薄毛になる食生活を止めて改善しよう!

食生活の大切さ

kazoka30130100043

食生活を見直すというと、病気の治療のためや健康づくりの目的が多いでしょうが、薄毛の改善にとっても大切なことです。

外食をする機会が多くなったことで、いつのまにか髪によくない食生活を送っている方が大勢います。

食事の内容はすぐに結果となって現れる

食べ物は体調などに着実に反映されますので、髪が薄くなってお困りの方は、一度は見直したいところです。

原因に気が付くことさえできれば、本人の気持ち次第ですぐに改善することが可能です。見直さずにずっと続けていると、毎日のことですから原因が体内に蓄積されていってしまいます。

原因の食べ物はヘルシー食材で代用する

食べる物の質も大切ですが、食べる量や時間帯なども髪の量に関係しています。薄毛の原因が食生活にあるのであれば、1日3食の蓄積は大きな違いになります。

逆にすぐ改善すれば、原因を根本から取り除くことができます。

頭皮の毛穴が詰まっていることが髪を育ちにくくしているなら、詰まっている皮脂を除去する必要があります。

脂っこい食べ物が好きで頻繁に口にしている人は、すぐにゼロにすることはできなくても、徐々に量を減らしていくことは可能でしょう。例えば、ハンバーグを作るときに挽き肉をおからや豆腐などのヘルシー食材に半分変えるだけで、摂取量は大幅に抑えられます。

半分は使用を続けることで物足りなさを減らし、他のもので代用することで満腹感は維持することができます。

 

食事で薄毛?

食生活を見直してみると、薄毛の原因が潜んでいるかもしれません。

髪を生えにくくする習慣を4つご紹介しますので、思い当たる項目があるという場合はどんどん改善していきましょう。

外食が多い

外食が多い食生活を続けていると、どうしても余計なものを摂りすぎてしまいます。

脂をたくさん使用したメニューはとても食欲をそそりますが、頭皮の皮脂の分泌量を増加させて毛穴を詰まらせますから、メニュー選びに気を付けてください。

塩分を多く摂取することは、肝臓の働きを弱らせる原因です。肝臓が健康的に働かないと血液の流れが低下します。

外食が多いと、カロリーを過剰に摂取してしまいますので太ります。できるだけ外食は控えるようにしましょう。

 

過酷な食事制限によるダイエット

ダイエットの方法はいろいろな種類あり、その中の一つが食事制限です。

余分なカロリーの摂取に気を付けるくらいならいいのですが、過酷な食事制限をしていると、髪づくりに必要な栄養素が十分補給されませんし、少ない量を摂っていても髪まで行き届かなくなります。

髪の毛がなくても人間の生命は絶たれることはありませんから、栄養を届ける場所として後回しにされます。

スリムな体型を維持することはとても大切ですから、薄毛を改善するためには過酷な食事制限以外の方法を選んでください。

過食

育毛と食べ過ぎることは一見関係がなさそうですが、肥満になると末端まで血液が行き渡りにくくなることから、髪が薄くなりやすくなります。

体の末端である髪に、原料となる栄養素が送り届けられにくくなりますので、薄毛の改善のために過食をしないよう気をつけましょう。

スリム体型の人に比べて、ぽっちゃり体型の人ほど発汗量が多くなります。汗が多くなるほど、頭皮が詰まる原因になります。

過食をすることは、内臓に余計な負担をかけることです。それによって内臓機能が低下すれば、髪になる栄養素が体に吸収されにくくなります。

体に摂取した栄養素は、命の維持に大切な内臓などから優先的に届けられますので、命に直接関わらない髪の毛は後回しにされがちです。

髪にまで行き渡る栄養素が減らないよう、肥満にならないようにしたいものです。

就寝直前の食べ物を摂取する

phm19_0003-s髪を作るためには、あるホルモンが消費されています。そのホルモンの分泌量がアップする時間帯は、22時から2時です。

この時間にホルモンが豊富に分泌される状態を作ることが、発毛に効果的です。

しかし、このときに食べ物がまだ全て消化されきれずお腹の中にあると、ホルモンが十分に分泌されなくなります。

食べ物は、胃に血液が集中することで消化が促進されます。22時から2時の間に胃に多くの血液が流れていることは、頭皮に十分な血液がない状態を作ってしまうことになります。

髪を作る頭皮にたくさんの血液が送られていないことは、髪が生成されにくくなるのでよくありません。就寝前に物を食べると、太りやすくなります。

上記の過食と同様の理由から、肥満にならないように体型維持も育毛につながります。

 

髪作りを食べ物でサポート

今回は薄毛につながる食生活について取り上げましたが、食べ物選びによっても育毛が促進されたり、逆に髪の発育の妨害になったりします。

頭皮の改善に役立つ食品や栄養素もありますので、積極的に摂ってみてはいかがでしょう。

ビタミンA・B群・E・Pなどを含有した食材がオススメです。乳製品や大豆製品、卵、魚類、肉類などからタンパク質を摂りましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る