ホタテと小松菜は育毛のゴールデンコンビ

薄毛などの髪の悩みを解決する方法は、育毛剤の使用や通院による治療がポピュラーな方法だと思います。

しかし薬品などを使う他に、普段の食事内容に手を加えたり、少し気を配ることで薄毛対策効果が期待できるのであれば、それを実践するに越したことはありませんよね。

そこで今回の記事では、薄毛対策の効果が期待できる栄養素を持った食材と料理についてご紹介していきます。

 

■食べ物で薄毛対策ができる

薄毛の原因として考えられる要因は様々ですが、食生活などの生活習慣の乱れも要因のうちの1つだと指摘されています。

特に、脂質や糖質などを多く摂取する偏った食生活は皮脂の過剰分泌につながり、それが頭皮環境を悪化させて健康な髪が育つ土壌が崩れてしまい、その結果抜け毛が増えることによって薄毛が促進してしまいます。

また、栄養素の偏りは髪に必要な栄養素の不足や新陳代謝の低下につながる可能性があり、頭皮や毛髪の栄養不足や頭皮環境の新陳代謝の悪化によって、細くて弱い毛髪が増えるとともに抜け毛も多くなってしまう恐れがあります。

以上のことから分かることは、食生活を含めた生活習慣を正すだけでも、薄毛対策の効果が見込めるということです。

それでは、育毛に繋がる食材にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

■育毛なら「ホタテと小松菜」

薄毛に対する効果が見込まれる食材はいくつかあり、豆腐や納豆などの大豆製品は毛髪に必要なタンパク質を豊富に含んでいることに加えて、AGAの原因になるジヒドロテストステロンの作用を抑えるイソフラボンが豊富に含まれています。

また、血行促進効果が期待できるビタミンEを含むミックスナッツや、育毛に不可欠な栄養素であるアミノ酸を豊富に含んでいるチーズもおすすめです。

そして今回はこれらの食材に加えて、抜け毛を少なくすることで薄毛をボリュームアップさせることが期待できる育毛食材である、ホタテと小松菜について詳しく解説していきたいと思います。

 

■ホタテと小松菜の育毛効果

ホタテと小松菜には、タンパク質など髪が健康的に育つために必要な栄養素が豊富に含まれています。

髪はケラチンというタンパク質でできており、細胞が活発に細胞分裂することによって発毛して育っていきます。

つまり、髪のもとである毛母細胞の新陳代謝が活発になれば、健康な髪を育成することができるということです。

さらに、髪を増やすためにはタンパク質の他に、亜鉛や鉄分などが必要です。

ホタテは亜鉛を豊富に含んでおり、小松菜は鉄とビタミンAを豊富に含んでいるため、元気な髪を育てるためのゴールデンコンビだともいえます。

 

■嬉しいホタテの栄養素

ホタテはタンパク質や亜鉛の他に、コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できるタウリンも多く含んでいます。

頭皮や髪が必要とする栄養素は血液が運ぶため、血流が悪いと栄養不足によって抜け毛の増加につながってしまいます。

ホタテは、この問題を解消するためにもピッタリの食材だということです。

また、ホタテは低カロリーかつ高たんぱくであるため、髪がツヤツヤになる可能性があることに加えて、新陳代謝が上がることで太りにくい体になるという嬉しい効果も期待できます。

以上のことから、外食の際にホタテを使ったメニューがあれば、ぜひ注文してみてください。

 

■育毛効果が見込める料理

育毛効果が見込める料理としておすすめしたいのが、ホタテと小松菜をごま油で炒めた料理です。

ごま油に含まれているセサミノールは抜け毛を予防する効果があるといわれており、毛根に栄養を届ける役割があるビタミンEも豊富に含んでいます。

そのため、髪が元気に育つために必要な栄養素であるタンパク質や亜鉛を豊富に含んでいるホタテと、髪が元気に育つことをサポートする鉄とビタミンAを豊富に含んでいる小松菜、そして抜け毛予防が期待できるセサミノールがたっぷりのごま油を炒め合わせた料理は、少量でも育毛効果を期待することができます。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る