薄毛になる前に予防をしよう

・AGAになる前に

AGA(男性型脱毛症)はAGA専門のクリニックに通ったり、治療薬を使うことによって進行を遅らせることは可能ですが、進行を遅らせるにも個人差がありますし、現在の医療ではAGAを完全に治療できるわけでもないため、根本的な解決はできない状態です。そのため、AGAになってしまってから対策を行うのではなく、AGAにならない、AGAになるのを遅らせるための予防が大事といえるでしょう。

 

・AGAにならないために

AGAの予防というと、常日頃から育毛剤を使ったり、クリニックに定期的に通ったりといった方法を考えがちですが、AGA予防は日常生活の改善が大切だといわれています。

栄養バランスのよい食事をとったり、良質で十分な睡眠をとること、タバコや飲酒を控えるといったことを心がけることがAGAの予防になるのです。実際、AGAになってしまった人にAGAになる前にやっておけばよかったことについてアンケートを取ったところ、十分な睡眠をとっておけばよかったという回答が一番多く、全体の30%以上になったといいます。ストレス解消、栄養バランスの良い食事といった回答も多く、ヘアサイクルが正しく行われるために必要な生活を送っていなかった人が多いという結果になっているのです。

 

・ヘアサイクルとは

髪の毛は生えて、成長して抜けるといった現象を繰り返しており、これをヘアサイクルといいます。健康な髪のヘアサイクルは、約3年から6年で、髪の毛が抜けてもそれは髪の毛が成長し終わったことであり、抜けたところからまた新しい髪の毛が生えて来て成長していきます。つまりヘアサイクルが正しく行われていれば薄毛になることはないのです。AGAは新しく生えてきた髪の毛が十分に成長せずに抜けてしまうという、ヘアサイクルが正しく行われなくなったために薄毛になってしまうことです。そのため、AGAを予防するには、ヘアサイクルが正しく行われるための生活習慣を心がけることが大事なのです。

 

・薄毛を予防する生活習慣

ヘアサイクルが正しく行われるようにするには、髪の毛によい栄養を摂り、髪の毛の成長に必要な栄養が頭皮に運ばれる健康な生活を送ることです。忙しい現代、食事は外食ばかりという人も多くいるでしょう。しかし外食が多いと、好きなものばかりを食べてしまい栄養が偏ってしまいがちです。タンパク質、ビタミン、亜鉛は髪の毛によい、AGAや薄毛予防によいといわれている栄養素です。AGA予防をするなら、これらの栄養を積極的に摂るよう食生活の改善を考えましょう。

ヘアサイクルが正しく行われるには十分な睡眠も大事です。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンは髪の毛の成長にも大きく影響しているためです。成長ホルモンは眠ってから1時間後が最も分泌され、髪の毛や皮膚などが修復されていきます。AGA予防には睡眠不足が大敵といってもよいでしょう。

喫煙は髪の毛の成長に必要なビタミンBやビタミンEを消費してしまいますし、アルコールは、脱毛を促進するDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させます。そのため過剰な喫煙や飲酒を控えることもAGA予防には大事です。

ストレス解消もAGA予防には大事です。ストレスは血管を収縮させて、頭皮に栄養が運ばれにくくなってしまうため、適度な運動をするなどしてストレス解消することも大事です。

 

・AGA予防に頭皮ケア

AGA予防には健康な生活のほかに、自分にあったシャンプーを使用して頭皮ケア、ヘアケアをすることも大事です。そして頭皮ケア、ヘアケアをするには、ケアのし方を知っておきましょう。よく汚れを落とすために頭皮に爪をたててごしごし洗ったり、シャンプーを使い過ぎて髪の毛の油を過剰に流してしまったりすると、頭皮や髪の毛が乾燥して逆に荒れてしまいます。シャンプーは指の腹で毛穴の汚れを揉んで出すように、頭皮をマッサージするようにシャンプーをすることが大事です。また育毛シャンプーの利用の有効です。育毛シャンプーには頭皮や髪の毛を保護する保湿成分が配合されているため、頭皮ケア、ヘアケアには効果的です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る