女性の薄毛リスクは毛根以外の4ポイントからもアプローチしよう

薄毛に悩む女性は40代や50代になると徐々に増えてくるといわれています。また、ストレス社会というだけあって仕事や普段の生活でも受けるストレスは多く、それによって20代や30代など比較的若い年齢の方でも薄毛に悩む女性は増加傾向にあります。

そのため、女性の場合は薄毛リスクに対して毛根のケアだけではなく、他の面からもアプローチをすることが重要です。

では、女性の薄毛リスクはどうやって対策をとれば良いのでしょうか?

今回はこの疑問に対して、詳細に解説していきたいと思います。

 

■薄毛リスク対策は体づくりが基本

女性の薄毛リスクが高まるのは、生活習慣やストレスなどによってホルモンバランスが崩れて、女性ホルモンの働きが鈍くなってしまうことや、分泌量が減ってしまうことが影響していると考えられます。

つまり、女性の薄毛リスクは毛根だけが原因ではないということです。

このことから、女性が薄毛から解放されるためには女性ホルモンの分泌を促す生活習慣で、毛髪が元気に育つ体づくりが鍵となります。

では、毎日様々なヘアスタイルを楽しむことができるボリュームがある、かつハリとコシとツヤがある美しい毛髪を育てるためには、何を意識すれば良いのでしょうか?

女性が薄毛リスクをできる限り抑えて育毛するためには、次の4つのポイントを意識することが効果的です。

 

①食事

②睡眠

③運動

④ストレス

 

それでは次からは、女性の薄毛リスクを抑える4つのポイントについて、それぞれ解説しています。

 

■薄毛回避ポイント① 食事

普段の食生活で甘いお菓子やスパゲッティやパンなどの炭水化物、唐揚げやラーメンなどの脂肪分がおおいものをよく食べてはいないでしょうか?

また、野菜は緑黄色野菜よりもレタスなどの淡色野菜が多かったり、お酒を飲む量や機会が多いなどといったことはないでしょうか?

これらのことに該当する場合は、毛髪が元気に育つために必要なビタミンやミネラル、タンパク質が不足している可能性があります。

普段の食生活を見直すとともに、間食はナッツに置き換えてみることや、お酒はゆっくり飲むことを楽しんで量を抑えるなどといった工夫をすることも有効です。

 

■薄毛回避ポイント② 睡眠

女性ホルモンは睡眠をしっかりとることで分泌されるとともに、傷ついた細胞の回復も促され、薄毛リスクを軽減できるようになります。

そのため、睡眠時間をしっかりとれているか、熟睡できているかを意識することが重要です。

仕事の都合で睡眠時間を多く取れない場合は、特に質のよい睡眠をとれるように工夫しましょう。

寝る前のスマホをやめることと、入浴で身体の芯までじっくり温めてから寝ることをおすすめします。

 

■薄毛回避ポイント③ 運動

運動することで血行が促進され、頭皮に毛髪が健康に育つための栄養が届けられるとともに、ストレス解消にもなって女性ホルモンの分泌につながる可能性があります。

また、運動によって筋肉量がアップすれば冷え性解消や身体が引き締まるなど、女性にとって嬉しいことが満載なので、運動不足の方はぜひウォーキングや、隙間時間に体を動かすことを採り入れてみてください。

 

■薄毛回避ポイント④ ストレス

ストレスは自律神経の崩れにつながり、ホルモンバランスの乱れの原因になるので、女性の薄毛リスクの大敵です。

血圧が高めの方や、便秘などお腹の調子が悪くなりやすい方、皮脂で顔や髪がべたつきやすい方などは慢性的なストレスを受けている可能性があります。

趣味や運動に没頭する時間を作ってストレス解消をしたり、ゆっくり湯船に入るなどしてリラックスする工夫をしてみましょう。

また、もしストレスを感じる原因が職場環境などの外部要因が大きいなら、信頼できる人に相談してみることや、ストレスの原因そのものから距離を置くことも必要かもしれません。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る