1日で何本の抜け毛があると危険なの?

悪化しないうちに抜け毛対策ができるコツ

FQ007_L幅広い年代の悩みとして挙げられる「抜け毛」はできるだけ早めの処置・対策が必要です。抜け毛が進行していることに気付かずに、手遅れの状態で結局病院に通わざるを得なくなった人は数多くいるのではないでしょう。

そのような状態になってしまうと、抜け毛にかかる費用だけでなく治す時間もかかってしまいます。

抜け毛に対して早めの対策ができるように、1日抜ける髪の毛の数を知っておかなければなりません。

抜け毛が1日何本抜けるのか、抜け毛の知識として身につけておくと安心して毎日を過ごすことができるでしょう。

1日何本抜けるのは、性別・年齢によって違う

人間から生える毛には周期というものがあります。毛が生えてくる成長期、成長が止まる退化期、抜け落ち活動がなくなる休止期の3つです。

基本的に3つの段階は28日単位で踏んでいくことになるので約1ヶ月の抜け毛本数だけ知っておけば大丈夫です。

ただの周期による生え変わりの抜け毛であれば1日50本~100本ほどとなっています。それくらいの数であれば心配することはありません。

しかし、100本以上になってしまえば抜け毛が進行している可能性があります。

100本以上から育毛対策を始める

抜け毛が1日何本抜けるのか分かれば、どのくらいの本数が異常をきたしているのか判断することができます。毎日100本以上抜けると分かればすぐに育毛対策を始めていきましょう。

早めに対策を実行していけばこれ以上抜け毛が増えることはありません。

抜け毛を解決するためには抜け毛についての知識が大きな武器となってきます。100本以上は危険信号であることを常に頭の中に入れておきましょう。

季節や性別によって違う

髪の毛は1日何本抜けるのでしょうか。一般的には約50本~100本ならば正常な範囲内であると言われていますが、季節や性別によって違います。自分の年齢や性別、季節に合わせてどのくらい抜けるのか知っておくと効率的に育毛対策ができるのではないのでしょうか。

髪の毛でも抜けやすい時期はありますし、頭皮環境によっても変わってきます。どのくらい抜けるのか平均的な数をきちんと把握しておきましょう。そして、現在の抜け毛状況と照らし合わせてみてください。

春と秋は抜けやすい

kyu025-s春や秋といった季節は髪の毛が生え変わる時期でもあり、抜け毛の数がみるみる増えます。

1日200本も抜ける人がいますが、危ない抜け毛ではなく、そのままでも大丈夫な抜け毛なので心配はありません。湿気が多くなり、残暑となる時期はもっとも抜け毛が増えてきます。

これは、夏の間に髪や頭皮が紫外線を浴び、ダメージを受けてしまうためです。また、冬から春への季節の変わり目も抜け毛が増えます。

春と秋は通常の抜け具合よりも増えるということを知っておきましょう。

間違って抜け毛が進行していると思ってしまい、正常な頭皮に無駄な刺激を与えてしまう恐れがあるので気をつけておかなければなりません。しっかり知識をもっていなかれば間違った方法で育毛剤を使ってしまい、育毛対策が逆効果になる場合もあります。

夏や冬は正常な本数となるので1日50本~100本の数が目安になります。

男性の方が抜ける数が多い

女性よりも男性の方が抜け落ちる髪の数が多いと言われています。これは、男性ホルモンが影響していると考えられます。男性ホルモンは皮脂の分泌量が多い傾向があるので、頭皮にある脂がどうしても多く、毛穴に詰まってしまうのが抜け毛の原因です。

男性と女性によって抜け毛の原因が違うように、抜け落ちる髪の毛の量も多少違うということも把握しておきましょう。

歳を重ねるたびに抜け毛が増える

性別だけではなく、年齢も1日抜ける数に変化があります。

20代男女は30本~80本、30代男性は50本~100本、女性は50本~90本、50代男性は80本~180本、女性は60本~130本というデータがあります。

見て分かるように20代と50代では最大100本も違いがあるのです。

これには十分な栄養を吸収することができる力も失われ、髪の毛まで栄養を行き渡らせることができない原因が挙げられます。歳をとっていくと老化が進みます。老化は体の機能だけでなく頭皮や髪の毛までも現れることになるのでやっかいなものです。抜け毛対策としても歳が上の人は必要な栄養分をしっかり摂っていかなければなりません。

1日に50本~100本は異常なし

抜け毛は、基本的には1日50本~100本であれば問題はありません。

しかし、季節や年齢・性別によっては1日に安心できる抜け毛の数も変わってくることを知っておきましょう。自分にとって、どのくらいの本数が1日で抜けたら危ないのかを把握しておくことで、いつどのような対策を採らなくてはいけないのかの指標になるでしょう。

結果として、自分の髪が危険な状態であることを知り、対策を講じてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る