噛む薄毛対策。

薄毛対策には生活習慣の改善や育毛剤、治療薬など様々な方法が行われています。その中で噛む薄毛対策が注目を集めています。良く噛むことは栄養吸収効果や肥満防止効果がある他、頭皮マッサージ同様の血行促進効果があり、発毛促進に繋がります。

良く噛むことで栄養吸収効果が上がる

薄毛対策には髪の毛を育てるのに必要な栄養素を与えなくてはいけません。髪の毛の主な成分はタンパク質やミネラルですが、その他に、育毛には脂質やビタミンが必要です。これらを含んだ食品を食べても良く噛まずに飲み込むだけでは十分に消化吸収が出来ません。良く噛まない早食いを続けていると、内臓が疲弊し、腸内環境と腸内細菌の働きが悪化し、栄養素の吸収が出来ないことが慢性化していきます。髪の毛に必要な栄養を含む食品をしっかり噛んで、食品を細かくし唾液と絡めることで、腸内環境も良くなり栄養吸収効果が上がり薄毛対策に繋がります。
薄毛対策になる食品は、良質のたんぱく質を含む卵や魚、肉類です。また大豆はタンパク質と共に発毛に効果のあるイソフラボンを含むので薄毛対策には適しています。ミネラルを含む食品は乳製品や海藻、緑黄色野菜です。またレバーはタンパク質の他に、鉄分やビタミンも多く含むのでお勧めの食材です。

良く噛むことは血行促進作用があり発毛効果が上がる

発毛を促すためには、頭皮周辺の血行促進により新陳代謝を良くし、毛母細胞に必要な栄養素を運ぶ必要があります。良く噛むことは顎やこめかみを中心に頭部全体の血行を促すので、頭皮マッサージと同様の作用があり薄毛対策に繋がります。また食事の時だけでなく、ガムを噛む習慣をつけると血行促進作用が働く時間が多くなり発毛が促進されます。

良く噛むことは肥満防止効果がある

健康状態が悪いと、発毛も活発に行われません。肥満や糖尿病などの生活習慣病になっていると抜け毛が多くなり薄毛が促進されます。特に肥満は血管を圧迫し全身の血行を悪くし、頭皮への栄養を十分行き届かせることが出来ない原因になります。良く噛むことは、栄養吸収効果を良くする他に、腹八分で満足感を与え、食べ過ぎを防止する効果があります。肥満防止効果を上げる為に、食べ物を口にいれる毎に箸を置き、噛む回数を多くする方法も有効です。

唾液の中には発毛ホルモンが含まれている

良く噛むことのメリットは、耳下腺から唾液が多く分泌されることです。唾液には、デンプンを麦芽糖に分解するアミラーゼという酵素を含んでいる他に、パチロンという発毛を促進するホルモン物質が含まれています。パチロンは若返りホルモンと呼ばれており、新陳代謝を活発にし、髪の毛の発育を促したり、シミやしわを防止するなどのアンチエイジング効果があります。他にも胃腸の働きを良くしたり、骨や歯にカルシウムの沈着を良くして丈夫にする作用があります。これらは健康増進に繋がるので、薄毛対策になります。

医薬品による薄毛対策

薄毛の原因がAGAならば、医薬品による治療が効果的です。効果を上げる為には医薬品の投与を長期に渡って行う必要があり、高額な費用がかかります。ジェネリック医薬品を使用することで発毛効果は同じでも比較的費用を安く抑えることが出来ます。
ジェネリック医薬品は後発医薬品を意味し、特許期限を過ぎた薬と同様の成分構成で製造販売されたものです。薬の開発には膨大な時間と費用がかかるので医薬品の価格も高額になりますが、特許期間を過ぎれば短期間で安価な薬品を製造することが出来ます。AGA治療薬にもジェネリック医薬品が数種類製造販売されているのでそれを利用することが出来ます。
輸入医薬品には非常に安価なAGA治療薬がありますが、個人輸入をする場合はリスクが伴います。模造品などの偽物が混じっている場合があるので、日本が製造元になっている信頼できるジェネリック医薬品にする方が安全です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る