頭皮へのダメージないヘアケア

・正しいシャンプーが薄毛予防に

頭皮の汚れは臭いや薄毛や脱毛の原因になるため、毎日シャンプーして頭皮を清潔していればよいと思っている人は多いようです。確かに、分泌された皮脂やホコリ、整髪料などを洗い流して頭皮を清潔にしておくことは大事です。しかし、頭皮をゴシゴシ洗いするなど、シャンプーの仕方によっては薄毛対策どころか薄毛の原因になったり、薄毛を促進してしまう場合があります。正しいシャンプーの仕方を実践することが薄毛対策、薄毛予防になります。

 

・シャンプーで頭皮にダメージ

毛穴に詰まった皮脂を落とすことが薄毛対策になると考えている人は多いのではないでしょうか。皮脂とは毛穴から分泌される油のことで、ニキビの原因にもなるため美容にとっては大敵です。しかし頭皮にとって皮脂は大敵ではなく、むしろ頭皮を守るために必要なものなのです。

頭皮にとって皮脂はバリアのような効果があり、頭皮の表面を皮脂が覆っているため紫外線などから頭皮が守られているのです。そのため洗浄力の強いシャンプーを使ったり、ゴシゴシ洗いをして頭皮を必要以上に洗い流してしまうと、頭皮にダメージを与えることになってしまいます。頭皮の健康状態は髪の毛の育成に大きな影響がありますから、頭皮の健康を保つには皮脂を取り除き過ぎないことがポイントです。

最近は、スカルプシャンプーといった頭皮を保護するための保湿成分が配合されているシャンプーも数多くあるため利用してみてもよいでしょう。スカルプシャンプーを利用してもゴシゴシ洗いをしていては頭皮を傷めてしまうため、洗い方も頭を揉みマッサージをするように洗うようにしましょう。

 

・頭の臭いが気になる場合

頭の臭いについても、頭皮に皮脂が残っていたり、毛穴に皮脂が詰まっていることが原因と考える人が多いようです。しかし臭いの原因も皮脂にあるのではなく、シャンプーの仕方に問題がある場合が多いのです。

シャンプーで皮脂を取り過ぎると、皮脂は頭皮を守るために多く分泌されるようになります。そのため髪の毛をよく洗っているのに、髪の毛や頭皮が油っこいという状態になるのです。過剰に皮脂をとってしまい、頭皮が荒れてしまうと常在菌バランスか崩れて臭いを発するようになったり、炎症を起こしてしまう場合があります。炎症などによってかゆみが生じると、ついつい頭皮をかいてしまい、その結果、頭皮に深刻なダメージを与えてしまう場合もあります。

髪の毛の臭いが気になる場合はシャンプーを変えてみてもよいでしょう。炎症やかゆみがある場合は、さらに悪化する前に医者にかかることをおすすめします。

 

・ドライヤーの熱で薄毛が促進

髪の毛を濡れたままにしていると雑菌が繁殖してしまうため、髪の毛や頭皮の健康維持にはドライヤーで髪の毛を乾かすことは大事です。しかしドライヤーも使い方によっては薄毛を促進してしまう場合があります。髪の毛の表面はキューティクルによって守られていますが、キューティクルは壊れやすく、約70度の熱で壊れてしまいます。

そのため髪の毛を早く乾かしたいからといって髪の毛にドライヤーを当て過ぎていると、キューティクルが壊れてしまう場合があるのです。キューティクルは修復することができず、壊れたところから髪の毛の中のタンパク質が流れ出すようになってしまいます。髪の毛の生育に必要なたんぱく質が流れてしまうことによって、髪の毛がやせ細り、その結果、髪の毛のボリュームがなくなってしまうのです。髪の毛のボリュームがなくなると、薄毛が進行しているように見えてしまいます。

ドライヤーは髪の毛から30cmくらい離して、一か所に熱風が当たらないように、ドライヤーの風で髪の毛を吹き飛ばすようなイメージで使うようにしましょう。

 

・お湯シャンの意外な効果

頭皮を改善することができる注目されているのはお湯シャンです。お湯シャンとはお湯だけで髪の毛を洗うことです。シャンプーを使わないため汚れが落ちるかが気になるところですが、洗う前によくブラッシングすることによって汚れを落とすことができます。

お湯シャンはシャンプーに含まれる成分によって頭皮が荒れてしまうリスクを回避し、頭皮の改善が期待できる方法ですが、お湯シャンをしてもすぐに頭皮が改善されるわけではなく、頭皮が回復するためにはある程度の時間が必要です。またいきなりシャンプーを辞めるのが気持ち悪いという人もいるでしょう。その場合は2日に1回、3日に1回とだんだんとシャンプーの回数を減らしてお湯シャンに切り替えていくとよいでしょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る