薄毛予防はすぐに始めることが命|食事と有酸素運動が毛髪を守ります

多くの人の悩みの種である薄毛は、適切に対処することで予防や改善をすることが可能です。もしあなたが薄毛を心配しているのなら、できるだけ早く行動を起こすことが毛髪の命を握っています。

「薄毛予防をするために、具体的にどのような行動を起こせば良いの?」

このような疑問にお答えするために、すぐに始められる薄毛予防をお教えします。

 

■薄毛が進行する原因

薄毛が進行する原因は栄養素が偏った食事やアルコール過剰摂取などの生活習慣の乱れや、睡眠不足やストレス、頭皮環境の悪化によるヘアサイクルの乱れが原因であるとされています。

また、男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンが多く生成されることも、ヘアサイクルを乱して薄毛を促進させる原因だといわれています。

薄毛を予防するためには、これらの薄毛の原因にできるだけ早く対処することが重要です。

 

■薄毛予防①食生活の改善

薄毛を予防するためには、日々の食生活を見直して毛髪に悪い健康状態を改善することが効果的です。

毛髪は主にケラチンというタンパク質で構成されているため、肉や魚、大豆製品や乳製品などの食品を摂取するようにしましょう。

また、毛髪が健康に育つためには亜鉛などのミネラルやビタミン類を不可欠であるため、野菜やレバー、ナッツ類なども適量を摂取することを推奨します。

また、毛髪に良い栄養素を多く含む海藻類も意識して食べると良いでしょう。

ただし、食生活はバランスが非常に重要であるため、紹介した食品だけを重点的に食べるのではなく、あらゆる食品をまんべんなく食べることが大切です。

一方で甘い物やジャンクフードなどといった糖分や脂肪分、塩分を多く含む食品は皮脂の過剰分泌や血行不良を促進して頭皮環境を悪化させるため、毛髪がやせ細って薄毛が進行する原因になることから、なるべく控えることが毛髪を守ることにつながります。

 

■薄毛予防②有酸素運動

薄毛予防には、ランニングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。走ることが厳しければ、ウォーキングでも問題ありません。

有酸素運動は全身の血行を促進することで頭皮の血行も良くなり、毛髪に元気に育つための栄養素が行き届きやすくなると同時に、汗をかくことで薄毛の原因となる男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンが排出できると考えられています。

また、有酸素運動には薄毛が進行する要因であるストレスを発散する効果もあります。ストレスが発散されることと適度に運動することで良質な睡眠がとれるようになり、健康な毛髪が育つ成長ホルモンがしっかり分泌されることが期待できます。

 

■有酸素運動は「朝」が最適

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は薄毛予防に効果的ですが、朝に行うとさらに効果が増すことが期待できます。

なぜなら、朝に有酸素運動をすることで睡眠中に下がっていた体温が上昇し、血行が促進されて新陳代謝が活発になるからです。

また、朝は昼よりも気温が低いため、特に気温が高い夏などは朝に有酸素運動した方が体の負担が少ないと考えられます。

さらに、朝に有酸素運動を行うとストレス発散や生活習慣の改善につながる他に、1日を気持ちよくスタートさせることができるので、心身ともに健康に過ごすことにも有効です。

 

■薄毛予防は無理なく継続すること

有酸素運動は朝に行うことが特に効果的だとお伝えしましたが、仕事の都合や生活リズムなどによって朝に時間を確保することが難しい方もいらっしゃると思います。

その場合は朝にこだわる必要はありませんし、必ず毎日行わなければならないわけでもないので、自身の生活リズムに合わせて運動するようにしてください。

有酸素運動も食生活の改善も頑張りすぎて続かないよりは、できる範囲から始めて続けることが大切です。

継続は力なりという言葉があるように、薄毛予防は一時的に頑張るのではなく、無理なく継続して生活習慣の一部とすることが体質改善につながり、毛髪が元気に育って維持できる土台を作ることに非常に有効であることを覚えておいてください。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る