女性の育毛シャンプーの選び方

・女性の薄毛対策

薄毛というと50代や60代の男性がなるのものというイメージがありますが、薄毛は男性ばかりではなく、薄毛や抜け毛で悩む女性は増加しているといいます。女性の薄毛は男性のAGAとは異なり、妊娠や出産、ダイエットといった女性固有の理由により発生することが多いそうです。薄毛対策には、クリニックを利用したり、栄養バランスのよい食生活を心がけるといった生活環境の改善などいくつかの方法がありますが、育毛シャンプーを使って頭皮のケアを行うというのも薄毛対策のひとつです。育毛シャンプーは百貨店のほかドラッグストアなどでも入手することが可能で複数の種類があります。男性用育毛シャンプーは効果が強いことから、女性が利用すると副作用が発生する場合があります。最近は女性用の育毛シャンプーも数多く販売されているため、女性用のものを選ぶようにしましょう。

 

・育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーという名前から、シャンプーを使っていれば髪の毛が生えてくるというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし育毛シャンプーは髪の毛を増やす効果があるのではなく、頭皮の乾燥を抑えるなど、頭皮環境を整えて髪の毛が成長するのを助ける働きをするシャンプーのことです。市販のシャンプーの中には洗浄力が強く、必要以上に頭皮の皮脂を洗い流してしまい、その結果、頭皮が乾燥してしまい荒れてしまう場合があります。髪の毛が正常に成長するためには頭皮が健康な状態であることが大事です。育毛シャンプーは保湿成分が配合されていることから頭皮の乾燥をといったトラブルを防ぎ、頭皮環境を整えてくれます。育毛シャンプーは複数の種類がありますが、アミノ酸系、ベタイン系が頭皮への刺激が少なく、余分な皮脂だけを洗い流してくれるためおすすめです。育毛シャンプーの成分表でアミノ酸系、ベタイン系に成分が最後に表記されているものは少量配合されているだけの場合があります。そのため、アミノ酸系、ベタイン系の成分が2番目くらいに表記されている育毛シャンプーを選んだ方がよいでしょう。

 

・肌タイプでシャンプー選び

育毛シャンプーといっても複数の種類があり、成分も異なります。そのため育毛シャンプー選びでは、肌タイプにあった育毛シャンプーを選ぶことが大事です。例えば頭皮に刺激が少ない育毛シャンプーの中にはアルコールが含まれているものがあります。アルコールにアレルギーがある人の場合、アルコールが含まれている育毛シャンプーを使ってしまうと、頭皮環境を整えるどころか、頭皮が荒れてしまう場合があります。そのためアルコールにアレルギーがある人は成分表を確認し、アルコールフリーの育毛シャンプーを選んだ方がよいでしょう。また香料や着色料が苦手という人は香料や着色料が配合されている育毛シャンプーが避けた方がよいでしょう。シャンプーの中には加齢臭対策にメントールが配合されているものがありますが、肌タイプによっては合わない場合もあるため、注意しましょう。自分にあったシャンプー選びではパッチテストを行ってそれから使用すれば、トラブルを回避することができます。

 

・好みにあったものを利用

シャンプーは毎日使用するものですから成分だけでなく、使い心地が良いものや好みにあったものを選ぶことも大事です。また育毛シャンプーの中には、髪の毛の栄養補給ができるものもあり、より育毛効果を期待できます。殺菌・抗菌作用のあるケトコナゾールが配合されている育毛シャンプーではフケやかゆみを抑えてくれるだけでなく脂漏性皮膚炎を防ぐ効果も期待できます。配合成分によって育毛シャンプーの働きが異なるため、インターネット上の評価サイトなどを参考にして育毛シャンプーを選んでもよいでしょう。

 

・頭皮をマッサージする

育毛シャンプーを使っても、頭皮に爪を立ててごしごし洗ってしまっては頭皮環境に悪影響があります。シャンプーをするときは頭皮マッサージをするように洗うようにしましょう。頭皮マッサージをすることで頭皮の血行がよくなるため、より薄毛対策の効果を期待することができます。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る