お酒のつまみで薄毛予防を!

薄毛を予防するためには栄養素を考えて食事をとることが大切です。そのためお酒を飲むときのおつまみの食材も考えて、たんぱく質や亜鉛など育毛効果の高い栄養素を含んでいるおつまみを選ぶことがオススメとなります。

薄毛になる原因

薄毛になってしまう原因は様々なものが多いですが、特に大きいのが遺伝的な要因やストレス、生活習慣の悪さなどが挙げられます。
思春期以降に発症しやすいのがAGAとも呼ばれる、男性型脱毛症でこれは男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロンという物質になり、ヘアサイクルを乱すことで薄毛になります。
それ以外にもストレスなどが薄毛になるということもあります。中にはお酒を過度に飲んでいると薄毛になるという話もありますが、直接的にお酒で薄毛になるという科学的根拠はないのが現状です。しかし、お酒と一緒に食べているおつまみが薄毛をひどくしてしまう可能性は十分にあります。

薄毛を悪化させるおつまみ

薄毛を悪化させてしまう原因は、遺伝以外ではストレスなどが挙げられます。ストレスを抱えていたり生活習慣が乱れていたりするとホルモンバランスが乱れてしまいます。すると皮脂が過剰分泌することにつながり、毛穴を皮脂で塞いで頭皮環境を悪化させ、薄毛を進行させてしまうのです。
また、皮脂を過剰分泌させるのは食べ物にも原因があります。お酒と一緒にインスタント食品やファストフードを食べたり、ハムやベーコンなどの加工食品、揚げ物をおつまみにするのが好きという人は特に注意が必要で、これらは血行を悪くします。また、髪の毛を生成するために必要な亜鉛を減らし、皮脂を増やしてしまうことにつながります。
それを避けるためにも、育毛対策になる食材を取り入れておつまみを食べることがオススメです。

育毛対策になるオススメの食材

育毛効果を期待できる栄養素としては、たんぱく質や亜鉛などが挙げられます。これらを多く含んだ食材をおつまみにすることで、お酒を飲みながらも育毛対策をすることができます。
まず、髪の毛に効果的な食材としてはチーズが挙げられます。チーズはタンパク質の材料となるアミノ酸が豊富に含まれているだけではなく、ビタミンや亜鉛もバランスよく含まれているというのもオススメのポイントです。
高いチーズではなくスーパーなどで売っているチーズでも十分に効果を発揮します。
亜鉛を取り入れるのにオススメなのが牡蠣やレバーになります。どちらも亜鉛が多い食材で、髪の毛の原材料となるケラチンの合成を助ける働きがあります。

組み合わせると良い栄養素

たんぱく質や亜鉛はその栄養素だけでは、十分に育毛効果を発揮させることができないため、いろいろな食材と組み合わせることも大切です。
チーズはそのまま食べることができますが、胃酸をたくさん出すことによって吸収率が高まるためクエン酸などと合わせるとより効果的だとされています。
また、亜鉛はビタミンCを一緒に摂取することで吸収率を高めることができ、より育毛効果を期待することができます。
頭皮環境を良くするビタミン類などの栄養素も同時に取ることのできるおつまみが理想的です。

育毛対策としてオススメのレシピ

髪の毛の主成分となるたんぱく質は様々なものから摂取できます。まずおつまみとしてオススメなのが、チーズとささみを梅干しで蒸したものになります。
鳥のささみを開いたら大葉を乗せて、その上にチーズと梅肉を乗せ、巻いてラップに包んだら蒸し器で15分程度蒸していきます。食べやすいように切ったら、醤油とレモン汁を混ぜたもの、または酢醤油で食べます。
牡蠣はそのまま生でレモンをかけても美味しいですが、キャベツやキノコ、ブロッコリー、レモンなどと一緒に、塩麹とあえて皿に乗せて蒸し器で10分程度蒸したものなどがオススメです。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る