若はげを予防したいが気付くべき3つのポイント

事前予防で若はげを阻止することができる?

464486e86f79ebfc3120a07888d424cc_s
年齢が上にいくほど、薄毛や抜け毛などの症状で悩む人は多くなっていくものですよね。

その症状や進行具合は人によって様々ですが、若い年齢のうちにこれらの状態に陥ってしまう人も少なくありません。

「若はげ」と呼ばれるこれらは、若者のコンプレックスともなってしまうもの。男性が強く意識するポイントでもあるため、可能な限り、若はげが起きてしまうのは避けたいものですよね。

治療方法も重要ですが、事前予防によって、より快適な生活を送ることができるのです。

若はげを予防する方法がある

若はげが起きてしまうのは、仕方のないことだと諦めてしまっていませんか?遺伝の気質が強いからと、両親や祖父母をみて、暗い想像をしてしまってはいないでしょうか?

もちろん、個人差はありますが、若はげの症状は十分予防することができ、その方法はとても身近で簡単なものも多いです。

育毛剤などを早くから使用することもできますが、値段が高いものもありますし、比較検討の手間がかかってしまいますよね。

ライフサイクルの見直しや、健康的な生活を心がけることから始めれば、心身全体の健康や、清潔で美しいスタイルを手に入れることもできるため、まさに一石二鳥となっています。

どうして若はげを予防できるのか?

GN001_L
若はげの予防が成功するのには、それぞれ予防策ごとに理由があります。

睡眠時間の確保や、睡眠サイクルを整えることは、育毛にとってとても重要な休息の確保に繋がるからです。髪の毛がよく成長する時間に、体をゆっくり休めて、育毛に専念させるという意味もあります。

運動によって汗をかくことは、酸素を体内に取り入れて、細胞の活発化を図ることができるからです。栄養バランスの調整は、育毛に悪い物質を取り入れず、良い物質を取り入れることに繋がります。

シャンプーを正しく行うことで、血行が良くなり、汚れの詰まりも解消できて、健やかな育毛が目指せるのです。

若はげを予防する工夫たち

まだ症状は出ていないけれど、若はげになってしまうのではないかと不安を抱く人は多いですよね。特に、両親や親族に薄毛や脱毛に悩む人がいると、特別不安に感じるものでしょう。

しかし、安心して構いません。

日常生活のほんの僅かなことを気をつけたり、習慣を変えたりするだけで、若はげの予防が出来るのです。

体質やライフサイクルに合わせて、無理のないペースで進めていきましょう。

睡眠と休息を大切にすること

育毛にとって、とても重要なアイテムは、身体の「睡眠時間」だと知っていましたか?

出来るだけ決まった時間帯に、一定の睡眠時間をとり、身体をしっかり休めることは健康面でもとても重要なことですよね。

髪の毛の場合、最も育毛が進む時間帯は、深夜十二時前後の三時間程度と言われています。

夜の九時から、翌日の三時くらいまでに睡眠時間をとれると理想ですね。疲れを癒し、休養をとっている間に、毛根や毛髪は一生懸命成長するのです。

必要な栄養素を効率よく摂取する

食生活の乱れは、若はげの原因にもなりかねません。コラーゲンやカルシウムは、髪の毛の大切な成長要素。

太くて健康的な髪の毛をはやすために、これらの栄養素は積極的にとると良いでしょう。

頭皮の真皮は、実に七割がコラーゲンで出来ています。ちりめんじゃこは取り入れやすい食材のひとつとして人気が高くなっていますね。

もちろん、バランスの良い食事をとった上で、サプリメントで調整するのも良いでしょう。

頼りすぎは禁物です。

また、植物性のタンパク質も育毛には欠かせません。納豆は喜ばれる食材のひとつです。イソフラボンは脱毛症の原因となるテストステロンを抑制するエストロゲンのような働きをしてくれるからです。

加えて、アルコールやたばこは避けられると良いですね。

栄養吸収の妨げとなってしまうため、せっかく食生活に注意しても、無駄になってしまう可能性があります。

頭皮マッサージで血行を良くしよう

頭皮の血行を良い状態に保つことは、健康的な育毛にとって欠かせません。

育毛剤をもみ込むとき、シャンプーをするときなど、ヘアケアをするタイミングで、頭皮ケアも行いましょう。

清潔に保った手で、痛みがない程度にしっかり揉むのがポイントです。毎日のヘアケアは、当然ながら頭皮ケアにも繋がります。

頭皮で雑菌が繁殖しないよう、シャンプー後は速やかに髪を乾かすのも忘れないようにしてください。

バランスの良い予防策を実行しよう

生活リズムを整えて、規則正しく健康的な生活を送ることで、若はげはかなり予防することができます。

また、既に髪が薄くなってきており、生活習慣の改善のみでは効果が感じられない場合は、ジェネリック育毛剤などを活用するのも良いでしょう。

ただし、これらのアイテムはただ闇雲に実行すれば良いものでもありません。

錠剤や塗布薬など、その形もさまざまですから、自分のタイプに適したものを正しく使いましょう。

また、無理をして予防策自体がストレスになってしまわないようにすることも大切です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る