薄毛やハゲになる可能性のある抜け毛の前兆

薄毛にならないために知っておきたい初期症状

育毛対策はできるだけ早めに行うことが大事だと言われていますが、ほとんどの人が自分は異常な抜け毛かどうか気付いていません。

1日に抜ける髪の本数は正常な状態で100本程度ですが、知らずのうちに抜け毛の量が増えていたり新生毛が生えにくい状態なっている症状もあります。

どのようにすれば抜け毛の状態が分かり、自分の頭皮環境が正常か異常か区別することができるのでしょうか。

「抜け毛の前兆」となる脱毛初期症状をあらかじめ把握しておけば問題ありません。多くの病気には前兆・サインがあるように、抜け毛にもそれがあります。

薄毛になりやすい3つのサイン

phm11_0063-s薄毛になるサインは主に3つ挙げられます。それは「頭皮の臭い」「フケの量」「髪の太さ」です

。この3つに注意しておけば、前兆の種類に合わせた対策をたてることができます。

自分にどのような症状がみられるかどうか常に調べるためにも、定期的に髪の毛や頭皮をチェックしておかなければなりません。

面倒くさいと感じる人もいると思いますが、定期的なチェックがどれほど大事なのか、抜け毛がひどくなった後に知っても遅いです。3つの前兆について詳しく知っておきましょう。

なぜ早めの対策が必要なのか

頭皮環境は日々、年齢と共に変わっていき抜け毛リスクが高まっていきます。

抜け毛リスクが高まる要因として、20代から始まる男性ホルモンの影響、頭皮の血行、アルコールや喫煙といった血流を悪くする要因があります。

また季節性などの要因もありますが、一度悪化してしまうとなかなか治すことはできず、自分でできる対策が限られてしまいます。

いつまでもフサフサとした毛量を保つためには、抜け毛が起こる前兆を把握し、見落とさないようにすることが大事です。

薄毛の前兆を知ろう

薄毛予備軍の特徴として「頭皮の臭い」「フケの量」「髪の太さ」の3つの前兆がありますが、これらをさらに詳しくみていきたいと思います。

頭皮の臭いについて

phm12_0248-s頭皮の臭いが気になり始めたのであれば、頭皮の発毛環境が悪くなっている証拠です。臭いの原因となっているのは、頭皮に広がっている「細菌」の可能性が高いでしょう。

細菌は独特な臭いを放ち、頭皮の毛穴や髪の毛についた汚れ、老廃物、毒素を取り込み、どんどん増えていきます。細菌が増える理由は様々ありますが、とくに多い理由として、髪を洗った後しっかりドライヤーで乾かしていないことが挙げられます。

これらを放っておくと、毛根の血行が悪化し次に生えてくる新生毛が生えにくくなるだけでなく、成長段階にある毛髪にも悪影響があります。これが薄毛の第一歩なのです。

対応策としては、しっかり乾かずに湿気や水分がそのままになってしまうと、髪の毛の中に細菌が溜まっていってしまうので注意してください。

また、シャンプーの際にきちんと地肌を洗えていないことによる皮脂汚れの残留も原因となります。特に夏場の汗をかきやすい時期は頭皮が群れやすく毛穴に皮脂が溜まりやすい環境です。

ですから、シャンプーの際には爪を立てず指の腹でしっかりと髪に指を通し地肌を洗うようにしましょう。

また、使用するシャンプーもノンシリコンの弱酸性のものなどが頭皮にやさしくお薦めです。

フケの量について

フケと抜け毛は直接的な関係はありませんが、フケがかゆみを発生させ、爪でかくことで頭皮を傷つけてしまうことがあります。頭皮を傷つけることで刺激を与え、抜け毛の原因となっているのです。

フケというのは、角質細胞が古くなり剥がれたものですが、正常な頭皮環境の成人男性であれば多少のフケが出るにしろ、洋服を着たときに肩に目立つくらいの量であれば注意が必要です。

フケの量が多ければ多いほどかゆみが多く発生することになるので、対策としてフケの量を抑制しなければなりません。

フケが出るのはしっかりシャンプーを洗い流していないことが挙げられるので、よく洗うようにして毛母細胞を刺激するイメージで頭皮をマッサージしましょう。

しかし、フケが逆に良い状況の証であるケースもあります。頭皮がアルカリ性から弱酸性になることで溜まっていた老廃物や毒素がフケとして排出されるのです。

もしそのようなケースで出ているのであれば無駄に頭皮をかかず、そのままにしておきましょう。絶対に頭皮を刺激してはいけません。

髪の太さ

人によって髪の毛の太さは違います。もとから細い人や太い人もいて様々です。抜け毛の前兆として髪の太さが細くなる現象があります。

まだ20代・30代といった若い人は髪が細くなることはあまりみられませんが、40代になると急激にこの症状が増えてきています。特に頭頂部などの頭髪が数か月から1年で急に髪の毛の太さが細くなったのであれば、抜け毛の前兆とみなして良いです。

また、通常髪が生え変わるヘアサイクルは2~6年程度と言われていますが、脱毛の症状が出てくるとヘアサイクルが短くなる傾向があります。

事前に自分の髪の毛・頭皮の状態を知る

変化に気付くためにはあらかじめ健康的な状態の髪の毛や頭皮を知っておかなければなりません。

脱毛の前兆現象にいち早く気付き、育毛対策をしていくためにも自分の髪の毛・頭皮がどのような状態なのか知っておきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る