効果的な薄毛対策とは

・育毛サロンで薄毛は解消する?

薄毛対策には育毛サロンや病院を利用する方法や育毛剤を使って独自に対応する方法など、いくつかの方法あるためどの方法が高い効果が得られるのか、自分にあっているのか悩むところです。どの方法もメリットとデメリットがあるため、それぞれのメリット、デメリットを知った上で検討してみましょう。育毛サロンや病院を利用した場合のデメリットはなんといっても治療費がかかるところです。そして治療費に見合った効果が得られるという保証はないため、大きな治療費をかけたものの、希望通りの効果を得ることができなかったということもあります。一方で育毛サロンや病院を利用したことによって薄毛の原因がはっきりして余計な時間をかけずに有効な対処法を実行できるというのは大きなメリットといえるでしょう。原因に対する有効な対策を行うことによって大きな効果がみられる可能性もあります。

 

・育毛剤を使うメリット

薄毛対策というと、育毛サロンや病院を利用するよりも育毛剤を利用して独自に対処する人が多いようです。その理由は育毛サロンや病院を利用するよりも安価に薄毛対策を行うことができるほかに、育毛サロンや病院の利用を人に知られるのが恥ずかしい、育毛サロンや病院に通うこと事態が恥ずかしいという理由もあるようです。育毛剤を使ったケアであれば人に知られずに薄毛対策を行うことができますし、自宅でリラックスしながら実行することができます。しかし育毛剤を使った対策も、効果が保証されているわけではなく、メリットばかりではなくデメリットもあります。

 

・育毛剤を使うときの注意

育毛剤での薄毛対策は、育毛サロンや病院に通うよりハードルの低い対策といえますが、メリットばかりではなくデメリットもあるため注意も必要です。育毛剤は化粧品や栄養ドリンクなどと同じ医薬部外品です。医薬品である発毛剤に比べて効果の高い有効成分が含まれていない分、副作用のリスクは少ないといえますが、その分、過剰な期待はできないといえるでしょう。そして育毛剤を使えば誰でも効果を得られるわけではなく、体質などによっては効果が得られない場合もあります。

 

・薄毛対策に人気のミノキシジル

薄毛対策を考えている人はミノキシジルという成分のことを耳にしたことがあるでしょう。ミノキシジルは高血圧の人のための血管拡張剤として開発された成分です。しかし、髪を育成する効果が認められたため、薄毛の治療薬としても利用されています。ミノキシジルは1980年代に認可されて、現在、世界90か国以上で育毛剤に使用されており、日本でも育毛剤の有効成分として使用されています。薄毛の原因のひとつは毛根の血管の収縮です。血管が細くなることによって髪の毛に栄養が運ばれなくなってしまうのです。そのためミノキシジルによって血管を拡張すれば、髪の毛を作る毛乳細胞や毛母細胞に栄養が行き届くようになり、その結果育毛が促進されます。

ミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類がありますが、発毛剤、育毛剤に使用されているのは外用薬の方です。ミノキシジルは男性の薄毛・脱毛だけでなく、女性の薄毛・脱毛にも効果があるため、女性用の育毛剤にも利用されています。

 

・ミノキシジルの副作用

どんな薬にも副作用があるものですが、ミノキシジルにも副作用があります。ミノキシジルを外用薬として使用した場合の副作用は頭のかゆみです。そのほかにも頭皮に発疹や頭皮のかぶれ、頭痛などの症状が副作用として確認されています。ミノキシジルの含有率が高くなるほど、副作用のリスクが大きくなるため、ミノキシジルが配合された育毛剤を使う場合は、いきなりミノキシジルの含有率の高い育毛剤を使わず、最初は含有率の低い育毛剤を使い、だんだんミノキシジルの含有率の高い育毛剤を使うようにした方がよいでしょう。ミノキシジルは内服薬として利用すると、より効果が高いといわれています。しかしその分副作用も強くなり、低血圧、反射性高血圧、多毛症、手足のむくみや頭痛、赤ら顔などといった症状が副作用として確認されています。そのため内服薬として利用する場合は、医師に相談した上で利用するようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る