オシャレなだけじゃない。スーパーフード試してみませんか!?

スーパーフードとして知られるスピルリナ、チアシード、モリンガ、キヌア、マカは滋養強壮、美容などに効果がありますが、薄毛対策にも効果があります。ここではその理由と効能や、その他の育毛対策についても紹介します。

スピルリナの育毛効果と摂取するタイミング

・スピルリナの正体と効能
スピルリナは原始的な植物であるラン藻の一種で約30億年前から存在している最古の植物です。その粉末には50%~70%のタンパク質を含み、他はミネラル、ビタミン、食物繊維が占めています。50種の栄養素を含むスピルリナの効能は免疫力向上、肥満防止、便秘解消、抗酸化作用によるアンチエイジングがあり、その延長線上に生活習慣病の予防が挙げられます。健康は育毛の第1条件なので薄毛対策としても効果があります。
・スピルリナを摂取するタイミング
スピルリナを摂取は何時でも構いませんが、摂取後にアルコールやコーヒーを飲むとスピルリナの栄養成分の分解や消化吸収の阻害が起こるので、摂取後30分はアルコールやコーヒーは飲まないようにして下さい。

チアシードの育毛効果

チアシードは9種類の必須アミノ酸の内、8種を含む他、食物繊維、オメガ3脂肪酸、亜鉛やビタミンを豊富に含んでいます。食物繊維は腸内環境を良くして便秘を解消し、肥満などの生活習慣病を予防します。オメガ3脂肪酸は血管を柔軟に保ち、血液をサラサラにして血流を良くし育毛を促します。亜鉛は髪の毛の成分であるケラチンの形成を助けます。ビタミンAは細胞の衰えを緩やかにし髪や頭皮を健康に保ちます。ビタミンB群は代謝を促進し頭皮環境を正常に整えて育毛を促します。ビタミンCはコラーゲン繊維を形成する働きがあり発毛を助けます。

モリンガの育毛効果

モリンガはインド原産の植物で生命力が強く、その葉、枝、幹、根の全てが食用になり、現地の人々には「奇跡の木」と言われ大切にされてきました。90種以上の生命維持に必要な栄養素を含み、治療できる病気は100以上とも言われています。育毛の必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンを豊富に含む他、FGF7という繊維芽細胞増殖因子を増やし、毛乳頭細胞を活性化させ、発毛を促します。

キヌアの育毛効果

キヌアはアンデス地方原産の植物で5000年前のインカ帝国の時代から大切にされてきました。現在はペルーやボリビアの塩湖周辺で栽培されています。癖がなく茹でたり炒めたり他の食材に混ぜて調理したりして食べます。育毛に必要な栄養素を全て含む他、強い抗酸化作用を持つサポニンを含み、細胞の老化を防ぎ育毛に貢献します。また糖質が少ないので血糖値上昇を抑え、細胞が傷つくのを抑えます。

マカの育毛効果とその他の育毛対策

・マカの育毛効果
マカは精力剤として名前が知られています。ペルー原産の植物でインカ帝国の時代から滋養強壮剤として使われてきました。マカは9種の必須アミノ酸を含む18種のアミノ酸や、亜鉛、鉄、カルシウムなどのミネラル、ビタミンを豊富に含みます。その栄養効果によりホルモンバランスを整え新代謝を活発にし、生殖能力や育毛作用を正常化します。またアミノ酸の一種であるアルギニンも含み成長ホルモンの分泌を促し発毛を助けます。
・アサイーの育毛効果
アサイーはブラジル原産の果実でスーパーフードの1つです。ブルーベリーの約5倍のアントシアニンを含みます。その効能は強い抗酸化作用で細胞の老化を防ぐことと、眼精疲労を回復させることです。前頭部の生え際の脱毛は眼精疲労による血流悪化が原因の1つなので、前頭部の薄毛対策に繋がります。またビタミンCも豊富に含み育毛を助けます。ビタミンCは熱に弱いので生食が効果的な食べ方です。
#医薬品による薄毛対策
スーパーフードで健康な体を維持し発毛を促進する他に、さらに効果を上げたい場合は医薬品を使用する方法があります。頭皮に塗るものと飲むものがありますが、長期に渡って使用すると高額になるので、ジェネリック医薬品を使用すると費用を抑えることができます。ジェネリック育毛剤には輸入医薬品もありますが、購入には信用できる輸入代理業者通して行うのが安全です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る