発毛・育毛・養毛の違いを知って賢い選択を。

薄毛対策の発毛・育毛・養毛にはどのような違いがあるのでしょうか。薄毛対策で重要なのは頭皮・髪の状態に合わせたケアをすることです。ここではそれぞれの薄毛対策の特徴、医薬品・医薬部外品・化粧品の違いなどについて説明しています。

発毛・育毛・養毛を使い分けた対策を

薄毛を解消するには原因を特定し、最適な方法でケアしていく必要があります。薄毛対策には発毛・育毛・養毛があり、いずれも髪を育てるために役立ちますが、頭皮と髪の状態に合わせて使い分けていく必要があります。薄毛対策は即効性が期待できないので、最低でも6ヶ月は継続してください。ヘアサイクルは肌のターンオーバーよりも周期が遅いため、スキンケアよりも頭皮ケアのほうが実感するまでの期間は長くなるわけです。

発毛とは髪を生やすこと

薄毛対策の中で最も効果が高いのが発毛であり、髪を生やすという意味があります。生やすと聞くとツルツル状態から復活させるイメージがあるかもしれませんが、痩せ細った髪を太く長くするという意味もあります。発毛に使用されるアイテムは医療用医薬品や一般用医薬品で、医薬品であることがポイントです。つまり薄毛の進行がかなり早い、また現時点でかなり薄くなっている、という状況で発毛が必要になるわけです。発毛成分の代表格はミノキシジルで、医療用医薬品と一般用医薬品の両方で使用されていますが、前者は一般用より高濃度タイプが用意されています。一般用医薬品を6ヶ月以上使用して実感できない場合は、医療機関で医療用医薬品の処方を受けるのがおすすめです。

育毛とは髪を今より元気にすること

髪を積極的に生やすことが目的の発毛に対して、育毛は育てるという意味合いがあります。縮れて弱々しくなった髪を本来のストレートヘアに復活させたり、ヘアサイクルを正常にしたりするのが目的です。発毛と育毛は同義に解釈されることが多いですが、一般的に発毛は治療、育毛は予防を指しています。発毛は髪がすでに薄くなっている人が行うのに対して、育毛は将来の薄毛予防として行われることが多いです。そのため発毛剤より育毛剤のほうが作用は緩やかになっており、育毛剤は基本的に医薬部外品や化粧品に分類されています。もちろん髪を増やすためにも使えますが、発毛剤ほどの効果は期待できません。

養毛は頭皮に優しい薄毛対策

養毛は毛母細胞の働きを活性化させて、髪の健康を促進する意味があります。血行不良や男性ホルモンの過剰分泌を抑制し、頭皮を元気にするために役立ちます。養毛は育毛と性質が近いですが、さらに作用はマイルドです。頭皮を元気にしたり安定させたりするために役立つので、オイリー肌や乾燥肌に悩んでいる方におすすめです。効果と副作用は比例関係にあり、効果の高い医薬品には相応の副作用があります。それゆえ薄毛の症状が弱い人、まだ薄毛になっていない人などは、副作用の弱い医薬部外品や化粧品が適しているわけです。作用の弱い順番から養毛剤・育毛剤・発毛剤となるので、現在の頭皮・髪の状態に合わせて使い分けてください。

薄毛対策は守りの部分も重要

薄毛対策をしても実感できない場合は、守りの部分が不足している可能性があります。発毛剤や育毛剤・養毛剤などを使用する対策は攻めの対策であり、頭皮と髪を元気にするために役立ちます。ただ頭皮が汚れている状態で使用しても、浸透率が著しく低下してしまうのです。特に頭皮がオイリーでベタベタしている人は、薄毛対策の効果が思うように得られません。育毛シャンプーやコンディショナーを使用し、頭皮環境を整えていくことが先決です。洗髪は予洗いとシャンプー洗いの2回行い、髪を乾燥させてから発毛剤などを使用してください。塗布するときは頭皮に擦り込んだり、グルグルと回転マッサージをしたりすると浸透力がアップします。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る