育毛剤や育毛薬には副作用があるって本当!?

海外製品は危ない?その真相とは

GW198_L海外製品の個人輸入が一般的となっている現在、ダイエットサプリや育毛剤などでの副作用が問題視されています。

日本国内で入手することができる育毛剤の場合では、厚生労働省が目を光らせる中で販売許可が下りているものであり、その安全性は高いと判断することができます。

一方で、海外製品の場合では海外での基準に基づく販売が行われているため、副作用などの危険性については定かではありません。

個人輸入は決して悪いことではありませんが、サプリメントや医薬品の個人輸入は、効果と引き換えにリスクがおまけで付いてくる可能性があることも知っておきましょう。

育毛剤の副作用にはこのような症状があります

副作用の例として多く挙げられているものには「血圧が急激に下がる」、「激しい頭痛」、「動悸・息切れ」、「めまい」などがあります。それは、育毛剤の成分の中には、高血圧症患者を対象とした治療薬と同じ成分が配合されていることがあるためです。

また、医薬品は医薬部外品と比較した場合には早い効果を期待することができますが、使用の中止により、育毛どころか抜け毛や薄毛に拍車をかけてしまうことさえあります。

つまり、医薬品である育毛剤を使用する際には、そのような副作用のリスクに対する知識も必要であるということです。

疑うべきは、恐るべき即効性です

ミノキシジルとプロペシア。どちらも育毛に関しては即効性があるといわれている成分です。しかし、往々にして即効性の高い医薬品は副作用を伴う可能性が高く、使用の際の危険度も高いと判断することができます。

早く効果を実感したい気持ちは誰もが持つものですが、のちのちに現れてくるかもしれないリスクにも目を向け、安易に医薬品に手を出すことは控えましょう。

育毛剤を使用する前には、副作用の知識も身につけておきましょう

医薬品を使用する際には、多かれ少なかれ副作用のリスクが伴います。

それはアレルギー反応のように即座に現れることもありますが、一定のインターバルを置いたあと、突然なんらかの症状として現れてくることもあります。

海外製品の基礎知識
  • 自由に個人輸入を行える
    便利なようでいて、ここがいちばんの落とし穴となる部分です。成分の内容、調合量が明確な製品であればトラブル回避もそれほど難しい問題ではないでしょう。ところが、国によっては成分の配合率に誤りがあることもあるようです。
    個人輸入はあくまでも自己責任で行うものであり、それに伴うリスクを免れることはできません。
  • 商品説明
    語学力に精通し、さらに医薬品の知識を豊富にお持ちなのであれば、すぐに危険な成分を発見することができるでしょう。
    しかし、商品説明や使用方法を読解することが難しいのであれば、ひとまずその製品の購入は見合わせましょう。
育毛剤に含まれている成分と副作用
  • ミノキシジル
    頭髪の元となる毛母細胞の増殖を期待することができる成分としてよく知られていますが、発疹、ただれ・かぶれ、かゆみ、おびただしいフケの発生などのトラブルが多い成分です。
    この成分配合の育毛剤を使用し、このような症状が現れたのであれば、それは副作用であるという判断で、まず間違いはないでしょう。
  • プロペシア(フィナステリド)
    ミノキシジルと同様の副作用が現れる可能性の高い成分です。医師からの処方であっても、異常が現れた場合には使用を中止し、専門医による適切な処置を受けて下さい。

上記のふたつの成分により、性欲減退や吐き気、吹き出物の増加などの症例も挙げられています。特に、体内になんらかの疾患をお持ちの方がこの成分配合の医薬品を使用することは極めて危険です。医薬品の使用は、それが育毛剤であっても生命を脅かす危険性を秘めていることを頭に入れておいて下さい。

国内メーカーの育毛剤・安全性について

現在、日本国内で販売されている育毛剤は厚生労働省の基準により、販売を許可されている製品ですので、比較的危険性は低いとされています。ですが、成分によってはアレルギー反応などの過敏な反応を起こさないとも限りません。アレルギーまたはその疑いのある方は自己判断をさけ、育毛剤を使用する前には必ず専門家の指示を仰いで下さい。

  • 用法・用量を守る
  • 医薬品を他人に譲渡しない

上記の事柄も確実に厳守しましょう。

医師による処方であっても、それを盲信することは危険です

phm06_0145-sたとえば熟練度の低い医師から処方を受けたとしましょう。

その医師は、あなたの身体の状態を完全に理解しているのでしょうか。医薬品の副作用に関して、万全の知識を備えているのでしょうか。それは、その医師のみ知るというところでしょう。

専門医による処方であっても、100%安全であるという捉え方は危険です。危険を介するためには、あなたご自身が薬に対する正しい認識を持つことがなによりも大切です。

自分の身を自分で守るという意識を持つことこそが、医療の効果を最大限享受するために必要なのです。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る