育毛剤の働きは男性・女性ホルモンにも関係がある

育毛剤は男性・女性ホルモンを強化して育毛促進しているの?

gf1420623827l

毛髪の量とホルモンには大きな関わりがある、と言われています。

では、育毛剤の成分には、男性・女性ホルモンを強化して育毛の効果を上げるものが含まれているのでしょうか。

育毛剤のうち一部の医薬品は男性・女性ホルモンに作用する成分が含まれている

大多数の市販の化粧品、医薬部外品の育毛剤には、直接女性・男性ホルモンに作用するものはありません。

しかし、深刻な脱毛や男性型脱毛症のような疾患治療の目的で使われる処方箋医薬品や、薬局で購入できる医薬品の発毛剤は、脱毛の原因となる男性ホルモンへ直接的に作用するものがあります。

直接的に男性・女性ホルモンに作用する育毛剤

現在日本国内で市販されている化粧品、医薬部外品の育毛剤の多くには、ダイレクトに男性・女性ホルモンに作用する成分は含まれていません。
これは法律上の枠組みによってそのように決められているからです。

医薬品扱いの発毛剤や、処方箋医薬品の育毛剤には男性ホルモンの作用を一部抑制するものがありますが、女性ホルモンを添加しているものはありません。

医薬品の育毛剤についても、男性ホルモンに作用することから、使用には厳しい条件があります。

育毛剤に男性・女性ホルモンは配合されていない?

af9940091596l

市販の化粧品や医薬部外品には、ホルモン剤が直接配合されているということはありません。

化粧品、医薬部外品として市販されている育毛剤は、頭皮から余分な皮脂を取り除いたり、毛穴から栄養分を補給し、血行を改善したりする成分が主体となっているものが大多数です。

なかには、ハーブや和漢の配合成分によって、間接的にホルモンの働きを活性化させる、または抑制させるものがないとは言えませんが、その効能はあくまでも間接的に「期待できる」というレベルであり、ダイレクトにホルモンの働きに大きな影響を及ぼすことは少ないと言えます。

育毛剤であっても男性・女性ホルモンを人体に直接投与は危険

脱毛・育毛は、男性・女性ホルモンによってコントロールされていることは広く知られています。

具体的には、

  • 脱毛を促す効果…男性ホルモン(テストステロン)
  • 髪のハリやコシを強くして、毛根の寿命を長くする…女性ホルモン(エストロゲン)

こちらがそれぞれ大きく作用しています。

「ならば、ダイレクトに女性ホルモンを男性型脱毛症の患者に摂取させれば良い」と思われそうですが、これは非常に危険です。

ホルモンはごく微量でも身体に大きな影響を及ぼすことが知られており、ごくわずかなバランスの乱れでも異常な症状が起こることがあるからです。
女性の場合一生のうち体内で生成される女性ホルモンの量はスプーン1杯程度と言われています。

男性が女性ホルモンを投与されると、乳房の変化や声変わり、筋肉量の低下などが起こることも分かっており、男性不妊の症状が起こる可能性もあります。

それぞれのホルモンは、男性では男性ホルモンが、女性では女性ホルモンがわずかに多くなっているという状態で存在しています。男性は男性ホルモンだけ、女性は女性ホルモンだけ、という訳ではありません。

男性型脱毛症の治療に使用するホルモン剤にしても、男性ホルモンを減らしたり女性ホルモンを増やしたりするのでなくて、男性ホルモンの過剰な働きを一部抑制することで、結果的に女性ホルモンの働きを助けて毛髪の寿命を長くするという仕組みになっているのです。

男性ホルモンに作用するものを女性が使ってはいけない理由

男性型脱毛症の治療薬として広く知られている「プロペシア」の主成分であるフィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きのある「抗アンドロゲン薬」と呼ばれるグループになります。

この薬は男性専用であり、女性は使えません。

厚生労働省は

  • 女性は内服してはいけません
  • 妊娠中の女性は触ってもいけません(誤って触れてしまった場合は、医師に相談)

と女性に対して厳重な注意喚起を行っています。

プロペシアはホルモンを抑制する働きを持つため、赤ちゃんが男の子だった場合、男性器に異常が起こる恐れもあります。

女性ホルモン様成分が入った外用育毛剤は男性には使えない?

女性向けのトニック・ローションタイプの育毛剤には、「女性ホルモン様成分」が配合されているものを多数みることができます。

豆イソフラボン、ザクロベリーエキス、ヒオウギエキス、プエラリアなどが良く知られている代表的なものです。

これらは、主に細毛や薄毛の悩みに対して効能があるとされており、もともとある女性ホルモンの働きが弱っているところを、外用育毛剤がサポートする形で作用するため、一定の効果が期待できます。

外用の女性用育毛剤を男性が使っても同じように効果があるのかというと、そうではないようです。

なかには、長期的に使用して薄毛の改善がみられた例もあるようですが、多くの場合変化はありません。

女性ホルモン様成分については、女性の使用にも注意が必要な強い働きのあるものも存在していますから、女性用とされているものを男性が使用することはおすすめできません。

育毛剤の女性・男性ホルモンには少し注意が必要

日本で入手できる育毛剤でホルモンに直接作用する成分のものは、医薬品の育毛剤だけとなっています。極端に神経質になる必要はありませんが、ホルモンは微量でも体に影響を及ぼすものですから、注意は必要です。

性別に関する注意や、使用量など説明書に書かれている用法を守り適切な使用を行えば安全です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る