育毛剤のタイプ別比較

育毛剤を選ぶとき、それぞれのメリット・デメリットは意識すべき?

育毛剤と言われるものは種類が多く、選ぶにも迷ってしまいます。

どれも育毛効果があることには違いないのだから、特にメリット・デメリットなどは気にせず使用してしまうという方もいるでしょう。

育毛剤を使うメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

育毛剤のメリットとは「育毛効果」デメリットは使うものによって多岐にわたる

育毛剤を使用することの一番のメリットはもちろん「育毛効果」です。

育毛剤を使うことで、薄毛、細毛、抜け毛の悩みが軽減されることが最終的な目標と言えます。デメリットは、どんな育毛剤を使うかによってそれぞれ異なります。

事前に検討をせずに育毛剤を選ぶと、後になって困った状況や症状に悩まされる恐れもあります。

育毛剤はニーズにあわせてメリット・デメリットを検討して選ぶべき

ひとまとめに「育毛剤」と呼ばれていても、育毛剤には対象とする薄毛のタイプ、薬効、使用に対するメリット、デメリットがあります。

より効果的な育毛を期待するのであれば、これらを検討して選ぶ方が、より良い結果が得られます。

育毛剤はメリットよりもデメリットに注意して選ぶこと

phm23_0170-s育毛剤を使うことで得られるメリットは、「育毛効果」です。その他の副次的なメリット(香りや整髪効果)などは、あくまでもおまけと考えて、自分のニーズに合う育毛ができるようなものを選ぶことが大切です。

また、育毛剤には化粧品及び医薬部外品と、医薬品があります。医薬品の方が育毛効果の確実性が高いという性質がありますが、使用できる人が限られ、副作用の心配などのデメリットがあります。

育毛剤を選ぶときは、こうしたデメリットをより検討して選ぶことが大切です。

それぞれのタイプ別メリット・デメリット

育毛剤と呼ばれるものには、大きく分けて3つのタイプがあります。

  • 育毛剤…今、生えている毛の寿命を長くして抜けにくくする
  • 発毛剤…脱毛した後の毛穴から、新しい毛が生えるのを促す
  • 養毛剤…生えている毛を、太く、たくましくする

それぞれの効能はそのまま、使用時のメリットと言えます。反対にデメリットになるのは、

  • 育毛剤…新たに毛をはやす効果はないので、増毛効果を期待する人には不向き。一部医薬品は男性しか使えず、年齢制限も厳しい
  • 発毛剤…日本国内では扱いが少なく、医薬品のみ。効果は明確だが、副作用が心配される
  • 養毛剤…年齢性別の制限が少なく、比較的手に入りやすいが効果は穏やかなため、軽症向けであり深刻な脱毛には効果が浅い

といったことが挙げられます。

市販されている育毛剤には、これらの効能が複数期待できるものもあれば、どれか一つに特化しているものもあります。

いずれにしてもご自分のタイプに合わないものを選んでしまうと、期待したほど育毛効果が上がらないということになりますから、注意しましょう。

市販の医薬部外品育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤の大部分は、ドラッグストアや薬局などで化粧品や医薬部外品として市販されています。これらの育毛剤は、

  • 作用が穏やかで副作用の心配が少ない
  • 男性向け、女性向け、若者、高齢者など、広い範囲の利用者に対応できる幅広いラインナップがあり、選びやすい
  • 医薬品と比べると低価格で、入手もしやすい

などのメリットが大きいと言えます。

反面、

  • 効き目が出にくい(確実性が低い)
  • 同じ商品でも個人差が大きく、使ってみないと分からない

といったデメリットが挙げられます。どちらかというと初期または軽症の脱毛、薄毛、細毛などに適したものが多いと言えるでしょう。

医薬品育毛剤のメリット・デメリット

propeciaENG_1907髪の悩みに関わる化粧品や医薬品類のうち、直接発毛の効果が認められているものは日本国内では非常に少なく、市販されているのはわずか1社のみ。

あとは、保険の利かない処方箋医薬品だけです。育毛剤の形状は様々であり、ヘアトニックのように、頭皮に直接塗布して利用するタイプのものもあれば、内服薬として、定期的に飲むものもあります。

これら医薬品の育毛剤のメリットは、

  • 臨床試験によって明確に育毛や発毛の効果があることが認められている
  • 効果が早く、確実性が高い

という点です。

更に処方薬は医師の診断が不可欠なので、薄毛のタイプに適した医薬品を、ピンポイントに使うことができるメリットもあります。
デメリットは

  • 副作用(血圧低下・男性不妊)
  • 医薬品ではあっても健康保険の適用外のため価格が高い。
  • 効果が高いがゆえに、投薬を止めるとすぐに薄毛が再発して、かえって目立ってしまう

という点。

安くない費用を払って、使い続けなければならないというのは、利用者の負担が大きくなります。

メリット・デメリットを把握して使い分けるのが良い利用法

育毛剤は、抜け毛、薄毛、細毛などの状態によって、目的に適したものを選んで使い分けるのが望ましい使用方法と言えます。

その際、それぞれの特徴やメリット、更に副作用を始めとするデメリットについても、良く検討して使うとより安心・安全で確実性の高い育毛効果が得られます。

必要に応じて専門医を受診することも、選択肢の一つです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る