育毛するなら知っておきたい!コンディショナーとの深い関係。

なぜシャンプーで洗髪をしたあとに、コンディショナーを使用する必要があるのでしょうか。ここでは正しいヘアケアの方法やコンディショナーの必要性について説明しています。毛母細胞の老化を防いで、育毛を促進させてください。

ヘアケアの見直しから薄毛対策を

薄毛に悩み始めたら、まずはヘアケアを見直してみましょう。頭皮環境の乱れによる抜け毛が増えているだけなら、正常な状態に戻すのはそれほど難しくありません。洗髪はシャンプーで終わりという方は、髪質がゴワゴワになりやすいです。髪の水分が減少してキューティクルが傷つきやすくなるので、パサつきや抜け毛が増えてしまうのです。頭皮や髪の乾燥が気になる方は、シャンプー後にコンディショナーを使用してみましょう。適度な油分を与えることで保湿し、さらに髪質をサラサラにしてクシ通りをよくしてくれます。髪をとかすときに引っかかるようなら、頭皮や髪がダメージを受けている可能性大です。

コンディショナーとリンスの違いとは

コンディショナーとリンスは混同されがちですが、コンディショナーのほうが保湿力が高いのが特徴です。本来の健康な髪質に戻してくれるので、乾燥や紫外線によるダメージヘアが気になる方におすすめです。特に紫外線によるダメージは非常に大きく、頭皮の乾燥や老化を促進させます。人間の身体は乾燥した部分ほど老化が進行しやすいので注意が必要です。頭皮が受ける紫外線量は顔よりも多く、頭皮の老化を促進させて皮膚を硬くしてしまいます。薄毛とは頭皮の老化減少のひとつであるため、いかに紫外線をカットするかが重要な対策となります。

コンディショナーが含まれたシャンプー

育毛シャンプーにはコンディショナーが含まれた一体型タイプがあり、洗髪するだけで頭皮と髪にうるおいを与えることができます。乾燥肌は毛母細胞の機能を低下させる要因になるので、頭皮にやや皮脂が浮いている状態を維持させてください。オイリーでベトベトになっている状態は脂性肌に傾いており、逆に指で触っても皮脂がほとんど付着しない場合は乾燥肌になっています。特に乾燥肌は頭皮のバリア機能を低下させて、抜け毛・脱毛を促進させる要因になります。洗髪後の抜け毛が増えてきたら、シャンプーやコンディショナーを見直すタイミングです。

毛母細胞は生活習慣の影響を受けやすい

毛母細胞が死滅すると髪が生えなくなると言われていますが、毛母細胞の寿命は人間の寿命と同程度だと言われており、若くして死滅することはまずありません。それゆえ適切なヘアケアを行っておけば、何歳であっても育毛は可能です。肌と頭皮の老化のスピードは比例しますから、顔の肌質が悪化してきたと実感したら、頭皮も同じように悪影響を受けています。薄毛予防や育毛のためには、薄くならないうちから適切なヘアケアを行っておく必要があります。年齢相応のボリュームを維持することが、薄毛にならないコツです。間違った頭皮ケアを続けていると、30代くらいから薄毛のリスクが急激に高まるので注意してください。

毛母細胞を元気にすることが大事

ヘアケアの基本は毛母細胞の活性化にあり、細胞分裂を正常にすることが育毛の第一歩です。頭皮が硬くなってくると血行不良を引き起こし、毛母細胞に血液をうまく届けることができません。それにより髪質がやせ細って短くなることが多く、頭髪がスカスカになるという現象が起こります。洗髪後の抜け毛の本数に変わりはないけど、全体的に抜け毛が細いと感じるようになったら要注意です。頭皮マッサージによるヘアケアを実践し、頭皮を柔らかくしていきましょう。シャンプー前の予洗いをするときに、頭皮を指で中央に寄せたり、グルグルと回転させたりするマッサージが役立ちます。頭皮が硬い状態が続くと、毛質が産毛に近づいていくので注意してください。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る