冬の乾燥と薄毛ケア

冬は頭皮も乾燥している

Seinajoki--Finland-winter-219814_500_375日本では冬になると空気が乾燥しますので、肌に粉がふいてかゆみに悩まされるという方も多いことでしょう。

乾燥するのは肌だけでなく、頭皮も同じです。頭皮にかゆみがあると、ついつい掻きむしって、皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。

乾いた頭皮は硬くなり、血液の流れが悪くなります。

硬くなった頭皮は末梢血管の血液の量が少なくなりますので、髪が育ちにくい環境になってしまいます。

新しい髪が発毛されにくいというだけでなく、脱毛を引き起こしやすくなりますから、頭皮がうるおった状態を保てるようにすることが大切です。

保湿の大切さ

乾燥対策をして頭皮をいつも保湿できていることは、育毛や発毛につながります。

脱毛防止にもなりますので、保湿ケアを続けましょう。育毛剤を使用していない場合は、自然素材で作ったオイルなども高い保湿効果を発揮します。

オイルを塗ってからマッサージをすることで頭皮環境が改善されたり、髪が傷んでいたりする場合はダメージを修復できるので、寒く乾燥した冬にこそ役立ててください。

 

自然の原料で作られたオイルで頭皮の保湿

自然素材を原料にしたオイルは、乾いて傷んだ毛穴や頭皮がしっとりとするので、乾燥とは無縁になれます。

髪を洗ってから塗ると、洗い流さないトリートメントの役割を果たします。

ただし、ケアに力を入れるあまり塗り過ぎてしまうと、髪がベタついてヘアスタイルが決まりにくくなりますから気を付けてください。使用量を守り何度も使っていると、自分の髪の長さや量にあった量がだんだんわかってきます。

ちょうどいい使用量がわかってきたころには、頭皮環境も髪のダメージも回復している実感がでてきます。

冬限定の乾燥対策

乾燥対策をするというと少々面倒なお手入れをしなければいけないように思えますが、四季の中で冬だけのことですからぜひ実践してみてください。

髪にダメージが大きな時期にしっかりケアをしておくことは、影響を抑えることができますので、その他の季節のお手入れがラクになります。

保湿成分を配合した育毛剤の使用

薄毛ケアのために育毛剤を使用しているという方は、冬は保湿成分を配合したものを選びましょう。

頭皮が保湿されるということは、髪の根元がうるおうのでやわらかい状態をキープできます。健康で髪が生えやすい理想的な環境の頭皮というのは、硬くなく柔軟性があります。

外側から育毛剤を使用したとき、含有する有効成分が毛根に浸透しやすくなるという効果があります。

乾燥した状態の頭皮をそのまま放置していると、硬くなって血流が悪くなり、髪の毛が成長しにくい環境になってしまいます。ひどくなると脱毛が進みますので、冬場の保湿はとても大切です。

マッサージのやり方

頭皮の血行が良くなることは、髪を生えやすくします。

頭皮の血行を促進するマッサージのやり方をご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

毛根の機能が活性化されますのでマッサージは発毛にいいと言われていますが、冬は育毛剤との併用もオススメです。

  • 頭全体をもみほぐす
    最初は、ゆったりと首筋から頭全体に向けてもみほぐします。
    頭皮をやわらかくするイメージで、数分程度行ってください。
  • 押す
    次は両手の指の腹を使用し、やさしい力でグッと頭皮を押すようにもみほぐします。
  • つまむ
    押したあとは、少し指を曲げてリズミカルに頭皮をつまむような感じで刺激します。
    場合によっては、部分的に特に薄くなったと感じる箇所があるでしょう。
    マッサージを行うとき、薄さが気になる部位には育毛剤を重ね塗りすると、効果が現れやすくなるでしょう。
薄毛ケアにオススメの成分

薄毛ケアに効果的な、オススメの成分があります。センブリやアロエは、日本でも古くから知られてきた馴染みのある植物です。血行促進や保湿など、冬場に必要な要素が含まれています。

  • センブリ
    センブリは、センブリ茶などでも知られている植物です。センブリに含まれるビタミンE誘導体や抽出エキスは、頭皮の血行を促す効き目があります。
  • アロエ
    アロエは、昔からハンドクリームや化粧水など幅広い製品に使用されてきました。葉の部分から採取できる液体が、保湿効果を発揮するためです。

頭皮や肌などに使用すると、保湿をしてしっとりします。

冬だけでない頭皮に与える影響

picjumbo.com_IMG_2564
頭皮に影響をもたらすものは、冬の寒さや乾燥だけではありません。毎日摂取する食事などの生活習慣も、頭皮環境に大きな影響を与えています。

日常生活が頭皮に悪影響をもたらすとき、体の健康状態も悪いということはよくあるものです。

ストレスを溜め込んでいると、頭皮は緊張状態で硬くなりますから血行が悪くなり、髪の原料となる栄養素が行き渡りにくくなります。

夜更かしをせず早めに就寝すること、適度な運動を日常生活の中でとり入れることなど、薄毛対策をいい機会として健康的な毎日を心がけていきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る