育毛剤には年齢制限がある?

若年に多い抜け毛の症状とは

10代、20代の男性に現れやすいという「若年性脱毛症」。実は、これは医学的な病名ではなく、なんらかの原因により若い世代の男性に起こる脱毛の症状の総称してこのように呼ばれています。

30代以降に現れやすい脱毛の症状の原因には、加齢によるホルモンバランスの崩れや血行不良などが原因であるとされていますが、「若年性脱毛症」の原因とは、いったいどこにあるのでしょうか。

考えられている原因としては、「ストレス」、「男性ホルモンの分泌」、「内臓疾患や甲状腺ホルモンの異常」の3つの事柄に分類されています。

若年性脱毛症に育毛剤をすることはできるのか

phm06_0159-s育毛剤は、頭皮にスプレーしてマッサージを行う外用タイプと、内服薬タイプとに分類されています。

外用タイプの場合には特に年齢制限が設けられていない製品が多く見受けられますが、内服薬タイプの中には男性ホルモンの分泌を調整する作用を持つものもあり、このような内服薬の場合では、未成年の使用を禁じているものもあります。

反対に、加齢が原因となって起こる「壮年性脱毛症」の症状が現れた場合には、内服薬タイプの育毛剤が必要となることが多いようです。

若年層の脱毛は、生活習慣が大きな原因

30代以上の男性に多く見られる抜け毛や薄毛の原因のひとつに、ストレスが挙げられています。ところが、若年層の男性の場合でも、やはりストレスが大きな原因となっているのはないかと考えられています。

たとえば、過酷な受験勉強によるストレス。いじめ問題など、社会問題が原因となって起こるストレスなど、その原因はさまざまです。

また、男性ホルモンが災いして起こる脱毛症や、内臓疾患による脱毛症もあります。いずれの場合であっても、若年層に脱毛症の症状が現れたのであれば、育毛を考える以前に、メンタルケアが必要となることもあるでしょう。

育毛剤と年齢の関係とは

一般的に育毛を意識し始め、育毛剤の使用を考え始めるのは30代後半あたりではないでしょうか。ところが、10代、20代の若い男性の中にも、抜け毛に悩まされる方が大勢いらっしゃいます。

はたして、その原因はいったいどこにあるのでしょうか。

若年性脱毛症の原因
  • ストレス
    過酷な受験勉強や、学生から社会人となることへの大きな負担などが原因として考えられます。
    また、深刻な社会問題となっているいじめ問題も、脱毛症の原因となるといえるでしょう。
  • 男性ホルモンの分泌
    男性ホルモンは体内で変化を起こします。男性ホルモンはテストステロンと呼ばれており、30代後半以降からは体内でジヒドロテストステロンに変化することが多くなるといわれ、これが抜け毛の原因になると考えられています。通常であれば、10代、20代でこのような現象が起こることは少ないですが、なんらかの理由により、10代、20代の若い年齢でも起こることがあるようです。そしてこれが抜け毛の原因にもなります。
  • 内臓疾患・甲状腺ホルモンの異常
    この場合では、素人判断を行うことができません。身体に異常が起こったのであれば、迷わずすぐに内科へ足を運び、適切な処置を受けるようにして下さい。
若年層と育毛剤

育毛剤には、スプレーなどの外用タイプと内服薬タイプとがあります。

  • 外用タイプ
    未成年であっても、特に年齢制限がかけられていない製品が大半のようです。
    ただし、医師の判断が必要な場合もありますので、指導を受けながら使用することが望ましいといえます。
  • 内服薬タイプ
    このタイプの育毛剤は、基本的に未成年は使用することができません。
    内服薬タイプの育毛剤の中には、男性ホルモンに多大な影響を及ぼす成分が配合されていることがあり、成長期の服用は好ましくないと判断されるからです。
壮年性脱毛症と育毛剤

gum06_ph08029-s
一般的に起こる30代以降の抜け毛や薄毛の総称を、壮年性脱毛症と呼ぶことがあります。

  • 外用タイプ
    年齢に関しては、問題なく使用することができます。ただし、アレルギーなどの皮膚疾患、内臓疾患のある場合には、医師の指示を仰ぎながら使用することが好ましいでしょう。
  • 内服薬タイプ
    医師により処方されますが、外用タイプと同様、身体の内外になんらかの問題が生じているときには使用することができません。

また、副作用が懸念される内服液もありますので、必ず医師の指導のもと、用法・用量を守って服用しましょう。

万が一副作用らしき症状が現れた場合には放置せず、直ちに適切な処置を受ける必要があります。

年齢を問わず、自己判断は危険です

外用タイプであっても、内服液タイプであっても、自己判断により間違った方法で使用しないことが鉄則です。

また、どちらの場合でも身体の内外に異常が見られた場合には即座に使用を中止し、専門医への相談を行うとともに、適切な処置を受けましょう。

育毛剤の使用は、いかなる場合であっても慎重に行わなければなりません。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る