AGAの予防には

■AGAとは

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、成人男性に多いといわれている男性型脱毛症のことです。AGAを発症すると、髪の毛が十分に成長しなくなり、成長する前に抜け落ちてしまうため、髪の毛のボリュームがなくなり、そして髪の毛が抜け落ちた部分では頭皮が見えてしまう状態になります。AGAは成人男性の4人に1人がAGA、またはAGA予備軍といわれており、AGAは進行性のため、放置しておくと抜け毛がますます増えて頭皮の地肌がむき出しになっていきます。AGAは加齢とともになるというイメージがありますが、20代から発症する場合もあり、必ずしも若いから大丈夫ということはないのです。

 

■AGAになる原因

AGAになる原因は従来より遺伝子要素が強く影響していることはわかっていますが、そのほかにも栄養が偏った食事や不規則な生活、喫煙や飲酒などが原因となる場合もあり、AGAを発症させる要因は様々です。

AGAの発症には男性ホルモンが大きく影響しているといわれています。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンという成分に変化します。ジヒドロテストステロンは精液の量を増やすなど、生殖機能について重要な働きをしているのですが、一方で毛母細胞の活動を抑制してしまいます。そのためAGA発症の原因といわれているのです。「ハゲは性欲が強い」といわれますが、それはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きによるものです。5αリダクターゼという酵素が多いか少ないかは遺伝によるものといわれています。また5αリダクターゼは生え際や頭頂部の毛乳頭に存在します。そのためAGAを発症すると、髪の毛の生え際から進行し、頭頂部が薄くなり地肌が見える状態になるのです。

 

■喫煙、飲酒による影響

適度な喫煙や飲酒はストレス解消になります。ストレスは血行不良の原因のひとつであり、血行不良は薄毛の原因のひとつですから、喫煙や飲酒は絶対に悪いとはいえないでしょう。しかし、喫煙や飲酒が量を過ごすと血流不良の原因になります。血行不良となると頭皮の毛細血管に栄養が十分に運ばれなくなってしまうため、髪の毛が成長するため必要な栄養が不足して髪の毛が十分育たなくなってしまうのです。また喫煙や飲酒は髪の毛の成長に必要な亜鉛といったミネラルを消費してしまいますし、同じく髪の毛の成長に必要なタンパク質を合成する肝臓に負担をかけてしまいます。常習的な喫煙、飲酒はAGA発症のリスクを高めますし、加えて喫煙や飲酒によってAGAが進行したケースも報告されているため、控えた方がよいといえます。

 

■頭皮環境を整えてAGA予防

AGA予防対策は日常環境の中でできるものも多いため、積極的に行っていきたいものです。AGA予防は頭皮環境を整えることが大事です。頭皮環境を整えるには栄養バランスのよい食生活が大事です。様々な栄養素の中でも髪の毛の成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルは積極的に摂るようにしましょう。また頭皮環境を整えるには生活習慣の見直しも重要です。不規則な生活は頭皮の血行不良の原因になるため、十分な睡眠をとり、喫煙、飲酒を控えて規則的な生活を心がけるようにしましょう。

肥満は血行不良の原因のひとつです。また筋肉は血液を押し出す働きがあるため、筋肉量の低下は血行不良を招くことになります。定期的なスポーツを行って肥満と筋肉量の減少を抑えるようにしましょう。

頭皮環境を整えるには、シャンプーも重要です。保湿成分が配合されているシャンプーを使って頭皮の乾燥を防いだり、すすぎを十分に行って頭皮に汚れを残さないようにするなど、正しいジャンプ―は頭皮環境の維持に繋がります。

 

■AGAの進行予防

すでにAGAを発症している場合、放置しているとAGAはどんどん進行していきます。そのためAGAを発症している場合は進行を抑えることが大事です。進行を抑える方法として育毛剤を利用する方法があります。育毛剤には髪の毛の成長を助ける成分が含まれており、フケやかゆみといった頭皮のトラブルの予防にもなります。なお育毛剤はすぐに効果が出るものではなく、数か月間、継続的に利用する必要があります。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る