育毛方法と毛根の構造と健康について

抜けていく頭髪の状態をよく見て下さい

GN123_L「最近、なんとなく抜け毛が多くなってきたような気がする」、そう感じた際に、あなたはご自身の抜け毛の状態をチェックしているでしょうか。

多くの方は、頭髪が抜けてしまったことに対してショックを受け、その頭髪はそのままゴミ箱行きとなっているのではないかと思います。

しかし、ここが肝心です。抜け毛の大きな原因は頭皮の血行不良ですが、それだけではありません。私たちの頭髪は毛乳頭、毛母細胞などで構成されている毛根で生成されています。

そして、もしもこの毛根に問題があった場合、毛穴から生えてくるはずの頭髪が生えてこないなどの問題が起こってくるわけです。

頭髪が細くなってしまった原因とは

これは、毛根組織に栄養が行き渡らない状態が続いたために起こった毛根の栄養失調状態です。ではなぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか。その原因は血管の収縮です。

私たちの毛根は、血管によって運ばれてくる血液中から栄養素を受け取っています。

そして、血管が健康な状態であれば、栄養の供給がスムーズに行われ、毛根部分では新しい頭髪をどんどん生成することができ、頭髪の成長期が長期にわたり継続することになります。

毛根の元気は戻らないのか

ilm09_da15003-s「一度毛根が衰えてしまったら元に戻らないのか」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、そんなことはありません。

長期間を必要とする場合が殆どではありますが、毛根の元気は少しずつ戻ってきます。毛根が元気を取り戻すためには、大元の原因となっている血行不良を改善することが先決となります。

それにはまず、抜け落ちた頭髪の状態をよく観察することがなによりも大切。それにより、早急な対処が必要なのか、あるいはそれほど焦る必要はなく、予防レベルの処置で済むのかという判断を行うことができます。

さらに、生活習慣が毛根にどのような影響を与えているのということも知ることができます。

ご自身の抜け毛を観察し、毛根の状態を知りましょう

ひと口に抜け毛といっても、その原因はさまざまであり、対処方法も異なってきます。ここでは、毛根と頭髪の状態を、危険度が高い順にご紹介して行きます。

短小毛
  • 毛先が細くとがっている
  • 全体的に細く、短い髪が抜けている

頭髪の寿命の平均は4~6年であるといわれています。しかし、この状態は、頭髪の生成に必要な栄養分が、殆ど毛根に届いていないことが起因して1年前後で抜けてしまった状態です。

放置しておくと、産毛程度の発毛となってしまうため、専門の頭髪クリニックで診察を行い、適切な処置を受けましょう。

この状態は素人判断ではどうにもなりませんので、必ず専門家の指示に従う必要があります。

ストレスによる抜け毛
  • 毛根部分の色が若干白くなっている
  • 毛根部分が太く膨らんでいない

この状態は、精神的なストレスが大きい場合によく見られます。健康な毛根から抜け落ちた頭髪は、必ず毛根部分が太く膨らんでいます。また、頭皮マッサージを行う際に力を入れ過ぎていたり、シャンプーが合わなかったりする場合にも見られます。

この状態もまた、早急な処置が必要となりますので、専門の頭髪クリニックでの診断を受けるようにして下さい。

その際には、使用しているシャンプーを持参し(あるいは成分をメモにすべて書き出したもの)、成分の分析を行ってもらうとよいでしょう。

広汎性脱毛1
  • 毛根部分に、白い根のようなものが付いている
  • 広範囲の頭髪が同時に抜けた

これは円形脱毛症のような局部的な脱毛とは異なり、広い範囲にわたり起こる脱毛の症状です。血行不良が大きな原因となりますが、ホルモンバランスの崩れや食習慣の乱れなどよっても起こります。

また、この状態には皮脂が原因となっているものと乾燥が原因となっているものに大別されており、専門家による診断が必要となります。

さらに、抜け毛と同時にフケの大量発生が起こった場合には、なんらかの頭皮の異常を疑う必要が出てきますので、やはり専門家による診断を受けるようにしましょう。

広汎性脱毛2
  • 毛根部分が小さいが、白い根のようなものは付いていない

皮脂による毛穴詰まりや、強い力で頭皮マッサージを行い、一時的に毛細血管が損傷した場合に多く見られます。

ただし、その原因はこの限りではありませんので、抜け毛がひどくなる前に、専門の頭髪クリニックで受診しておくとよいでしょう。

育毛を成功させるには、ご自身の頭髪と頭皮、さらに毛根の状態を知っておく必要があります。すぐに育毛に取り掛かりたい気持ちはわかりますが、ひとまず原因を知るところから始めましょう。

素人判断は逆効果を招くことがあります

抜け毛の原因は外的な刺激が大きく関わることもありますが、ストレスなど、目に見えない部分に原因があることも多いものです。

現在、育毛専用のサプリメントや育毛剤が数多く販売されていますが、素人判断では危険な場合もあります。抜け毛が気になり始めたら、ひとまず専門家の意見に耳を傾け、落ち着いて対処を行いましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る