知っておきたい若ハゲの原因はこれだった!

若いうちからハゲてしまうと、「女性にモテなくなってしまう」「髪の毛のオシャレを楽しめない」など、暗い未来が頭の中に浮かんできます。若ハゲを対策するためには原因を知ることが大切です。今回は、若ハゲの原因を5つ紹介しましょう。

慢性的なストレス

若ハゲの原因には、生活習慣の乱れが関わっていることがあります。薄毛で悩む人が増えた原因の一つに、ストレスや、夜更かしなどの不規則な生活が大きく関係しているのです。ストレスがたまっていると、交感神経が優位に働き血管が収縮され、毛根に必要な栄養が頭皮に届きにくくなってしまいます。そうすると、抜け毛や細い毛が増える原因になってしまうのです。また、ストレスが蓄積されると、ストレスに対抗するために亜鉛が消費されてしまいます。髪の毛の大部分はたんぱく質の一つ、ケラチンで構成されており、ケラチンの合成に関わるのが亜鉛です。亜鉛は髪の毛を作るのに必要な成分なので、ストレスがたまっていると髪の毛が育ちにくくなり、若ハゲの原因になります。

間違ったシャンプー法

髪の毛の汚れを落とそうと思い、何度もシャンプーを続けると、ハゲの原因になってしまうことがあります。皮脂やフケが多いからといってシャンプーを一日に何回もしてしまうと、肌の乾燥を招くことがあるのです。皮脂というのは、髪の毛を守るためのバリアーの役割をすることもあり、皮脂がないと外部の刺激から頭皮を守ることができなくなってしまうので気をつけましょう。また、洗浄力が強いシャンプーで皮脂を取り除きすぎると、髪の毛を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されることがあります。皮脂やフケが固まると、毛根に汚れが詰まり、髪の毛が生えにくくなってしまいます。間違ったケアは薄毛のもとになってしまうので、注意しなければなりません。

睡眠不足が続いている

若いうちは、夜遅くまで起きていたり、体力があるので徹夜で作業したりすることがあります。髪の毛は日中に紫外線やホコリなど、さまざまなダメージを受けています。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、髪の毛のダメージを修復したり、髪の毛の成長を促したりすることができるのです。極端に睡眠時間が短い、睡眠不足が続いている場合は、髪の毛が育たず、薄毛の原因になってしまいます。若ハゲで悩んでいる場合は良質な睡眠をとれていない可能性があるので、成長ホルモンが分泌されやすい午後22時~午前2時の間に寝ることが大切です。一日に7~8 時間寝ると、抜け毛や薄毛の予防になります。

オシャレをするために頭皮に負担をかける

10代、20代の若いころは、オシャレをするためにパーマやヘアカラーをすることも多いでしょう。ヘアカラーが頭皮に付着すると、その部分が炎症を起こして頭皮環境が悪化してしまい、強く太い髪の毛が育ちにくくなってしまいます。また、パーマは強い薬剤を使用しているので、何度もパーマ液を使っていると、髪の毛のコシがなくなり、細い髪の毛が増えてしまうのです。そして、ヘアワックスやスプレーには油分が多く含まれています。油分をきっちり洗い流さないと、頭皮に詰まって薄毛の原因になります。誰でもパーマやヘアカラーを楽しむことができますが、やり過ぎには注意しなければなりません。

偏った食生活

髪の毛は自分の食べた食事から作られています。毛髪を育てるのに必要なのには、「たんぱく質」「アミノ酸」、これらの吸収を促進する「ビタミン」です。また、亜鉛はAGA(男性型脱毛症)の原因となるホルモンを抑制することができます。髪の毛に必要な栄養が不足すると、丈夫な髪の毛は作られないので、きちんとバランスよく栄養を摂取することが大切です。栄養不足や体に負担をかける飲酒を繰り返すと、頭皮にダメージが蓄積され、薄毛を進行させることになってしまいます。また、ジャンクフードや揚げ物など、油分が多いものを摂取しすぎると、皮脂の分泌量が増加し、毛穴詰まりの原因になります。偏った食生活は若ハゲを引き起こす原因になるので気をつけましょう。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る