、「ヒアルロン酸ナトリウム」「アロエ抽出液」「イチョウ葉エキス」。刺激が少なく、潤い保持に重きをおいたアイテムを選択すると、改善可能性が高いと言えます。

ケアと同時に、シャンプーも洗浄力を重視した「石けん系」、香り・手触りをよくするために界面活性剤を使用した「アルコール系」商品は避け、自然由来の成分を使用した、刺激が少ないタイプのアイテムに切り替えをすることをおすすめします。

頭皮のベタつきタイプならホルモン抑制効果が期待できる商品を

GW004_L頭皮の乾燥とは逆に、男性ホルモンのバランスが崩れた結果、皮脂分泌が過剰になって、頭皮環境が悪化、抜け毛を起こす方もいます。このタイプの抜け毛に有効なのは、男性ホルモンを抑制し、育毛促進効果が期待できる成分。

具体的には「ホホバオイル」「ヒオウギ抽出エキス」「オウゴンエキス」などが有効と考えられます。

皮脂の分泌異常は、生活習慣の乱れ、ストレスからも起こるので、同時に規則正しい生活リズムに戻すこと、油っぽい食事は控えることを意識するといいでしょう。

適度な運動を心がけ、運動不足を改善することも重要です。朝30分早く起きて、一駅分歩いてみるなど、自然に無理なく運動量をする習慣をつけていくことをおすすめします。

そうすることで、代謝も高まり、頭皮のベタつきも治まってきます。

抜け毛・薄毛対策にあたっての注意点

このように、ポイントをおさえた商品を選び、正しく使用をしていけば、薄毛・抜け毛改善効果を期待できます。

ただし、薬やサプリメントを使用するときは、何らかの副作用が伴うもの。一般的にではありますが、高い効果を期待できる商品であればあるほど、副作用が起こるリスクも高まります。

セルフケアを行いつつ、何らかの異常を感じたときには、すぐに医師に相談すること。

安全面には十分にご注意頂いた上、薄毛・抜け毛対策に取り組んでください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る