髪の毛が薄くなってきた!それってドライヤーが原因かもしれない

薄毛にドライヤーはダメ?

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s
髪を洗った後、どんなケアをしていますか?

ただ「乾かす」ことも実は大切な髪のケアです。乾かすケアをおろそかにしていませんか?

多くの男性は、タオルドライして自然乾燥で過ごしている方が多いでしょう。女性の場合は、長時間高温のドライヤーを使っている方が多いのではないでしょうか。

ドライヤーは髪の良くないと言われていますが、面倒くさいからと自然乾燥で過ごしている方がほとんどだと思います。

面倒くさいという考えは髪のケアの天敵です。乾かすケアも髪を守る大切なケアなのです。

自然乾燥とドライヤー、どちらが良いのか

ドライヤーが髪に悪いと言われているのは、高温の空気をあて髪そのものを傷め、頭皮環境も悪くさせるという考えからです。

では、自然乾燥はどうでしょうか。自然乾燥は雑菌を繁殖させやすく、ドライヤーよりも髪が傷みやすいというデメリットがあります。

当サイトサイトでは、より詳しく自然乾燥とドライヤーのメリット、デメリットを紹介しています。

乾かし方が原因で薄毛になっている可能性が

phm12_0246-s
タオルドライした後の乾かし方がおろそかなせいで薄毛になっている可能性があります。

当サイトでは、薄毛対策に最適なドライ方法をご紹介していますが今まで考えたこともなかったという方はぜひお読みください。

また、メリットデメリットを踏まえて乾かし方を決めても良いですが、最適な方法を掲載しているのでしっかり従って育毛剤を使ったケアをされることをおすすめします。

ドライヤーが髪の毛に与える影響

ドライヤーのメリットとデメリット
  • どれだけ濡れている髪でも自然乾燥より早く乾く
  • 好きな髪型にセットできる
  • ふんわりボリュームを出すことができる
  • パーマやカラーなどがすぐに落ちてしまう
  • 電気代がかかる
  • 乾かし過ぎてしまい髪の毛が過度に乾燥してしまう

髪の毛が薄くなる原因として「乾燥」があります。乾燥している髪は栄養を保つことができません。

また、紫外線の影響も受けやすく薄毛を発症する原因でもあります。

ドライヤーを使うことで乾燥を誘発します。すぐに乾くのは良いですが、乾かし過ぎには注意が必要です。

また、パーマやカラーリング、白髪染めなどをされている方は、自然乾燥よりも数週間ほど持ちが悪くなります。何度もパーマやカラーリングをしなければいけなくなるので、タオルドライで済まされる方も多いでしょう。

自然乾燥のメリットとデメリット
  • 時間も手間もかからない
  • 乾かし過ぎることがない
  • パーマやカラーリングなどを自然な形で維持できる
  • 雑菌が繁殖しやすく頭皮環境が悪くなる
  • 開いたキューティクルから水分が失われやすい
  • しっかり乾かないうちに寝てしまうと摩擦によって髪が傷つく

ドライヤーよりも時間がかかってしまう自然乾燥は、どうしても寝る寸前まで完全に乾いていないことが多く、寝ている間に枕との摩擦で髪が傷んだりキューティクルがはがれたりしてしまいます。

また、毛穴と同じように開いたキューティクルからはどんどん水分が失われていきます。そこに雑菌がわき、頭皮環境が悪くなるせいで薄毛になっているのかもしれません。

水分を多くふくんだ頭皮には雑菌が繁殖しやすいですから、濡れている髪は「早めに乾かすこと」が先決なのです。

自然乾燥している間にもブラッシングや手櫛で整えるなど髪の毛に物理的な刺激が加わるとさらに薄毛を誘発します。

髪の毛に良いドライヤーの仕方
  • 頭皮環境を良くするため雑菌の繁殖を抑えるには早めに乾かすことが大切
  • キューティクルの開きは適度な温度の熱風で速めに閉じる
  • ドライヤーはかけすぎに注意
  • 低温で短時間を目標に乾かす
  • 水分が失われ過ぎないようタオルをかぶり乾かす

簡単にいえば、「肌のケア」と同じように適度な皮脂や水分を残して最短で乾かす方法が最適な方法だといえます。タオルドライした後のタオルは適度に濡れているでしょう。

そのタオルを頭にかぶり、最高でも60度程度の熱風をあてて髪の根元から徐々に乾かしていきます。

また、低温トリートメントドライヤーや低温のマイナスイオンドライヤーを使うとより薄毛対策に効果的です。

結局はドライヤーを使うしかない

自然乾燥のメリットとデメリットを含めても、結局はある程度ドライヤーで早く乾かしたほうが薄毛対策に効果があると考えられます。

また、塗るタイプの育毛剤を使ってケアをしている方は特に、自然乾燥では髪の毛自体が痛み育毛剤の効果をしっかり実感することができません。

対照的に飲むタイプの育毛剤を活用している方にとっても、自然乾燥では頭皮環境が悪くなり栄養を効率良く摂取することができないでしょう。

低温ドライヤーなら髪の毛に直接与える影響も少なく、キューティクルが痛むこともありません。女性ならサラサラの髪の毛が良いでしょうから、必ずドライヤーを使って乾かしましょう。

また、育毛剤の使い方について悩んでいる方は、それぞれのタイプを使用して最も使いやすいタイプを選びましょう。

育毛剤の種類については、低価格で効果を実感できるジェネリック育毛剤などもおすすめです。飲むタイプ、塗るタイプとさまざまな種類がありますので、症状や好みに適したものを選びましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る