女性の老け髪の原因は女性ホルモンにあった!その解決法を伝授します

薄毛は男性特有のものだと思ってはいませんか?

実は薄毛に悩む女性は珍しくなく、比較的若い年齢の方にもいらっしゃいます。

 

「最近抜け毛が多くなった気がする」

「分け目から地肌が見えるようになってきた」

 

など、ふとしたきっかけで薄毛に気付く方が多い印象があります。

もしかしたら自分も薄毛かもしれないと不安に思う方や、早期に対策をしておきたい方のために、女性の薄毛の原因や対策について解説していきます。

 

■女性の薄毛の原因「老け髪」

女性の薄毛の原因は主に、髪が衰える老け髪にあるとされています。

老け髪には、次に挙げるような特徴があります。

 

・髪が細くなった

・以前に比べてボリュームが減った

・髪がパサついている

・髪がうねっている

・頭皮の乾燥が気になる

・皮脂が気になるようになった

・抜け毛が増えたように感じる

 

これらの特徴に多く当てはまるほど、老け髪の可能性が高いといえます。

では、なぜ女性の薄毛につながる老け髪になってしまうのか、その原因を紐解いていきましょう。

 

■老け髪の原因①生活習慣の乱れ

女性の老け髪の原因は様々な要因が考えられますが、主な原因として生活習慣の乱れが考えられます。

多少の不規則な生活であれば体調不良になることはないかもしれませんが、乱れた生活習慣が長期間続くと疲労が蓄積してしまいます。

そして、蓄積した疲労がピークに達すると、体が限界であるサインとして抜け毛が増えるケースがあります。

また、偏った食生活や慢性的な睡眠不足は健康状態に影響するため、頭皮や毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなることもあり、これによって抜け毛が増えてしまうことがあります。

以上のことから、最近抜け毛が増えたと感じている人は、食生活や睡眠時間、運動習慣などの生活習慣が乱れていないかチェックする必要があるといえます。

 

■老け髪の原因②女性ホルモン

老け髪の原因として、女性ホルモンの乱れを指摘する意見もあります。

実は、更年期障害の症状として薄毛が挙げられており、これは女性ホルモンであるエストロゲンと関連があるとされています。

エストロゲンは毛髪の成長に関わりがあるとされており、閉経に伴ってエストロゲンの分泌量が減少すると毛髪を育てる作用が弱くなっていき、毛髪が細くなったり、抜け毛の増加につながる可能性があります。

さらに、ホルモンバランスの乱れは自律神経など体の健康状態にも影響があるため、血行不良が起こりやすくなるともいわれています。

頭皮や毛髪が健康であるために必要な影響は血液から運ばれるため、血行不良になってしまうと頭皮や毛髪が栄養不足となってしまい、抜け毛や切れ毛が増えることで薄毛につながりやすくなります。

また、女性ホルモンの乱れはストレスや、妊娠などの環境の変化でも起こることがあるので、普段からストレス解消や生活習慣を整えることに気を配ることが大切です。

 

 

■老け髪を進行させない方法

ここまでの解説で、女性の薄毛につながる老け髪を進行させないためには、生活習慣と女性ホルモンの乱れを正すことが重要だとお伝えしてきました。

これらの乱れを正すために効果的だと考えられることを、次に挙げていきます。

 

①タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランスのとれた食事を心掛ける。

②ストレッチやウォーキングなどの適度な運動を習慣にする。

③しっかりと睡眠をとる。

④体の負担を軽減するため、飲酒量を控える。

⑤ヘアカラーやパーマを控える。

⑥正しい方法のシャンプーを心掛ける。

⑦頭皮マッサージを行う。

 

■おすすめの女性用育毛剤

生活習慣を正すこと以外にも、女性用育毛剤を使用することでエイジングケアすることも効果的です。

気を付けるべきことは男性用育毛剤は女性には強すぎるため、女性用を選んで使用するようにしましょう。

女性用育毛剤は様々なものが発売されていますが、「スカルプDボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム」のように、女性ホルモンが配合された育毛剤が毛髪のエイジングケアとしておすすめです。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る