男性の抜け毛の原因・対策

抜け毛は防げる!?

phm01_0031-s禿げている人、薄毛の人、フサフサの人と、人によって持っている毛髪の量は変化してきます。

特に男性は中年を過ぎた頃から差が開き始め、何も対策をしていないと気付いた時には既に奇麗さっぱり禿げあがってしまっているものです。現在では研究も進んでいることから、毛髪がどのようにして生えてくるのか、そのメカニズムも解明されています。

また、メカニズムが究明され始めていることから、医学的根拠に基づいた抜け毛対策も可能となっているのです。

いきなり全ての毛が抜け落ちてしまう、ということはまずありませんので、少し抜け毛が気になっている人は特に根拠のある対策をして抜け毛を防いでいくことが重要です。

男性の抜け毛の原因

男性の抜け毛原因には男性ホルモンが大きく影響しています。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、皮脂中の酵素である5αリダクターゼと反応することによって、抜け毛を促す成分「ジヒドロテストステロン」を生成してしてしまいます。

つまり、男性ホルモンの分泌が多くなればなるほど抜け毛のリスクが大きくなってしまうのです。

女性に比べてただでさえ抜け毛のリスクを抱えがちである男性は、しっかりと対策をとらなくてはなりません。

毛が抜けるサイクル

近年では、男性の抜け毛に対して専門的な研究が進んでおり、「プロぺシア」をはじめとした、男性ホルモンを抑制するための薬なども出てきています。

しかし、これらはかなり薄毛の症状が進んでしまった場合になされる処置です。抜け毛を抑えるために、日常生活から注意するためのポイントはいくつもあります。

ホルモンの影響を受けてしまいがちな男性でも、自分の力で抜け毛対策を行うことも可能です。

男性の抜け毛対策は生活環境から改善

男性ホルモンの影響から、抜け毛のリスクを負いやすい男性は、抜け毛の要因となるものを一つひとつ改善していかなくてはなりません。

最も大切なのはやはり生活環境の問題です。食生活が不規則になり、体内に栄養が充分に行き渡らないような状態にしてしまうと、男性の抜け毛は余計に増えてしまいますので注意が必要です。

栄養が行き届く環境にする

主にデスクワークをしている方は、特に抜け毛が増えやすいと言われています。これには血行不良と深い関係があるのをご存知でしょうか。

日本の食事事情を鑑みれば、あまり栄養不足に陥るということはありません。問題は、摂取した栄養がしっかりと体中に届けられているかどうかということです。

デスクワークと血行

phm11_0143-s体を動かさないデスクワークをしていると、長時間に渡り目や肩、首回りの筋肉が固定されたままになってしまいます。

これが長期間、日常的に続いてしまうと慢性的な肩こりなどに繋がってしまいます。肩こりとは、肩や首回りの血行が悪くなっている状態ですので、これが発生してしまうと首から上、つまり頭への血流も滞りがちになってしまうのです。

勿論血液は栄養素を運ぶ働きがありますので、つまり頭への血流が悪くなってしまうことが抜け毛の原因となってしまうのです。

血流が悪くなってしまう原因には、デスクワークの他に運動が挙げられます。適度な運動は血流を良くするため、頭皮の健康だけでなく、体全体の健康を保つためには必要ですが、これが過度になると話は別です。

運動をすると筋肉が疲労して、食事によって摂取した栄養素は、まず優先的に筋肉の修復に回されることになります。

そのため、過度な運動をしてしまうと毛髪に栄養素が充分に回らなくなってしまうため、抜け毛の原因となってしまうのです。

無理なダイエットをしていませんか?

また、食事の量を制限するというダイエット方法を採っている場合には、そもそも摂取される栄養素が不足してしまうため、これも抜け毛の原因となってしまいます。

このことから、ダイエットをしようと考えて、いきなり過激な運動をして、なおかつ食事も充分な量を取らないとなると、毛髪にまで運ばれる栄養素が足りなくなってしまいますので、抜け毛が加速してしまうことが分かります。

抜け毛を防ぐためには、適度に運動、偏食の無い理想的な食事、そして充分な休息が必要なのです。

健康的な生活が抜け毛を防ぐ

適度に運動をする、偏食をしない、早寝早起きの生活をする、ストレスを溜めないということは、健康的で病気をしない体を作り、育毛効果を得る上で必要となる規則正しい生活です。そしてこれはそのまま毛髪にも関係してきます。

抜け毛を防ぐためには、栄養素がしっかりと運ばれるような血行が良く健康的な体を作っていくことが大前提なのです。

仕事柄、デスクワークしかしていない方、一人暮らしをしていて食生活に不安のある方、深夜まで起きていて常に睡眠不足となっている方は特に自身の生活を見つめ直す必要がありそうです。

また、これらの対策をとっても抜け毛が改善されない場合は、専門の育毛クリニックを受診し、治療を受けるのが良いでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る