薄毛治療に高い効果がある育毛剤はどれ? | 初期費用とメンテナンスのコストも検証

育毛剤は薄毛治療の手段としてかなりポピュラーであり、市販の育毛剤であれば費用的にも手を出しやすいため、利用人数はかなりの数です。

しかし育毛剤の種類はかなり多いため、本当に望む効果が得られる育毛剤は何なのか気になるところです。このことについてまとめてみたので、これから育毛剤を使用して見ようと考えている方は参考にしてみてください。

 

■育毛剤は何を選ぶべき?

育毛剤には様々な種類がありますが、発毛効果を得たいならばミノキシジル配合のものが良いでしょう。

そもそも育毛剤とは当時を清潔に保って毛髪が育ちやすい環境を整え、これ以上の抜け毛を防ぐ効果を得るものです。そのため、血行を促進させて細胞に栄養を行き渡らせて毛包を活性化させ、新しい髪が生えることを促進する効果を得る効果とは異なるといえます。

ミノキシジルは厚生労働省が認可している髪を生やす効果がある成分であるため、ミノキシジル配合の育毛剤は厳密には発毛剤といえます。

以上のことから、育毛剤は医薬品であるためどれもある程度の効果は見込めますが、発毛を促す薄毛治療をしたいならミノキシジル配合のものが良いでしょう。

 

■ミノキシジルの薄毛治療効果

ミノキシジルはもともと高血圧症の治療薬として利用されていた医薬品で、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。

このことから血行促進によって毛髪に栄養を届けやすくする作用があるものとして、薄毛治療に利用されるようになりました。

また、ミノキシジルは毛母細胞を活性化させて新しい毛髪を生成する効果も期待できます。

これらの作用は厚生労働省にも認められており、日本で唯一毛髪を生やす医薬品成分として認可されていることからも、薄毛治療効果は高いと考えられます。

 

■育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤のメリットは初期費用が自毛植毛などよりも安く、月々の費用の負担が少なくて続けやすいことです。薄毛治療は継続することが重要であるため、無理なく継続できる費用というのは大きなメリットだといえるでしょう。

デメリットとしては頭皮のかゆみやかぶれが起こるケースが稀にあり、発毛効果のあるミノキシジル配合の場合は頭痛や動悸、抑うつ感などは症状として現れることもあります。ただし、こういった副作用が現れるのはかなり稀なので、心配し過ぎる必要はないでしょう。

 

■ミノキシジル配合の育毛剤の費用

ミノキシジル5%配合の育毛剤はミノキシジル1%配合のものよりも数千円ほど値段が高くなりますが、より高い薄毛治療効果が期待できることを考慮すると、そこまで高いわけではありません。

育毛剤に毎月7,000円前後の出費ができるのであれば、ミノキシジル5%配合の育毛剤を利用した方が良いと考えられます。

また、考える必要があるのはメンテナンスにかかる費用です。育毛剤の効果を得るには年単位で使い続ける必要があり、10年で90万円近くの出費をすることになります。

それに対して自毛植毛は500株植える場合は約65万円の初期費用がかかりますが、1回施術すればメンテナンスは必要ありません。

薄毛治療の場合は年単位での出費を考慮して、育毛剤で治療するか他の方法で治療するかも考えた方が良いでしょう。

 

■薄毛治療におすすめの育毛剤

育毛剤の中にはミノキシジル配合ではない医薬部外品のものも多くあります。発毛を促して薄毛治療を行いたいなら、以下の挙げるミノキシジル配合の育毛剤を選ぶことをおすすめします。

ご紹介する育毛剤にあるリアップリジェンヌは女性用です。男性用の育毛剤は女性には強すぎるので、女性の方はリアップリジェンヌの使用をおすすめします。

 

(ミノキシジル5%配合)

・スカルプDメディカルミノキ5(アンファー)

・ラボモ ヘアグロウ ミノキシ5(アートネイチャー)

・リアップX5プラスローション(大正製薬)

・リグロEX5(ロート製薬)

 

(ミノキシジル1%配合)

・リアッププラス(大正製薬)

・リアップジェット(大正製薬)

・リアップリジェンヌ(大正製薬)

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る