サプリメントで薄毛対策

・様々な薄毛対策

薄毛対策には専門のクリニックを利用したり、育毛剤や発毛剤を利用したり、髪の毛によいといわれる栄養素を積極的に摂取するようにしたり、飲酒やタバコなど育毛に悪影響のある行為を控えたり、頭皮マッサージを行ったりと様々な方法があり、自分にあった対策を行うことが大事です。

そんな薄毛対策にはサプリメントを利用する方法もあります。美容や健康のためにサプリメントを栄養補充として利用する人が多いでしょう。薄毛対策についても手間がかからず効果的に薄毛対策ができる方法としてサプリメントの利用が注目されています。

 

・育毛サプリとは?

最近は市販されていたり、通販サイトなどでも入手することができること、そして医薬品とは異なり副作用のリスクが少ないことから注目されているのが育毛サプリです。育毛サプリには発毛、育毛に必要なアミノ酸やビタミン群、亜鉛といった栄養素、そして薄毛の原因のひとつであるホルモンバランスを整えるための成分が含まれており手軽に使用することができるところが大きなメリットです。薄毛対策には頭皮マッサージを行ったり、栄養バランスを考えた食事をするなど様々な対策がありますが、仕事で疲れてマッサージを行うのが面倒になったり、外出が多いため栄養バランスのよい食事を摂ることが難しいなど持続して行うことが難しいという人も多いでしょう。

しかし、サプリメントであれば、手軽なため継続して行うことが易しいといえます。なお、サプリントは医薬品に比べて副作用のリスクが少ないとはいえゼロではなく、体質などによって副作用やアレルギー症状がでる場合があります。そのためサプリメントを利用する場合は容量を守って利用することが大事ですし、使用にあたってクリニックで相談をしてもよいでしょう。クリニックではより医療品質の高いサプリメントの紹介を受けることもできます。

 

・食べる育毛剤、飲む育毛剤

ホームケアで薄毛対策を行うとき、その方法として育毛剤を使う人が多くいます。育毛剤というと頭皮に塗るものをイメージしますが、そんな育毛剤によるホームケア事情に一石を投じたといわれているのが食べる育毛剤、飲む育毛剤です。育毛サプリには頭皮や髪の毛の育成や保護に有効な成分が配合されていますが、医薬品に比べて含有量が小さく、その分副作用のリスクは少ないのですが、希望する効果を得られない場合もあります。

しかし食べる育毛剤、飲む育毛剤では、国が定める臨床試験をクリアして薄毛の改善が確認されている育毛素材のプロペシアといった成分が含まれるものなどがあり、高い効果を確認できていることもあって注目されています。

AGA(男性型脱毛症)は血液中のテストステロンという男性ホルモンと5α-リダクターゼという酵素が結びついてできるDHT(ジヒドロテストステロン)によって発症しますが、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は5α-リダクターゼの働きを抑えて抜け毛を防ぐ働きがあるため効果が期待できるのです。

 

・育毛剤の副作用

食べる育毛剤、飲む育毛剤は薄毛に対して高い効果が得られる反面、副作用もあります。例えばプロペシアは薄毛に対して高い効果が確認されている反面、男性ホルモンに影響を与えることから性機能不全、肝機能障害、精神障害、睾丸・精巣の痛みやかゆみ、乳房障害といった副作用が確認されています。また飲む育毛剤の中には血管を拡張する作用のあるミノキシジルという成分が含まれているものがありますが、ミノキシジルには毛母細胞を活性化させる働きがあることから発毛効果を期待することができる反面、心室肥大、多臓器不全、心外膜炎、低血圧、動悸、頭痛、めまいなどといった副作用が確認されています。

 

・育毛サプリと育毛剤の併用

より効果的な薄毛対策として育毛サプリと育毛剤を併用する人も少なくないようです。育毛サプリは副作用のリスクが少ない反面、大きな効果を期待することができませんが、育毛サプリという体の内側からのケアと育毛剤という体の外からのケアを行うことによってより効果を期待することができます。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る