秋に抜け毛が増える原因と予防法とは

秋に増える抜け毛、気になってはいませんか?

毎年秋になると、抜け毛が増えて育毛がうまく進まず悩む方は多いように感じます。夏に少し毛が増えたかも、そう思っていても、秋の抜け毛で元に戻ってしまうという感覚を持っている方もいることでしょう。

そこで、どうして秋には抜け毛が増えるのか、原因と対策について考えてみます。

正しくメカニズムを理解しておけば、育毛が思うように進まないストレスも軽減されるはず。年単位で薄毛対策を考えるなら、不可欠の知識です。

夏の疲れが秋の髪に響く

HN149_Lどうして秋に抜け毛が増えるのか、主な原因として、以下4つが考えらます。

  • 夏の強い日差しによる紫外線ダメージ
  • 暑さからくる疲れの蓄積・ストレス
  • 季節の変わり目が原因の体調不良
  • 夏の内蔵の冷えからくる内蔵の冷え後遺症

夏に、知らず知らずのうちに蓄積された疲れが、秋の抜け毛となって表面化するというわけです。これらの原因に対応すべく、正しく対処をしていけば、秋の抜け毛ストレスをきっと軽減できるはず。

毎年嫌気がさしていた季節の変わり目の薄毛・抜け毛に悩まされる必要はありません。

季節性抜け毛予防は育毛における常識

秋に抜け毛が増えること、そして予防法を実践すれば改善効果を見込めることは、インターネットメディアを含めた各媒体で注目を集めている情報です。

長期視点での育毛を考える方にとって、秋の抜け毛対策が常識になりつつあるのです。

秋の抜け毛に負けない髪を守る予防法3つ

それでは、抜け毛が多い季節、秋の抜け毛をブロックする予防法3つを紹介していきます。

予防法1 正しい生活リズムを取り戻すこと

夏期休暇の遅寝、遅起き、そんな生活リズムからなかなか抜け出すことができなくて、慢性的な睡眠不足の状態になってはいませんか。

髪を産み出す母体になる組織「毛母細胞」が最も活発に活動するのは夜21時前後、その後、22時〜午前2時の間が、髪を成長させるゴールデンタイムと言われます。

夜21時までには就寝、というのは難しくても、23時ころにはベッドに入って、心地よい眠りにつく準備をする。睡眠時間は、少なくとも6時間、理想を言えば7時間〜8時間を確保したいところです。

それ以上の長い睡眠は、逆効果という説もあるため、「適度」を強く意識して、睡眠リズムを整えていきましょう。

予防法2 無理なく続くエクササイズを日常的に

疲れがたまっていると、身体を動かすのが面倒で、自宅にひきこもりがちになります。そのままでは抜け毛は悪化する一方。朝、近所を散歩してみたり、ラジオ体操やヨガにストレッチをしてみたりと、自分のできる範囲のエクササイズを日常的に行う工夫が必要です。

軽度な有酸素運動は、髪の毛へスムーズに栄養を送ることができるよう血流を促進します。気分転換になるため、ストレス解消効果も期待できます。ストレスがたまる毎日は、髪の健康を考える上で、大きなマイナス要素。

休日くらいは仕事のことを忘れて、思い切りリラックスできるよう意識的に行動しましょう。

秋は外の気温が下がり、晴れの日が多いので、スポーツを楽しむには絶好の季節です。

自宅にこもってばかりではなく、1日に1度でも、外の空気を吸うことを習慣づけてはいかがでしょうか。

予防法3 秋の味覚で必須アミノ酸を補うこと

phm03_0030-s健康で抜けにくい髪のもとになるのは、タンパク質。タンパク質を合成する、必須アミノ酸を食事に取り入れて抜け毛予防に活用しましょう。

秋の味覚の代表格「サンマ」や「牡蠣」は、必須アミノ酸が豊富な食材。他、大豆食品、乳製品も良質なタンパク質を含んでいます。

忙しい日々を送っていると、食事を作るのが面倒ですし、食欲も落ちるのでついコンビニや外食に頼りがちになってしまいます。バランスの良い食生活が健康な身体と髪を作るということを意識し、多品目、バランスを意識したメニューへの改革をはじめてみてはいかがでしょうか。

季節性の抜け毛と薄毛の違い・判断基準

ここまで「秋は抜け毛が増える季節」という前提で、抜け毛の予防法をご説明しました。

3つの予防法を意識して、ライフスタイルの改善に取り組んで頂ければ、きっと抜け毛の改善効果を見込めるはずです。

ただし、一つだけ知っておいて欲しいことは、秋に急に進行する抜け毛全てが季節要因とは言い切れないということ。

季節性か別要因か、判断の時に目安となる本数は、1日200本。それを超える抜け毛があれば、季節性以外の要因も疑ってみる必要があります。自己判断は難しいところだと思うので、可能であれば専門機関の無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。1人で悩んでいても、なかなか状況の改善にはいたりません。

普段と異なる兆候を感じた時には、なるべく早くクリニックの診断を受けるのが、育毛成功の鉄則です。

気乗りしない気持ちはもっともですが、美容皮膚科やメディカルクリニックなど、専門機関に一度訪問し、診断を受けてみることをおすすめします。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る