「もしかして若ハゲ?」若ハゲの原因と早期に実行したい対策3選

薄毛は男女問わずコンプレックスになるもので、比較的若い年齢層で発症する若ハゲで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。また、「なんだか毛が薄くなってきた気がする」や「抜け毛が多い気がする」など、若ハゲを不安に感じている方も少なくありません。

若ハゲはできる限り早めに対策をすることが進行を抑える秘訣なので、「おや?」と思った段階で対策をした方が良いといえます。

そこで今回は若ハゲに悩んでいる方や不安に感じている方のために、若ハゲになる主な原因と、今日からできる対策について解説します。

 

■どこからが若ハゲなのか

AGAを含む若ハゲで悩む日本人男性は多く、3人に1人は発症するともいわれています。こんなことをいわれるとドキッとして「もしかして自分も?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところどこからが若ハゲなのでしょうか?

若ハゲとはAGA(男性型脱毛症)とよばれるもので早い人であれば10代や20代から発症する方もおり、比較的ゆっくりとしたスピードで進行します。

タイプは大きく分けて頭頂部からハゲるO字型と左右のこめかみからハゲてM字のようになるM字型、額が全体的に後退してハゲるU字型の3つがあります。

まだいずれの症状も出ていない方は、以下に挙げるチェックポイントに当てはまるものがないか確認してみてください。

 

①抜け毛の量が増えた。
②髪が以前よりも柔らかくなった。
③髪のハリやコシがなくなった気がする。

 

これらの項目のうち複数に当てはまった場合は若ハゲ候補生の可能性があるので、早いうちに対策をしておいた方が良いかもしれません。

 

■若ハゲの主な原因

日本人男性の3人に1人の割合で発症する可能性がある若ハゲの主な原因は、以下の3つが挙げられます。

 

①男性ホルモンによる脱毛

男性ホルモンのテストステロンは毛乳頭にある酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンが若ハゲの原因になるとされています。

 

②強いストレスを抱えている

過度なストレスは健康によくないといわれていますが、髪の毛にも悪影響を与えます。強いストレスを抱え続けることで血行不良が起こると頭皮環境も悪くなり、毛髪に十分な栄養が届かなくなり、毛髪が細くなったり抜け毛が多くなるといったことが起こりやすくなります。

 

③不規則な生活習慣

睡眠不足や栄養バランスが偏った食生活、運動不足などは頭皮の栄養不足や血行不良を招き、ホルモンバランスの乱れにも繋がります。こういった不規則な生活習慣が要因となって、若ハゲが促進する可能性があります。

 

■若ハゲ対策①生活習慣の改善

若ハゲ対策をするならば、生活習慣の改善は欠かせません。これはできないと頭皮ケアや育毛剤を使っても十分な効果は得にくいので、まずは不規則な生活習慣を整えましょう。

食事は毛髪に悪影響を与える糖分や脂肪は控えて、タンパク質とビタミン、ミネラルを意識して取るようにしましょう。

睡眠は24時までに寝て、6時間の睡眠時間をとることが理想的です。

お酒やたばこは若ハゲの原因になるので、控えた方が良いでしょう。

 

■若ハゲ対策②頭皮環境を整える

頭皮が皮脂やホコリなどで汚れていると、健康な毛髪が育ちにくくなってしまいます。ただし、洗い過ぎは必要な皮脂まで洗い流してしまって頭皮の潤いがなくなり、フケの原因にもなるので、ほどほどにするのが大切です。

シャンプーは育毛シャンプーを使い、指の腹でマッサージするように洗うと良いでしょう。

 

■若ハゲ対策③育毛剤でケアする

育毛剤は先に紹介した2つの対策を行ったうえで使用すると、何もしないよりも大きな効果が期待できます。抜け毛の減少や髪質の改善、ボリュームアップが実感できるのは育毛剤を使用し始めてから数か月から半年はかかるので、根気よく続けるようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る