夏は薄毛のリスクが多い季節、早めの頭皮ケアが薄毛対策の鍵

夏は強い日差しによる紫外線に汗など、肌にとっては過酷な季節です。

実は、夏は頭皮にとっても過酷な季節であることをご存知でしょうか?

この時期に頭皮ケアを怠ってしまうと、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

夏は肌に日焼け止めクリームを塗るなどしてケアをするように、頭皮にも夏だからこそのケアをして、万全の薄毛対策を行うようにしましょう。

 

■こんなにたくさんある!夏場の薄毛の原因

夏は腕や足などの肌だけでなく、頭皮も日差しを受けて日焼けをするため頭皮が乾燥してしまい、抜け毛が起こりやすい状態になってしまいます。

また、暑さのせいで大量の汗をかき、皮脂も過剰に分泌されやすくなるため、頭皮に汚れがたまりやすくなる傾向があります。

この頭皮の汚れが薄毛や臭いの原因であり、近年は酷暑のせいで以前よりも多く汗をかきやすいため、いつも以上に頭皮ケアに気を使う必要があります。

 

■紫外線も薄毛の原因になる

多くの人が見落としていることとして、紫外線も薄毛の原因になります。

髪は紫外線を受けることで、髪の内部の栄養が流れ出してしまい乾燥しやすくなり、ダメージを受けてしまいます。

また、海やプールの水も髪が傷んでしまう原因となります。

通常、健康的な髪は弱酸性ですが、海やプールの水といったアルカリ性のものが髪に付着するとキューティクルが開いてしまい、髪の内部の栄養が流れ出して傷んでしまうのです。

こういった夏特有の髪のダメージが薄毛につながる原因となります。

薄毛の原因となる抜け毛や髪のダメージから頭皮や髪を守るためにも、ケアは万全に行いましょう。

 

■夏の薄毛対策①紫外線対策を万全にする

紫外線から頭皮を守るために、外出する際には可能な限り帽子をかぶるようにしましょう。

また、最近は頭皮に塗る日焼け止めや髪用の日焼け止めスプレーなど、紫外線から髪や頭皮を守ることができるヘアケア商品が販売されています。

まだ利用したことがないという方は、今後の頭皮ケアのためにぜひ試してみてください。

また、開いたキューティクルをケアするために、洗い流さないトリートメントなどを利用することも有効だと考えられます。

 

■夏の薄毛対策②頭皮はスカルプケアをする

汗や余分な皮脂による頭皮の汚れやべたつきは、薄毛の原因となります。

汚れやべたつきを除去してすっきりさせるために、スカルプ系のシャンプーで頭皮をケアするようにしましょう。

スカルプ系シャンプーを使えば、必要な皮脂を残して不要な汚れを落とすことで理想的な頭皮環境を作ることができるため、頭皮ストレスを解消してスッキリするだけでなく、健やかな髪が育つ土台を作ることもできます。

また、頭皮に水分や栄養を与えることができるスカルプエッセンスなども利用するといいでしょう。

 

■夏の薄毛対策③頭皮マッサージをする

頭皮の血行不良は髪に栄養が十分に行き渡らなくなり、薄毛の原因になってしまいます。

従って、これまで述べた夏の薄毛対策に加えて、マッサージで頭皮を柔らかくして血行を促進させましょう。

また、頭皮マッサージを進めるもう1つの理由が発毛効果です。

日本医科大学形成外科や、株式会社アンファーの共同研究によると、頭皮マッサージをして毛根に刺激を与えることで、新しい髪を生やそうとする命令を発信させることができるそうです。

つまり、頭皮マッサージや育毛剤とクシを使ったケアは、薄毛対策として理にかなっていたわけです。

以上のことを踏まえて、頭皮マッサージをする時のポイントをご紹介します。

 

①指の腹に力が入るように意識する。

②爪は立てないようにする。

③頭のツボにじんわりと圧を書けるように押し、じんわりと抜くように離す

④指圧は痛気持ちいい程度にする。

⑤頭皮を動かすことを意識してマッサージする。

 

実は、夏によるダメージのストレスが表面化してくるのは秋であり、秋こそ抜け毛の危険が大きい季節だといわれています。

夏の間にいかに頭皮ケアをするかが薄毛対策の鍵となるため、ぜひとも早いうちから頭皮を労わるようにしましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る