まだまだ関係ない?若いうちからの育毛ケア

若いうちから行う育毛ケア。そのメリットとは

PH128_009育毛を若いうちから行うことで、さまざまなメリットを得られます。

育毛という言葉からは、ただ単純に増毛を行うというイメージがありますが、抜け毛や薄毛の大きな原因となる血行不良の改善を行っておくことで、将来的に血行不良に悩まされることなく、健康な状態をキープできるということになります。つまり、育毛だけにこだわらず、頭皮の健康を得るための努力を行うことで、思わぬ副産物も同時に手に入れることができるということです。

また、ストレスも育毛を妨げる原因のひとつですが、若いうちから上手なストレス回避の方法を身につけておけば、ストレスを受けやすい思考の矯正も行うことができます。

早い段階で頭皮ケアを行う大切さ

思春期からの頭皮ケアと聞いて、焦ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ思春期からかといえば、その時期から正しいシャンプーの方法を身に付け、将来に備えるということ。

また、常に毛穴を清潔に保つことも大切ですが、マッサージ方法をマスターすることにより、頭皮の血行不良や乾燥の予防となり、抜け毛や薄毛の原因を取り除くことができるということです。

しかし、悩みが目立ってきてからケアを行っても決して遅いということはありません。なんといつても、育毛は根気との闘いなのですから。

将来的に焦らないために

思春期からのケアは、決して早過ぎるということはありません。ですが、この時期から始めなければならないということではありません。

むしろ、積極的に育毛を意識したケアを行う必要性が出てくるのは、社会人としての活躍が目覚ましくなる30代からでしょう。というのは、この時期になると会社や家庭で受けるストレスが多くなり、またお付き合いもグンと増え、不規則な生活に陥りやすいからです。

さらに睡眠不足による血行不良。これらの事柄は完全に避けることは難しいでしょう。それだけに、積極的な育毛ケアを行い、将来に備える必要があるということです。

将来的を考えたケア方法

若いうちからのケアは、頭皮や頭髪の健康のためにとても大切です。しかし、この時期から始めなければならないという明確な時期はありません。

多くの方が積極的に育毛を意識したケアを行う必要性を感じるのは、社会人としての活躍が目覚ましくなる30代後半あたりからでしょう。

それは、この時期になると会社や家庭で受けるストレスが多くなり、またお付き合いもグンと増え、不規則な生活に陥りやすいからです。

さらに睡眠不足による血行不良。これらの事柄は完全に避けることは難しいでしょう。それだけに、積極的な育毛ケアを行い、将来に備える必要があるということです。

まずはシャンプーから
  • 育毛ケアシャンプー
    育毛や毛穴ケア専用のシャンプーは、毎日使用してはいけません。何故なら、このような種類のシャンプーの成分は全般的に強く、皮脂を取り過ぎてしまう恐れがあるからです。
    皮脂が不足すると乾燥を招いたり、皮脂分泌がさらに多くなったりというトラブルに見舞われてしまう可能性が高くなります。このタイプのシャンプーは、思春期でも週2回まで、20代を過ぎたら週1回を目安に使用しましょう。
  • シャンプーでフケが多くなったら
    乾燥が原因となっている可能性があります。シャンプーのし過ぎに注意し、地肌を傷つけることのない優しいシャンプーを心がけて下さい。
育毛剤を使用するタイミング
若いうちから育毛剤を使用する必要はあるのか

育毛剤の使用には、特に年齢制限は設けられていません。しかし、10代の思春期の頃には皮脂分泌が多く、毛穴をふさぎ逆効果となることもあります。

思春期には、毛穴を清潔に保ち、血行不良の予防となる頭皮マッサージに留めておきましょう。

  • 30代からの育毛剤
    育毛剤は、医薬品と医薬部外品に分類されています。
    抜け毛や薄毛が気にならないレベルであれば、医薬部外品の使用で十分に対応できますが、深刻な状態に近づいているのであれば、医師の指導のもとで医薬品を使用する必要性が出てきます。
若いうちからの生活習慣について

PH128_022

  • ストレスの回避
  • 血行不良の予防
  • バランスの取れた食事の摂取

上記で掲げた事柄は、生活習慣により改善を行うことができます。特にストレスは万病のもととなることも少なくはありませんので、早い段階で回避する手段を身につけておくことがベストです。そしてそれが、血行不良の予防にもつながります。

また、若いうちから過度なダイエットを行ってしまうと、頭皮の老化を早めてしまいます。

ダイエットを行うのであれば、摂取する栄養素に気を配り、頭皮へ送られる栄養が不足しないよう、気をつけましょう。

神経質になる必要はありません

若いうちから育毛を意識し、ケアを行う気持ちはとても大切です。しかし、神経質になる必要はありません。あまりに育毛に意識を集中させ過ぎると、それがストレスにならないとも限りません。

育毛は長いスパンで考え、無理のないケアを行うことが大切です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る