潤い不足が薄毛を招く!育毛を促進する正しい水分補給のススメ

十分な水分をとれていますか?

af9920062647l

育毛を願うなら十分な水分補給が必須だと言うのは、よく聞く事ではありますが、きちんと理由を理解していないとそれもおろそかになってしまいます。

特に、気温が下がる季節には、一日を通して飲む水の量が少なくなりがちです。

「お酒を飲んでいるから平気」「仕事の合間にコーヒーを飲んでいるから」、などと言う方もいますが、これは誤った認識。

お酒にしてもコーヒーにしても、利尿作用が強いので、すぐに体外に排出されてしまいます。

水分補給と育毛の深い関係

体内の水分量が不足すると、血がドロドロになって、循環が滞ります。髪に栄養を運ぶのも血流なので、その状態を放置すると、慢性的に髪が栄養不足の状態に。

血液の50%近くをしめるのは、水分です。
適切な水分補給をすることで、血流を促すことが、髪に十分な栄養を与え、健康な毛髪を育てることにつながります。

逆に、どんなに高価な育毛剤を使用しても、頭皮環境を清潔にしても、肝心の栄養がスムーズに運ばれないようでは、期待通りの効果は得られないということ。

水分補給と育毛には深い関係があるのです。

皮膚科医も明言する水分補給の必要性

長年、髪の悩みと戦い続けている方からしたら、「水分を補給しているだけでひどい薄毛のコンプレックスが解消される訳はない」と思うことでしょう。
もちろん、毎日十分な水分を補給し続けたからと言って、劇的に髪が増えたり、即日で頭頂部の薄毛が改善したりすることはありません。

ただ、健康な髪を維持するために適切な水分補給が不可欠であることは、皮膚科医も認める事実です。薄毛は複合的な要素が絡まって起こるもの。

水分不足は1つの原因に過ぎないかもしれませんが、マイナス要素を減らしておくにこしたことはありません。

健康な髪を目指すにあたり、十分な水分を接種することが必要なのは、疑いのない事実です。

摂取すべき水分量と注意点

imasia_15638451_M

では、具体的に1日どの位の水分を接種し、どのようなことに注意するべきなのかを見ていきます。

血液サラサラを維持するのに適切な水分量とは

一般的な成人男性では、1日3リットルが一つの目安だと言われています。

3食の食事から接種できる水分量は1リットル程度。
残りの2リットルは、意識的に補給をする必要があるということです。

「そんなに必要なのか」、驚く方も多いはずですが、普通に生活しているだけで、尿や汗となり、どんどん水分は排出されていきます。
出て行った分を補わなければ、水分は不足する一方。そして、血液中の水分も不足し、血液はさらにドロドロに。こういった状態は髪に良いはずがありません。

3リットルは、あくまで通常の生活を送っている人の目安に過ぎないため、ジムに行きハードな運動をした日、サウナに行った日などは、より多くの水分が必要。

運動量と相談しながら、自分の身体に必要な水分量を正しく把握してください。

飲めばいい訳じゃない!マメな補給を意識して

水分補給の効果を高めるためには、「こまめ」に「少しずつ」摂取することも大切です。2リットルペットボトルの水を寝起きに飲めば、それで十分、というわけではありません。

身体が1回に吸収できる水の量は250ml程度。それ以上は、尿や汗になり、排出されてしまいます。

効果的に血流を促進するには、コップ1杯の水を1日に10回に別けて飲む。食事の時間を除き、1時間に1回は水分補給をするイメージです。

水道水だと抵抗を感じるけど、毎日ミネラルウォーターを購入するのもお金がかかる、という方に検討頂きたいのがウォーターサーバー。
とくに、月額費用でレンタルできて、特殊フィルターを通すだけで血液サラサラ効果が高いお水ができる「水素水サーバー」は、コストパフォーマンスに優れています。

福利厚生の一貫として、オフィスにウォーターサーバーがある会社も増えていると耳にします。
せっかくの社員の権利をフル活用して、ぜひ水分補給を心掛けてみましょう。

忘れてはいけない朝一番寝起きの水

夜寝ている間、私たちは多量の汗をかいています。
起きたばかりの体内は、ひどい水分不足で血液の流れが滞っている状態。

朝一番、寝起きのタイミングで、心筋梗塞や脳梗塞が多いのも、このためです。血流を正常にスムーズに流れるようにしてあげるためには、起床してすぐ、コップ一杯の水を飲むことが非常に重要。
冷たい水を急に飲むと内蔵への負担が大きいので、常温もしくは白湯が適しています。

寝起きでぼんやりする頭をすっきりさせる効果も期待できて、一石二鳥です。抜け毛・薄毛にお悩みの方だけでなく、寝起きが悪くて会社に行くのが憂鬱だという方にもおすすめです。

水分補給だけで満足しないで総合的な対策を

育毛において非常に重要な水分補給の方法について解説してきましたが、冒頭に述べた通り、血流を促進しただけでは劇的な髪の変化は得られません。
同時進行で、薬用シャンプーを使い頭皮環境を整えたり、育毛剤で髪の成長を促進したりといった努力が不可欠です。

なかなか一筋縄では進まないのがもどかしいところではありますが、継続的に髪に良い習慣でアプローチを続け、コンプレックス解消を目指していきましょう。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る