はげ予防は食事と睡眠から改善してみよう

後悔する前に…

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s
髪の毛は、ある程度年齢も重ねてしまえばいくらか諦めもつくものですが、できることならば髪を残したままの素敵な老人になりたいという人も多いのではないでしょうか。

また、若くして髪の量が少なくなってしまうと、それだけで世間からは少し冷たい目で見られるものですので、そのような事態は避けたいところです。

健康な体で生活を送りたいならば、まずは病気をしないことが重要ですが、髪の場合もこれと同じことが言えます。

すなわち、一度髪を失ってしまうと、それを取り戻すためには相当の努力をしなければならないということです。

日頃の生活の中ではげにならないために予防を心がけることこそが、後悔しない唯一の方法と言えます。

具体的な予防方法

髪は失ってから取り戻すことが非常に難しいですので、まずははげないために生活中に予防することが重要になります。

予防方法はインターネットの記事等にて度々取り上げられる題材となりますが、どの記事も違うことが書かれていて何が本当に効果のある方法か分からないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方はまず、睡眠時間と食生活に気を配ってみることをお勧めします。

具体的には、偏食をしないことと夜間に充分な睡眠時間を取ることを心がけていくと良いでしょう。

抜け毛発生のメカニズム

phm21_0358-s
髪の毛はなぜ抜けてしまうのか、近年の研究によりこの原因は男性ホルモンと関係があることが分かっています。

男性ホルモンには一般的な働きをするテストステロンという成分と、ジヒドロテストステロンという成分があります。ジヒドロテストステロンは毛根の組織に対して毛を抜けさせるような指示を出すため、これが原因となっているのです。

つまり、薄毛を予防することはジヒドロテストステロンの発生を予防することとほぼ同義ということです。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンと毛根部にある5αリダクターゼという物質が結びつくことによって誕生してしまいます。

そのため5αリダクターゼが過剰に分泌されないような環境を整えてあげることが抜け毛予防にもつながるということになるのです。

食事と睡眠で予防効果

体の健康において食事と睡眠、運動は重要視されていますが、これは髪にとっても同様です。
発毛を促進させるためには「発毛量>抜け毛量」の状態を維持することですが、予防することにおいては少し異なります。

予防をすることはつまり「発毛量≧抜け毛量」ということでもりますので、今ある毛を大事に、そして抜け毛の量を少なくすれば問題はないわけです。

そのために重要なのが食生活や睡眠といった基本的な生活習慣なのです。

夜間の良質な睡眠

髪の毛を作り出したり、頭皮が日中に受けたダメージを回復させたりする働きのある成分が、成長ホルモンです。

成長ホルモンは年齢と共に分泌量が減少していく傾向にありますので、これをいかに食い止められるかが重要となってきます。

成長ホルモンが体内に分泌されることになる時間帯は午後10時から午前2時までの4時間で、睡眠を取っている間に分泌されることが分かっています。

また深い眠りに就いている時ほど分泌量が増えることが明らかになっていますので、これらの条件を全てクリアした、良質な睡眠が必要となるのです。

逆に言えばこの時間帯にしっかりと睡眠が取れていない人は抜け毛が増えるということになります。
普段から夜更かしをしてしまいがちな人や、仕事で睡眠時間が削られてしまっている人などは要注意です。

食事と抜け毛

食事と抜け毛にも関係があることが明らかになっています。特に注意しなければならないのが脂っぽい食事で、脂ばかりを摂取していると、そのまま皮脂になってしまいます。

皮脂が過剰に分泌されてしまうと頭皮や髪にとってもよくありませんので、脂っこい食事が好きな人は注意してください。

また脂が多い食事ばかりをしていると、血液がドロドロになってしまい、これが原因で血行が悪化。
そして血液が頭部にまで充分に廻らなくなってしまうと髪を作るのに必要な栄養素も上手く運ばれにくくなってしまいます。

喫煙習慣

毛髪と血行の関係性も明らかになってきています。血のめぐりが悪いと毛髪を作るのに必要な栄養素が充分に行き渡ることがありません。

たばこを吸うと血管が収縮するため、様々な健康を害するリスクが発生しますが、これは当然のことながら毛髪においても同様です。

普段から喫煙の習慣がある方は、健康のためにも髪のためにも、禁煙することをお勧めします。

予防法と対策法

髪の毛が完全に抜け落ちてしまった後には薬を用いて5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことを避けるという治療法を取れば良いのですが、現在まだ髪が残っているという段階ならば予防をすることで抜け毛は防ぐことが可能です。

睡眠時間や食事等の生活習慣に気を配りながら日々の生活を送ることで抜け毛を予防できますので、まずはこれらの方法で対策をしてみてください。

もし、既に薄毛が進行してしまっているという場合は、育毛剤を使用して対策をすることになります。
ジェネリック医薬品ならば、通常の医薬品に比べてリーズナブルに入手することができますし、錠剤・塗り薬と、自分に合ったタイプのものを選ぶことが可能です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る