育毛剤には、どんな副作用がありますか?

育毛剤を使用した際に起こる副作用

育毛の強い味方である育毛剤。日々進行する抜け毛や薄毛に悩む人にとって、育毛剤を活用した積極的な育毛は悩み解消に大きな期待が持てるアイテムです。

しかし、実は、育毛剤には副作用があることをご存知でしょうか。

育毛剤の副作用を起こす原因物質

育毛剤にはさまざまな成分が含まれています。

漢方薬由来の育毛剤の中には、特有の臭いや皮膚に強い刺激性のある成分を含むものがあり、これがかぶれや皮膚炎の原因になってしまうことも。

液状タイプ、クリームタイプの育毛剤の中には、もともと高血圧治療に使われた、ミノキシジルや塩化カルプロニウムという成分を含むものもあります。

用法を守れば安全に使用することができる

phm06_0478-s育毛剤は正しく使っていれば、副作用を必要以上に不安視する必要はありません。

これは基本的に、日本国内で通常の薬局やドラッグストア、正規の通信販売で入手できるものは、厳しい厚生労働省の基準に合格したものであり、安全性の試験も行われているからです。

しかし、人体には個人差があり、薬剤に対する反応は必ずしも一定ではありません。

滅多にはありませんが、アレルギー反応など、強い症状が出てしまうことも100%ない、とは言いきれないのです。したがって、育毛剤の副作用についての正しい知識を持つことによって、安心・安全に利用することができるようになります。

育毛剤の副作用と注意すべきポイント

一部の育毛剤は使用に関して、副作用のリスクをもっています。

しかし、副作用が心配されるからといって、「育毛剤はどれも危険な薬だ」という訳では決してありません。適切な用法であれば、育毛剤は薄毛解消の強い味方であることにかわりはありません。

育毛剤の使用で副作用が心配されるケースは、「育毛剤が原因と気づかず、副作用を放置してしまう」「副作用が起こることを考えず、悪いタイミングで育毛剤を使用する」といった行動が、深刻なトラブルを招くもう一つの要因になります。前者は肌トラブルを悪化させる可能性があり、後者は思わぬ事故へつながってしまう危険性があります。

副作用によるトラブルを防ぐためには、副作用がどのように起こるのかということや、その原因物質が何か、といった点について事前に知っておき、購入する時の参考にすると良いでしょう。

副作用はこんな症状

phm06_0099-s育毛剤の副作用は、外的な副作用と、内的な副作用があります。

外的な副作用は、育毛剤に直接触れた部分に起こり、皮膚炎やかぶれ、痒み、発疹といった、頭皮や塗布による手指の症状として現れます。育毛剤中の薬剤による刺激が原因です。

内的な副作用は、育毛剤が皮膚から血管を通して、あるいは、噴霧した薬剤が鼻から呼吸器を経て体内へ吸収されて起きる、血圧低下や心拍の上昇、頭痛、めまい、吐き気、手足のしびれなどです。

これらは、健康な人の血圧が副作用で下がってしまうことによって引き起こされます。

危険な副作用って?

育毛剤の使用により副作用が起こったとしても、それそのものが生命の危険に及ぶということはあまりありません。特に、外的な副作用は、育毛剤使用と副作用に因果関係が分かりやすく、比較的早期に気づいて皮膚科の受診へとつながりやすいようです。

心配なのは内的な副作用。もともと、持病があり、薬を飲んでいて、それが育毛剤中の成分と一緒に働くことで薬が過剰に効きすぎたり、反対に効果が無くなってしまったりすることもあります。

このような心配のある方は、育毛剤を使う前に主治医に相談をしましょう。

また、車の運転や通勤途上、高所作業などの時に内科的副作用の症状が現れると、思わぬ事故を起こす恐れがあります。このような時は、使用を控えましょう。

初めて使用する育毛剤は、体の目だたない部分でパッチテストなどを行い、異常が出ないかを確かめてから使用開始をする方が安心です。

副作用が起こったときは

パッチテストや育毛剤の使用で副作用が起こった時は、いったん育毛剤の使用を中止しましょう。速やかに、医師の診察を受けてください。

受診の時は、使用中の育毛剤を持参して、更に、副作用の症状や、育毛剤仕様から症状が出たときまでの時間がどの程度だったか、なども診断の手がかりとなりますから、メモなどに控えておくと理想的です。

めまいや吐き気が強い場合は、自分で運転することは避け、できれば家族に付き添ってもらって受診すると良いでしょう。

育毛剤の副作用をやみくもに恐れる必要はない

育毛剤は基本的には安全なものです。使用上の注意を守り、さらに、万が一副作用が起きたときの対処方法や、避けるべき使用のタイミングを押さえていれば、大きなトラブルや事故につながる心配は、ほぼ無いと見て良いでしょう。

使用方法をしっかりと守って適切に使えば、育毛剤は強い味方であると言えます。

用法を知った上で、安心・安全に使用するようにしましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る