若ハゲの定義は何歳からでおでこの広さは何cm?

10代など青春を謳歌している時は薄毛のリスクなどどこ吹く風で、勉学や友人と過ごす時間などに集中していた方が大半でしょう。

しかし、社会人になり、20代30代と年を重ねていったある時にふと「髪のボリュームが減っている気がする」と気付く時を迎える方も大勢いらっしゃいます。

そこで多くの方が疑問に思うのが、何歳からが若ハゲであり、おでこの広さがどの段階に達した時に薄毛なのかなどといったことです。

そこで今回は、これらの疑問についてお答えするとともに、アジアにおける薄毛や若ハゲについても解説していきたいと思います。

 

■薄毛のおでこの広さはどれくらい?

薄毛なのか薄毛じゃないのかの境界線は、おでこの広さである程度判断されるようです。

また薄毛と判断されるおでこの広さの基準は、実は年代によって差があるのですが、4,700名を対象に薄毛と感じるおでこの広さを答えてもらう調査を行った結果、2018年は眉上6cmのおでこの広さが最も多い回答でした。

それに対して2019年は眉上7cmで薄毛と答える方が2018年より多いので、ある意味で薄毛に寛容になったともいえるのですが、2014年と比較すると眉上4cmのおでこの広さで薄毛を気にする方も増えているという事実があります。

男性化粧品など男性の美意識は年々高まっている傾向があるので、2020年以降は眉上4cm程度のおでこの広さで若ハゲを早期に意識する男性の数が増えていくかもしれません。

 

■何歳からの薄毛が若ハゲなの?

若ハゲの定義については何歳までが若いといえる年齢なのかについて個人差があるので、明確なことをいうのは難しいのですが、1つの考え方としてだいたい20代から40代の薄毛なら若ハゲといって良いと思います。

ただ確かなことは、薄毛対策に関する意識調査において、40代の方よりも20代や30代の方の方が薄毛に対する意識が高く、早期に対策をするべきだという考え方があることです。

これも結果も、男性の外見に対する美意識が高まっている傾向が一つの要因になっているかもしれません。

理由は何であれ、薄毛対策は早期で始めるに越したことはないので、これは良い傾向なのではないかと考えられます。

 

■アジアの薄毛率No.1は「日本」

アジアで最も薄毛率が高いのは残念なことに、日本であるという調査結果が出ています。

また、先進国ほど薄毛率が高い傾向があるともいわれています。

確かに先進国は様々なものが便利である反面ストレスも多く、日本もストレス社会だといわれています。そのストレス社会を生き抜くために皆懸命に頑張っているのですが、その頑張りが薄毛や若ハゲに反映されるというのは、なんとも不条理ですよね。

しかし、先進国には技術があり、日本には技術力を駆使した薄毛対策があります。

では、薄毛や若ハゲに悩む方々はどのような薄毛対策を行い、それに対してどれ程の費用をかけているのでしょうか?

 

■薄毛対策の方法とかける費用

薄毛対策には通院による投薬治療や注入治療、自分の毛根を患部に移植する自毛植毛などの方法がありますが、育毛剤や発毛剤、スカルプシャンプーなどで対策を行う方がかなり多くいらっしゃいます。

また、薄毛対策にかける、またはかけてもよいと思う費用は驚いたことに20代男性が最も多く、5,500円以上という回答でした。

このことから、男性は比較的若い年齢から若ハゲに対して危機意識を持っていることが伺えます。

 

■育毛剤でだめなら通院を推奨します

若ハゲや薄毛に対抗しようとする研究努力は目覚ましく、アルガス-3という従来の薄毛に効果があるといわれているミノキシジルなどよりも効果が高い成分も発見されています。

そのため、若ハゲ対策をしたい方は普段の生活習慣を気を付けるとともに、アルガス-3を含んだ育毛剤を使用すると効果があると考えられます。

ただし、どんなに自力で頑張っても効果があまり感じられないなら、専門の医療機関に一度検診に行き、自分に最も適している薄毛対策を知って治療を開始することを推奨します。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る