薄毛対策のために宴会しよう!

薄毛治療には育毛剤などの医薬品を利用したり、薄毛治療を行っているクリニックを利用するなどの治療方法があります。しかし、薄毛治療は保険が適用されない自由診療のため、安価なジェネリック医薬品を使っても治療費が大きくなります。

そのため日本のものより効果があるといわれる輸入医薬品を利用する人も多いようですが、どちらにしても現在の医学では薄毛の悩みを完全に解消することは難しい状態です。そのため、早いうちから薄毛対策が大事といえます。

 

体を温めて血行促進

気温が低くなる冬場は、手足が冷えてしまうという冷え性の人には厳しい季節です。人間は体温を調整する機能が備わっていますが、体温は血液の流れによって維持されています。

しかし心臓から遠い位置にある手や足といった末端になると血液の流れが弱くなります。そのため手や足が冷えてしまうのです。冷え性というのは手足の血行不良によって起こるのです。

そんな冷え性対策には、ゆっくり湯船に浸かって体を温める方法もありますが、体を温める食材や料理を食べることが有効です。体を温める食材や料理は、体の中から体を温めてくれるため、血行促進がより期待できるのです。

血行促進は冷え性の解消というだけでなく、さらには薄毛対策にもなります。薄毛は頭皮の血行不良など頭皮環境悪化によっても起こります。体の中から体を温めて血行が促進されれば、それだけ頭皮への血液の巡りがよくなり、血液の巡りが良くなれば、それだけ髪の毛に栄養が運ばれてきて、髪の毛の成長を助けます。

 

定番食材の理由

寒いときには鍋といいますが、鍋に使われる食材は、発汗作用をもたらす、血液の流れを促進する食材が多く使われるため、言葉の通り体の中から温めてくれます。例えば白菜や長ネギは鍋には定番の食材ですが、白菜や長ネギにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCには血管を拡張する働きがあるため、血行促進を期待できます。さらに長ネギにはネギを食べると風邪しらずといわれるように、様々な効果があります。刺激があるため、生のままでは量を食べることが難しい長ネギも鍋にしてやわらかくすれば、量を食べることができます。

長ネギには、疲労回復に効果のあるビタミンB1を助ける働きがあるため、鍋に肉などビタミンB1を含んだ食材を入れれば、疲労回復にもなります。人間の体は疲労が強いときは疲労回復に栄養を多く使用するため、疲労がたまっているとその分髪の毛に栄養がいかなくなり薄毛の原因にもなります。その点でも鍋は薄毛対策になるといってもよいでしょう。

 

・キムチ鍋

鍋はいろいろな種類がありますが、キムチ鍋はより薄毛対策に効果的な食材を摂ることができます。キムチに含まれるカプサイシンは育毛効果を期待できる成分を増加させてくれますし、キムチ鍋に入れる豆腐は育毛効果を期待できる成分の増加をさらに促します。キムチ鍋に肉を入れれば、髪の毛の成長にも必要なたんぱく質も摂ることができます。

 

・トマト鍋

トマトの缶詰やトマトジュース、出汁を使ってスープを作るトマト鍋もトマトが持つ血行促進の効果が期待できることから薄毛対策におすすめの鍋です。

トマトには頭皮環境を整えてくれる効果が期待できるため、冬場だけでなく紫外線で頭皮がダメージを受けやすい夏場にもおすすめの鍋です。

 

・豆乳鍋

豆乳、白みそ、白だしなどでスープを作る豆乳鍋も薄毛対策におすすめの鍋です。豆乳は大豆を絞ったときにできる汁で、大豆イソフラボンが豊富に含まれており、血行促進を期待することができるほか、ホルモンバランスが乱れがちな人にも効果を期待できます。

大豆イソフラボンは体によい反面、摂りすぎると、逆に女性ホルモンのバランスを崩してしまう場合があるのですが、鍋で食べる場合、1日の摂取量の目安70~75mgを超えることなく豆乳を摂ることができます。うまく豆乳を摂る方法としても豆乳鍋はおすすめです。

 

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る