危険な抜け毛、適正な抜け毛とは?

抜け毛かどうか自分で判断できる方法

毎朝枕の上に髪の毛が落ちていたり、ブラッシングする時に数本抜けたりすることがあると思います。自分が抜け毛として判断されるかどうかは、抜けた髪の毛の本数によって決まります。異常なほどの髪の毛が抜けるのであれば「抜け毛」の症状だと判断できますが、微妙な量だと判断しにくいです。抜け毛は早めに対応をしておいた方が悪化しない傾向があるので、抜け具合を判断して対処していかなければなりません。どのくらいの量が抜けると危険なのかを詳しくみていきましょう。

抜け毛の適正は幅広い

どのくらい髪の毛が抜けると抜け毛となるのか、本数は実際のところ幅広いです。毎日100本ほど抜ける頭皮でもすぐに生えてくるのであれば問題ありませんし、ただ髪の毛が生え変わる時期なのかもしれません。しかし、逆のケースもあります。30本という少ない本数でも一向に新しい髪の毛が生えてこないのであれば状態は良くありません。抜け毛というのは本数も関係ありますが、本数だけでなく頭皮の状態や原因によっても違ってくるのです。

自分の抜け毛・頭皮の状態を知ることが大事

phm12_0282-s30本~100本の髪の毛が抜けたとしても頭皮や抜け毛の状態によって変わります。もし抜け毛が100本であれば適正の数に入るかもしれませんが、本数は関係ありません。本数よりも、自分の頭皮の状態、なぜ髪の毛が抜けたのか、そのままにしておいてもすぐに生えてくるのかどうかが大切です。その判断基準とするために、抜け毛のサイクルを知っておきましょう。

特に注意しておいてほしいことは、「どのような髪の毛が抜けているか」です。短い髪の毛が抜けていればいるほど薄毛の傾向がみられるので早めに対処していかなければなりません。髪の毛の本数ではなく、注目すべきところをよく見ておくことで抜け毛を防ぎ、育毛をすることができます。

抜け落ちた毛・頭皮を確認する方法

自分の抜け毛が適正かどうか確認するためにいくつか方法があります。つい抜け落ちた髪の毛の数に目がいってしまうのですが、すぐに新しい髪の毛が生えてくるのであれば問題ありませんので安心してください。どのような点に注目していけば良いのか見ていきたいと思います。

抜け毛が多い時期を確認する

まず最初に確認してほしいのは、いつ抜け毛がひどくなったのかという「時期」です。毎日抜けることがあっても、1番ひどい時期があるだろうと思います。毛にはサイクルがあり、必ず抜ける時期がやってきます。春や秋は髪の毛が抜け落ちる時期であり、毎日50本~100本は生え変わると言われているので、ある程度髪の毛が抜け落ちていても心配することはありません。

ただし、春・秋以外の夏や冬に抜け毛が多いのであれば危険です。抜け毛が目立つ時期、危ない時期を知っておくと薄毛の可能性をいち早く知ることができるかもしれません。

抜けた毛の種類に注目する

どのような毛が抜けているのかに注目してみると抜け毛の様子が分かります。毛根の部分がくるくるとなっている毛や、先端部分が細い毛が抜けていると、薄毛が進行している可能性があります。健康的で立派な髪の毛であれば、生え変わりなので問題はないでしょう。抜けた毛がどのような毛なのか確認することも、適正な抜け毛を見分ける方法です。抜け毛の本数だけでなく、抜けた毛そのものにも確認してチェックしてみると良いです。

頭皮の状態を確認する

髪の毛に注目してきましたが、頭皮の状況を把握することも大切です。抜け毛の原因として挙げられるのが皮脂の分泌量です。薄毛が進行している人は、普通の人よりも分泌量が多く、無駄な皮脂が毛穴を詰まらせ抜け毛の要因となっているのです。頭皮が脂っこいなと感じる人は薄毛の可能性がありえます。この機会に頭皮も確認してみてください。

このように、様々な判断方法確認方法があります。抜け毛について確認できる方法を知っておくと便利です。

毛が抜ける時の状況

phm12_0236-s毛が抜ける時はどのような状況なのか確認することも大事です。シャンプーで髪の毛を洗う時やブラッシングをする時、朝起きた時に枕に抜け毛を発見するなど、様々な状況で抜け毛を心配することがあります。毛が抜ける状況によって危険か安全かを見分けることができるはずです。

髪の毛や頭皮に触れただけで抜ける人は薄毛が進行している恐れがあるので要注意です。それも抜ける時期や毛の種類によって変わるのでいろんな視点から確認していった方が良いです。ひとつだけが当てはまるからといって抜け毛が進行しているとは限りません。

様々な視点から適正かどうか調べること

こちらでご説明した判断方法をいくつか確認することで、自分の抜け毛が悪い方向に進んでいるのか、適正なものなのかどうか判断することができます。抜け毛の適正は本数だけではないということを知り、危険信号を見落とさずに適切な育毛ケアを開始するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る