男性は知っておきたい3つの抜け毛を抑える方法と育毛効果

男性の抜け毛を抑える抜け毛対策方法

抜け毛対策とその方法

男性用薬用シャンプーを使用してみよう

まず始めに、薬用シャンプーは医薬部外品の商品であり、「医薬品」ではありません。

医薬部外品とは
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすもの。

上記のように、一般的なシャンプーと違い「効果」というものが多少あるとされています。

薬用シャンプーを使用することで、頭皮の汚れを綺麗にしてくれます。もちろん、普通のシャンプーでも同じように頭皮の汚れを綺麗にしてくれますが、問題なのはシャンプーに含まれる「成分」です。

合成界面活性剤などの「頭皮に悪い成分」が含まれ、シャンプーの洗浄力が強力になっています。つまり、余分に頭皮を洗い流してしまい頭皮を傷つけてしまいます。
これでは抜け毛を抑えることは難しいでしょう。

薬用シャンプーを使用することで、適度な洗浄力で頭皮の汚れを綺麗にして健康な状態を保つことが可能です。

また、薬用シャンプーは薄毛を事前に防ごうとする働きをしてくれると言われています。

これが医薬部外品の「効果」なのかもしれません。

育毛サプリメント(健康補助食品)を飲んでみる。

育毛サプリメントは、抜け毛(AGA)の原因である「DHT」を抑制してくれる「ノコギリヤシ」という成分が含まれています。

ノコギリヤシとは
コギリヤシとはヤシ科のハーブの一種で、古来より男性の強壮、利尿、鎮静効果のある民間薬として親しまれてきました。
前立腺肥大症の予防や改善に利用され、また抜け毛や薄毛の予防効果にも注目されています。

このノコギリヤシが抜け毛の原因のひとつ「DHT」を抑制してくれますが、薄毛を予防するにしかすぎません。
これだけでは髪の毛は生えてくることはありません。

しかし、サプリメントによって、コラーゲンペプチド・亜鉛・イソフラボンなど20種を超える成分が含まれているものもあります。

これらの成分によって、「DHT」や「5αリダクターゼ」を抑え、「毛母細胞」を刺激し、発毛を促しながら髪の毛を作るのに必要な「栄養素」をとることができます。

薬用シャンプーと育毛サプリメントは値段が高い!

f4b72ca9a3fa「薬用シャンプーの価格目安」

・薬用シャンプーは350mlで約4000円
・一般的なシャンプーは960mlで約830円
決してお手頃な価格とは言えません…

メーカーによって薬用シャンプーの価格もピンきりですし、あくまで医薬部外品ですので過大な期待をせず試してみてはいかがでしょうか。

育毛サプリメントの価格目安

「育毛サプリメント(健康補助食品)の使用方法と容量」
・1日3粒
・1箱90錠
「価格」
・3箱セットで約14500円(税抜)

育毛サプリメントはやや面倒?

まず、飲む回数が1日に3回あるという部分です。
基本的に、服用するものは毎日同じ時間帯に飲む必要があり、いつもバラバラになってしまうと期待した効果が得られないでしょう。

そして、飲み忘れのリスクが高まります。1日1回で良い物と1日3回の物では3倍も飲み忘れのリスクがあります。
1日1回でも忘れる人がいることを考えると、徹底した意識が必要になるでしょう。

朝寝坊して飲み忘れたり、夜遅くまでお酒を飲んでいて忘れてしまった。
こういったことも考え検討しましょう。

ジェネリック育毛剤の場合

「フィンペシア(医薬品)」
・1日1錠
・処方薬と同じ成分

「価格」
・150錠(3ヶ月分)で約3400円

あなたはどれを使う?

以上を踏まえて、薬用シャンプー・育毛サプリメント・ジェネリック育毛剤のどれを使うかも考えてみましょう。

ジェネリック育毛剤の価格比較の記事を見る

つづけて、抜け毛を抑えると髪の毛が育つのかみていくことにしましょう。

抜け毛を抑えると髪の毛が育つ?

薬局の育毛剤コーナーには、抜け毛予防効果をうたったものが、多数並べられています。

近年の育毛剤は対象年齢が若い製品も多く、さらに低刺激などの魅力を謳ったものが登場しています。

こうした抜け毛の抑制には、育毛の効果があるのでしょうか?

