育毛の第1歩は、脱毛期を知ることからはじまる!?

脱毛期とは

imasia_12022994_L

体毛も同様ですが、頭髪にはヘアサイクルと呼ばれている周期があり、「抜けては生える」を繰り返しながら、新しい頭髪が育成されて行きます。

私たちの毛穴の奥には毛包(もうほう)があり、さらにその一番深い部分には、頭髪となる細胞である毛母細胞があります。

この毛包部分は「休止期」、「成長期」、「退行期」というサイクルがあり、「成長期」の期間が短く、「休止期」と「退行期」の期間が長い方の場合では、長い育毛期間を必要とすることもあります。

育毛は誰でも成功させることができるのか

育毛を行うためには、頭皮の血行をよくし、乾燥を防ぐ必要があります。

頭皮の血行が悪くなる原因には、身体全体の代謝不良や真夏の冷房による冷えなどがあり、さらに紫外線は頭皮を乾燥させる大きな原因となります。

また、常にストレスを抱えているような生活環境は血流の流れを悪くし、ヘアサイクルの「休止期」と「退行期」が長くなってしまう原因となります。

育毛は根気よく行う必要があり、多かれ少なかれ結果を出すことができますが、上記のような要因が重なった場合には育毛の妨げとなることも少なくはありません。

まずは血行不良の改善です

ストレスを解消するためには、ご自身の工夫が大切であり、一朝一夕には行かないこともあるでしょう。

ですが、紫外線から頭髪を守る工夫は案外容易に行えるものです。

女性であれば日傘を差すというのもひとつの方法ですし、男性であれば通気性のよい帽子を着用し、頭皮を守るという方法があります。

また、特に夏場はシャワーで済ませてしまう方も少なくはないと思いますが、できる限り湯船につかり、全身の血行をよくすることも、育毛を成功させるためには大切な事柄です。

育毛剤を使用しても髪が生えてこない!?

jedimaster141001887

現在では、高品質の育毛剤が数多く販売されるようになり、育毛に取り組む方々の救世主的な存在になっているのではないかと思います。

ところが、育毛剤を使用し、毎日きちんとマッサージを行っているのにも関わらず、思うような結果を出せず、焦ってしまう方がいらっしゃいます。

ですが、そこにはきちんとした理由が存在しています。

ヘアサイクルの乱れ
  • 全身の血行が悪い
    特に冬場になると手足が冷たくなり、肩凝りや腰痛が現れる。また、冬場に限らす常に手足が冷たく、むくみがちである。
    あなたが現在このような悩みをお持ちであれば、それは血行不良による冷え性の疑いがあります。
    血行不良が起こると頭皮にも影響を及ぼし、育毛の妨げとなりますので、まずは血行不良の改善に努めましょう。
  • 頭皮が硬い
    これは乾燥が原因していると考えられます。
    特に夏場の強い紫外線は頭皮を直撃し、頭皮を乾燥させる原因となります。
    特に紫外線の強い季節には、頭皮がダイレクトに紫外線を浴びてしまわない工夫が大切です。

上記の事柄は、ヘアサイクルを乱し、「脱毛期」を長引かせる原因となります。

育毛を成功させたいのであれば、頭皮を健康に保つことがなによりも大切です。

まずは血行不良の改善、そして頭皮の乾燥を防ぎ、育毛を行いやすい環境を整えましょう。

脱毛期だと感じたら

育毛剤の使用や頭皮マッサージを熱心に行っているのに、「なんだか抜け毛が多くなってきたような気がする。これは育毛剤が合っていないのかも。」と、気にする方がいらっしゃいます。

しかし、それはあまり気にする必要はありません。というのは、脱毛期には個人差があり、また環境により一時的に抜け毛が増えてしまうこともあります。

そのようなときには焦らずに、下記の注意事項を守り育毛を継続してみて下さい。

  • 抜け毛を気にし過ぎない
    育毛を始めると、どうしても気になってしまうのが抜け毛の量なのではないかと思います。ですが、毎日毎晩抜け毛を気にするあまり、それがストレスとなったのでは血行不良を招き、育毛の効果が薄れます。
    ヘアサイクルには「休止期」と「退行期」があり、これらが脱毛期と呼ばれている期間ですが、その後は「成長期」も必ず訪れます。
    抜け毛が増えたと感じても、それ一時的なものであると気楽に捉え、神経質になるのはやめましょう。
  • 育毛剤を変える
    焦って育毛剤を変えてしまう方がいらっしゃるようですが、原因が育毛剤であるとは限りません。現在使用している育毛剤がお肌に合っているのであれば、無理に別の製品に変えてしまうのではなく、ひとまず様子を見ましょう。
    育毛剤を変えたとたん、お肌に合わないというリスクも皆無ではありません。
    お肌に異常が現れていない場合には、同じ育毛剤を使い続けることがベストです。

脱毛期を恐れる必要はありません

ヘアサイクルには個人差があり、成長期もあれば、当然、脱毛期もあります。

とにかく一喜一憂しないこと。

いったん育毛を開始したのであれば、根気よく続けることがなによりも大切です。さらに、ストレスを溜めこまない工夫も大切ですので、のんびりと気楽に構え、育毛を成功させましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る