髪の毛に対してタバコを吸うとどんな影響があるのか?

髪の毛にタバコはよくないのか?

ILLUSION inc
「タバコは健康に良くない」誰でも知っていることですが喫煙習慣は中々止められないものです。

喫煙している人は「タバコをやめたら食欲が増して太るから」「ストレスが溜まるから」など理由をつけては辞める機会を逃しています。

1ついえることは、タバコを吸っていても何の得にもならないということ。肌が荒れる原因でもあります。

髪の毛に与える影響も大きく男性はAGAを促進させている可能性があります。

今一度、「体に悪い」という問題について考えてみて下さい。

喫煙の習慣は体に悪い影響を与える

禁煙により得られることは数多く、生活習慣の改善や体調改善、ハゲ防止など。規則正しい生活を送れるようになるでしょう。喫煙の習慣が体に悪い影響を与えるなど、喫煙されているすべての方が認識しているでしょう。

タバコに含まれるニコチンや喫煙の習慣は、健康的な生活を送ることができないようにしている、寿命を縮めているだけでしかないのです。

喫煙が原因で薄毛を発症する可能性が

3b097380db336e4d3c272da71dafdc1d_s
タバコが体に与える影響は大きくわけて4つあります。

まずビタミンの破壊。ビタミンは体にとって必要不可欠な存在です。破壊することで栄養が体に行き渡らなくなってしまいます。

また、血管の収縮や代謝低下、肝臓機能低下などの影響があります。

この4つの症状は薄毛を発症する大きな原因であり、喫煙のせいで薄毛になってしまった方は多いということです。

とくに男性は注意したいことですが、こちらで解説している情報を参考に今一度喫煙習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

タバコと髪の毛の関係性

タバコが与える影響
  • ビタミンなどの栄養素が大量に消費され髪に栄養がいかなくなる
  • ニコチンの摂取により、血管が収縮して更に栄養の回路を妨げている
  • 肝臓へ負担をかけ内臓機能を低下させている
  • 男性ホルモンを増加させ代謝が悪くなり薄毛を発症しやすい

多くの方は「タバコが原因だ」と考えていません。なぜならタバコが日常化してしまっているからです。

体に悪いとは思っていてもたかがタバコくらいで、と考えている方が多いでしょう。

なんとなく調子が悪い、体に不調が起こっている、そんなときは一番の原因が喫煙なのかもしれません。まずはその考え方から見直すべきです。

喫煙が髪の毛に与える影響は大きく、男性の場合はホルモンへも影響します。

女性でもAGAで悩む方が増えていますから、禁煙を勧めるわけではありませんが、出来るだけ悩みにあったタバコとの付き合い方を考えるべきです。

代謝の低下による育毛効果への妨げ
  • 栄養が行き渡らないせいで代謝が低下する
  • 代謝が低下することで細胞生成が上手くいかない
  • 細胞の生成が悪いと頭皮環境が悪くなる
  • 頭皮環境が悪いと育毛や発毛効果の妨げとなる

薄毛に悩む方は、育毛剤を使った自宅ケアを行っている方が多いでしょう。

育毛剤には飲むタイプと塗るタイプがありますが、飲むタイプは主に髪の毛や頭皮に良い栄養を摂取するタイプの育毛剤です。

そこで、代謝が低下しているとその栄養を行き渡らせることもできなくなり結果として、育毛効果を妨げてしまっています。

また、塗るタイプの育毛剤を使っていても頭皮環境が悪いせいでしっかりと効果が発揮されないことが多く、この悪循環では薄毛を解消することができないのです。

タバコをやめても育毛が進まない場合は

こちらでご紹介してきた通り、タバコをやめることで髪への悪影響を取り除くことができます。

しかし、それだけで髪が元に戻るとは限りません。

既に髪が薄くなってしまっているという方は、禁煙で浮いたお金を利用して、ジェネリック育毛剤の使用を検討してみてはいかがでしょうか?

ジェネリック育毛剤には、飲むタイプの「フィナロ」「フィンぺシア」「エフぺシア」、塗るタイプの「ロゲイン」「ポラリス」など、さまざまな種類があります。

それぞれのメリットを比較検討し、自分に合ったものを試してみてください。

いずれも、先発医薬品と同等の効果をリーズナブルな価格で享受することができるというメリットがありますし、安全性も保障されているため、安心して使うことができるでしょう。

タバコはAGAを促進させる

タバコは男性ホルモンへも影響するというお話をしましたが、実はハーバード大学で調査をした結果、非喫煙者と喫煙者ではホルモン量の数値が喫煙者の方が高かったという結果が出ています。

男性の場合はとくに、ホルモンの影響を考えてもタバコによってAGAを発症させるリスクが高く、促進させ育毛効果を妨げている可能性が高いのです。育毛にはお金がかかります。

また、喫煙習慣にも無駄なお金がかかっています。

現代では医療も発展し、効果もありながら低価格で使えるジェネリック育毛剤というものもあります。

AGAを促進させる可能性があるタバコにお金をかけるくらいなら、そのお金でより効果的な薄毛対策を行いたいですね。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る