ヘアサイクルを整えて育毛を促進!

女性の薄毛は男性より進行が遅いと言われていますが、ずっと同じボリュームを維持できるわけではありません。ここでは女性の育毛対策、年齢と抜け毛・薄毛の関係などについて説明しています。ヘアサイクルを正常化させ、育毛を促進させてください。

年齢を重ねるほど薄毛のリスクが高くなる理由とは

薄毛のリスクは年齢と比例し、年齢を重ねるほど発症率は高くなってきます。年齢とともに女性ホルモンの分泌量が減少し、それに代わって男性ホルモンの分泌が増えてきます。つまり男性の頭皮環境に近くなるため、薄毛のリスクが高くなるのです。女性の薄毛はびまん性脱毛症の割合が高く、全体的に髪が痩せ細ってきます。男性のように前頭部や頭頂部など、特定の部位だけ薄くなるケースは少ないです。FAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症は、びまん性脱毛症を指すのが一般的です。緩やかに進行していくのが特徴で、日常生活の中で気づくのは容易ではありません。気づくタイミングとして多いのは、昔の写真と比較をしたときです。例えば5年前の写真と比較して薄くなっている場合、びまん性脱毛症が進行している可能性があります。

女性の育毛の要はホルモンバランスの正常化にあり

女性の薄毛の多くはホルモンバランスの乱れが関係しているため、育毛対策の基本はホルモンバランスを整えることです。具体的には、睡眠リズムの乱れやストレス、冷え性などを解消していくことが大切です。これらはすべてホルモンバランスを崩す要因となるからです。正しい洗髪をすることはヘアサイクルを正常に導く基本ですが、これだけでは十分な対策とは言えません。髪は内側から作られるため、体内に原因がある状態だと外側からのケアはあまり意味をなさないのです。体質や体調に問題があって発生する薄毛なら、生活改善をすれば解消することが多いです。女性の育毛は男性よりずっとハードルが低く、不健康を解消するだけで解決するケースが少なくありません。

頭皮環境を整えることがヘアサイクルの改善につながる

ヘアサイクルの正常化のためには規則正しい生活が必須ですが、生活改善をしても薄毛が解消しない場合は頭皮環境の悪化を疑ってみましょう。この場合は頭皮に合わないヘアケアを行っているケースが多く、例えばシャンプーやコンディショナーが合っていない可能性が高いです。正常肌の人がオイリー肌用のシャンプーを使用すると、皮脂を取りすぎて薄毛を招くことがあります。男性の頭皮環境はオイリー肌の割合が高いですが、女性の場合は乾燥肌が目立ちます。頭皮が乾燥してバリア機能が低下することで、ダメージを受けやすくなってしまうのです。頭皮環境の改善のためにも、頭皮に合ったヘアケア用品を使用してください。

育毛対策は一日でも早く始めたほうが有利

髪が薄くなったと感じたら、すぐに育毛対策を始めてください。現在の生活に問題があって薄毛が進行しているわけですから、何の対策もしないと状況を悪化させるだけです。放置しておくほど抜け毛は増えますし、髪が細くなって全体的なボリュームが失われていきます。薄毛が進行する要因として頭皮への栄養不足もありますので、頭皮マッサージをしたり育毛剤を使用したりする方法を検討しましょう。一般的に30代~40代あたりになると、髪質の変化を感じるようになる女性が多いです。20代のころに受けたダメージが表面化してくる年代であるため、30代以降はワンランク上のシャンプーやコンディショナーに変えてみるのが得策です。

抜け毛と細い毛が気になり始めたら育毛を

閉経期は薄毛のリスクが高くなるので十分に注意してください。50代くらいになると髪全体がぺちゃっと寝てしまうケースが増えてきますが、急激に薄くなるわけではありません。30代~40代くらいから少しずつボリュームが減退し、髪質が細く縮れてくることが多いです。洗髪後の抜け毛をチェックしたとき、本数が多かったり細い毛が目立ったりしている場合は注意してください。男性ホルモンの分泌量が多い女性、体毛が濃い女性などは、早ければ30代から自覚できるレベルの薄毛が発症します。ホルモンバランスを整えるためには、女性ホルモンのような成分である大豆イソフラボンを摂取するのが得策です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る