春は女性の抜け毛が急増する!?

季節と抜け毛の関係について知っておこう

990f4c7242fa7b1fe13743a57e2ff0b9_l

1日50本~100本人間の髪の毛は生え変わっていると言われていますが、抜け毛の数は季節によって変わることも知っておかなければなりません。
1年中50本~100本抜けるとは限りません。
春夏秋冬と気温や環境が変わるので頭皮環境も季節に合わせて変わってきます。

そのため、季節に合わせた育毛対策も大事になってくるでしょう。

効率的な育毛対策をするために、季節と抜け毛の関係性について知っておかなければなりません。

春は特に抜けやすい時期

近年では、女性の抜け毛に関する悩みが増えてきています。男性よりも季節の変わり目に影響されるのは女性です。女性にとって髪が抜けることは本当に深刻な悩みといえるでしょう。

美しい若々しさを保つための髪の毛を失うことになってしまうので、できるだけ早いうちに育毛対策をしていかなければなりません。

春夏秋冬の中でも特に「春」に注意してください。
春は1番抜け毛がひどくなってくる時期でもあります。こちらでは、春の抜け毛に合う育毛対策について考えていきましょう。

自律神経の影響

なぜ春は髪の毛が抜けやすい時期であるかというと、「自律神経」が大きく関係しているからです。
自律神経は自分でコントロールすることはできません。

夏になると髪の毛に対する自律神経の働きが休止することになるため、春のうちに暑さに対応できる細胞をつくっていかなければなりません。
その影響で髪が抜けやすくなっているのです。

また、細胞の排泄がより少なくなっていることも原因として挙げられます。

春の抜け毛を防ぐためには、これらの原因に注目していきましょう。

春の抜け毛対策について

af9940076536l

女性の抜け毛がもっとも増える春にぴったりの育毛対策についてご紹介いたします。

春にはその環境や自律神経の状態に合わせて頭皮や髪の毛のケアが必要です。
こちらでは、抜け毛が増える春にどのように育毛対策をしていけば良いのかをご紹介していきます。

アルコールはできるだけ抑える

春になると新年会といったお酒を飲む回数が増えてくると思います。季節による抜け毛はアルコールの影響となっているケースも少なくありません。
アルコールを摂取すると皮脂の量が増え、自律神経も乱れてしまい、余計に抜け毛を悪化させることになるのです。

自然脱毛が多い時期でも春に抜け毛が悪化してしまうと、1日に抜ける数が200本以上になる恐れがあります。
毎日、尋常ではない髪の毛が抜けると心配で気が気ではありません。

たとえ飲み会が増えたとしても、毎日アルコールは飲まずに休める日を作るようにしましょう。
毎日飲んだとしても飲みすぎないように注意することです。

女性にとってアルコールは抜け毛の他にお肌にも悪影響を及ぼしかねないので気をつけておかなければなりません。

ストレスを溜め込まない

自律神経に大きな影響を与えるのはアルコールだけではありません。

1番影響力が強いのは「ストレス」といえるでしょう。

女性は男性よりも比較的ストレスが溜まりやすい傾向があり、女性ならではの悩みもあるはずです。
例えば、出産のために準備する「生理」や出産のストレスが原因となる産後脱毛症も挙げられます。

ストレスを上手にコントロールすることで自律神経を整えることができます。
常に正常な働きを維持することができるでしょう。

ストレスは絶対に溜め込まないように、自分で解消していくことをお勧めします。

様々な面から行う頭皮ケア

頭皮のマッサージや育毛剤を利用するなど、様々な頭皮ケアがありますが、春にぜひ行ってほしいのは「保湿」と「紫外線ケア」です。

夏に向けて日差しが強くなってくる春は紫外線からの刺激を防ぐために帽子を被ったり、ダメージ補修を行ったりしていかなければなりません。

また、頭皮の保湿も大事です。
皮脂の量が多い人でも保湿はしっかりしておきましょう。保湿することで毛穴に刺激が与えないように保護膜をはることができます。
乾燥が1番大敵となるので頭皮を乾燥させないように保湿成分のある育毛剤を使用してください。

春の頭皮ケアは以上2点に気をつけることが大切です。

季節ごとに育毛対策は変わる

ストレスを受けやすく、自律神経が乱れやすい女性にとって春は自律神経への刺激が増える時期です。

春には春の育毛対策があるように、季節も抜け毛に大きな影響を与えるということを忘れないでください。
季節ごとに対策方法を知っておくと効率的に改善することができます。

自然脱毛が増える春は200本抜けても大丈夫ですが、200本以上になると危険範囲に入るので注意していきましょう。

女性が春の抜け毛を防ぎ、育毛対策を行うためのポイントとして、「保湿」と「紫外線ケア」の2つを常に頭の中にいれておいてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る