抜け毛を抑えると髪の毛の本数が多くなる

本来、髪には寿命があり、毛穴には発毛から脱毛まで一定の周期が存在します。これを、ヘアサイクルと呼びます。

脱毛が目立って薄毛になるのは、何らかの原因によって、このヘアサイクルの乱れが起こって、髪の寿命が短くなっているということ。

抜け毛を抑える育毛剤は、毛穴や頭皮に働きかけることで、髪の寿命を長くして向け毛を防ぐことで髪の本数を多くする働きがあります。

育毛剤で抜け毛を抑える利点

髪の毛の悩みに効く化粧品や医薬品をまとめて「育毛剤」と呼びます。

とくに、抜け毛を減らすのに効果的で、今ある毛を太くたくましく育てる効果のある「育毛・養毛タイプ」のものは、毛穴から新たに毛が生えてくるのを助ける「発毛タイプ」の育毛剤と比べ、もともとある毛を引き留め、新たに生えてきた毛の寿命を延ばす効果があります。

使用開始から育毛効果が出てくるまでが早いというのがメリットでしょう。

一口に抜け毛を抑えると言っても、育毛剤に使われている成分によって、作用は異なりますし、処方箋の必要な医薬品から、市販の化粧品まで、さまざまなタイプがあります。

抜け毛を抑える育毛剤が効果的な場合

imasia_8086901_M

抜け毛にはタイプがあります。そのタイプによって、抜け毛を抑える育毛剤が効果的な場合と、あまり効果が期待できない場合に分けられます。

また、性別によって症状を抑える仕組みや、必要な成分も違ってきます。抜け毛を抑える育毛剤が効果的とされるのは、以下の通りです。

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 産後抜け毛

円形脱毛症や加齢によるもの、また、アレルギーや頭皮の炎症が原因の抜け毛などは、原因に合わせた異なるタイプの育毛剤の方が高い効果が望めることが判明しています。

男性の抜け毛はホルモンが原因

男性の抜け毛は、大別すると2種類に分けられます。一つは加齢による毛母細胞や頭皮の老化で起こる抜け毛です。

これは、老化で地肌の持つ発毛力が衰えていくことで起こるものであり、残った髪は放置すれば長く伸びることができるのが特徴です。

この場合、生えてくる髪の本数が減っているため、抜け毛を抑えただけでは育毛効果がなかなか発揮できません。

反対に、近年若い働き盛りの年代に増えている、男性型脱毛症といわれる症状は、新たな毛は順次生えてきてはいるのに、毛髪の寿命が正常と比べて極端に短くなってしまい、十分成長しきれないまま脱毛期を迎えてしまうというものです。

こちらの症状では、発毛には支障がないものの、男性ホルモン・テストステロンの働きで、毛根を破壊し、毛髪の脱毛を促すジヒドテストステロン(DHT)という物質が過剰に作られてしまうために、脱毛するまでの期間が短くなっているのが問題です。

この場合、男性ホルモンの働きを抑える育毛剤を使用することにより、髪の成長をサポートして十分成長させることで大きな育毛効果が望めます。

女性の抜け毛はストレスや乾燥・血行不良が原因

女性の抜け毛は、男性とは原因が違います。

良くみられるものは、ストレスによる心理的な原因に、ドライヤーの近づけ過ぎ、冷暖房などによって起こる過度の乾燥、地肌の血行不良などが重なって起こるもの。

もう一つは、出産半年前後に起こりやすい「産後抜け毛」と呼ばれる症状です。

前者は、若い女性に多く、産後抜け毛は出産経験のある女性に限っておこり、特に初産の女性に多くみられます。

産後抜け毛は出産によるホルモンバランスの変化が原因の生理的脱毛と言われるもので、病的なものではありません。あまり気にならずに終わってしまう人もいますが、産後の生活の急変からストレスや不規則な睡眠による脱毛が重なるケースもあるようです。

このような場合は、抜け毛を抑える女性用の育毛剤を使うことで症状の改善が期待ができます。

抜け毛を抑える仕組みは育毛剤によって違う

抜け毛を抑える育毛剤は、対象年齢が広いという特徴があります。これは、抜け毛を抑える効果は同じでも、その方法が異なっているためです。

未成年や若い人向けの育毛剤では、主に、頭皮の血行を改善して毛穴や毛母細胞のに栄養を補給し、毛髪の寿命を延ばすタイプの育毛剤が中心です。

同じ若い人でも、深刻な男性型脱毛症の場合ではこれでは追いつきません。

より直接的に男性ホルモンを抑制することで、脱毛を引き起こす物質を生成させない方法が必要になります。

直接脱毛の原因を抑制するため効果は高いですが、その分副作用も強く、専門医の受診や薬剤師の説明が必要になります。

抜け毛を抑える育毛剤はタイプや性別に遭ったものを使う

一口に抜け毛を抑える育毛剤と言っても、性別や年齢、脱毛タイプによって、合うものが変わってきます。

購入するときは、薬局でしたら薬剤師に相談して、より、マッチしたものを選ぶようにすると良いでしょう。

最初は作用の穏やかなもので試してみて、あまり効果がみられないようでしたら、専門医を受診するほうが良い結果を生むこともあります。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る